エグゼクティブのため情報検索サービス

エグゼクティブのために、政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交を中心に情報を提供、論点整理をお手伝いするブログです。

【論考】トランプ新政権 予算審議 政府一時閉鎖保護主義「迫る暫定予算の期限、政府閉鎖はかろうじて回避か」

2017年04月20日 | 政治・行政・経済・ビジネス・安全保障・外交・国際



トランプ新政権 予算審議 政府一時閉鎖保護主義「迫る暫定予算の期限、政府閉鎖はかろうじて回避か」
 
 
トランプ政権の外交政策への関心が高まっているが、内政における当面の注目点は今年度の予算審議である。暫定予算が 4 月 28 日に期限を迎えるため、それまでに新予算の成立に合意出来なければ政府閉鎖の可能性が浮上する。政権発足から躓きが目立つトランプ政権にとって、議会との協調と政策の実行力が試されることになる。
 
米国では 2017 年度の本予算は成立しておらず、2016 年 12 月に可決された継続予算決議によって前年度と同水準の政府支出が認められている状況にある。オバマ前大統領と共和党議会が新年度の始まる昨年 10 月までに予算案に合意できなかったことがこの問題の発端である。.........
 


ジャンル:
海外
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ大統領・分析【偽り... | TOP | 米国の覚悟【対北朝鮮戦略】 ... »

Related Topics