JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】米・トルコ関係 米外交政策 「大統領強権化のトルコに「祝意」のトランプ米大統領」

2017-04-25 | 論考

【論考】米・トルコ関係 米外交政策 「大統領強権化のトルコに「祝意」のトランプ米大統領」



大統領強権化のトルコに「祝意」のトランプ米大統領
トルコで大統領強権化の改憲の是非を問う国民投票で賛成派が勝利、同国が改憲へ進む可能性が高まった。国民投票に欧州が懸念を示したが、トランプ米大統領は「祝意」を伝えた。トランプ氏には選挙公約の ISIS 掃討に向けエルドアン政権の協力を得る意図もあった模様だが、米国での批判は多い。もっとも、トルコは米国の中東での地政学上の重要国であり、エルドアン大統領の批判だけでは済まされない難しさがある。
 
今回は、トルコの国民投票の結果とそれを受けた米国とトルコの関係について、整理してみた。
 
(1) トルコは国民投票経て大統領強権化へ、欧州は批判
(2) トランプ大統領は「祝意」、国務省同調せず政権内部の対話不足が露呈
(3) トランプ氏は ISIS 掃討にトルコの協力が必要とみている模様
(4) エルドアン氏の独走でトランプ氏の思惑が通用しなくなる恐れも
 

詳細は:丸紅経済研究所
丸紅ワシントン報告(丸紅米国会社ワシントン事務所長今村 卓)
米・トルコ関係 米外交政策
「大統領強権化のトルコに「祝意」のトランプ米大統領」


 

ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】米国経済情報 2017年... | TOP | 【論考】マンション価格が下... »

Recent Entries | 論考