JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】アジア投資マインド回復

2017-05-17 | 論考

 

【論考】アジア投資マインド回復

「貿易取引(輸出)を行っている」との回答は高水準で横ばいである一方、「現地でビジネス拠点を設け
ている」との回答が3年ぶりに回復し、アジアへの新規投資マインドが回復の兆しを示している。
 
設置拠点の状況をみると、ASEAN拠点が順調に増加していることがアジアビジネスの拠点数回復の主因と考えられる。
 
今年のアンケート結果の特徴は、アジアの景気底打ちや企業業績回復をうけ、アジアへの投資マインドが回復したことだ。
 
ただし、米国トランプ政権の誕生を受け、アジア通貨の対ドル為替変動をはじめとしてアジアと米国の通商摩擦顕現化に懸念が示されている。
 
今回のもう一つの特徴は、中国拠点主導で、日本企業のアジア拠点の収益改善が見込まれている点である。
 
今後、自動車販売奨励策の終息や、不動産高騰に伴う金融引き締めのリスクは残存するものの、中国がけん引役となってアジア拠点全体の収益満足度の向上につながることが期待できそうだ。
 
 


 
ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】米FRB銀行上級貸出担... | TOP | 【論考】少子化対策に欠ける... »

Related Topics