JAPAN BRIEFING:エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

混戦模様のフランス大統領選挙~急伸するメランション氏、鍵を握る初回投票の行方~

2017-04-23 | 論考




混戦模様のフランス大統領選挙~急伸するメランション氏、鍵を握る初回投票の行方~

●4月23日に予定されているフランス大統領選挙の初回投票は、4候補が拮抗する混戦のまま、投票日を迎える。混戦となった背景には左翼党のメランション候補の支持率急上昇がある。
 
●共にEU離脱を掲げるルペン氏とメランション氏が決選投票に進む可能性は否定できない。その場合は初回投票の結果が判明する翌24日の東京市場でリスクオフが進む可能性がある。
 
●マクロン氏、ルペン氏、メランション氏の何れかが大統領となった場合、大統領の出身政党と議会の多数政党にねじれが生じる可能性が高い。6月の国民議会選挙の結果と併せた情勢判断が重要。
 


ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【論考】トランプ政権・米国... | TOP | 【週末政談】中国企業の海外... »

Related Topics