げなだべの続き

長崎から福島へそしてさいたまへ

「生きる」

2016-11-05 21:54:31 | 日記
小、中、高校と一緒だった同級生が、今、新聞記者をしていて、本を出版していることを知ったので、彼の世界観を覗きたくて、早速、本を購入しました

仕事を通して出会った人たちから考える「生きるとは、、、死ぬとは、、」

本のなかで谷川俊太郎の「生きる」が引用されていました

〜生きるということ

今生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ

あなたの手のぬくみ

命ということ〜

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あれだの、それだの | トップ | 富士山でーす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。