げなだべの続き

長崎から福島へそしてさいたまへ

気と骨

2017-06-30 19:31:09 | 日記
数日前のテレビのインタビューで日本最高齢のパイロットの方が出演されているのをちらっと見たんです

それからその方のことが気になって、、もうちょっとその方のお話を聞きたいなと思い調べたら、シリーズ「気と骨」というものに行きつきました



私は小学生の頃から伝記が大好きで、今でもノンフィクションものを好んで読んでいます

人が一秒一秒時を重ね経験してきたなかで、その人でしか発することのできない言葉の重みを感じるのが好きなんです

それは有名だから無名だからには関係なく、むしろ普通に暮らしている、例えば私のばあちゃんとかから発せられた言葉に「なるほどぉ」と感じたものです

姿形は見えないばあちゃんだけど、ばあちゃんの教えが生きている、、と

話を現役パイロットの方に戻すと、、

〜運がよかった、なんてありえません。

最善を尽くすから運がついてくる。

何もしないで運だけを待っていても来る訳はないんです〜

戦争中、海軍のパイロットとして敵機を攻撃、また攻撃され、、

ご本人は自然に話をされているであろう言葉に、、歴史と、、経験の、、重み、深さを感じました

明日から今年も後半になりますね

一日一日を大切に積み重ねていきたいと思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宣言‼︎ | トップ | 7月です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事