源ザの独り言日記

日々あったこと、感じたことを気軽に書き込みます。

室内楽演奏会に感動、夕食は半額弁当/ノーベル文学賞のディラン氏光栄連絡

2016-10-29 20:23:55 | Weblog
曇天の午後、きらりホールでの初めて室内楽演奏会に出掛けた。ババが中学同期会出席の1日留守にするた朝、何気なく「きらりホール」催し物一覧で千葉交響楽団協会主催で鎌ヶ谷、習志野、市川の各アマチュア管弦楽団が演奏会を開催することを知った。余り期待しなかったが、午後の暇つぶしに丁度よいと気軽に予定したもの。だが各市のフアン詰め掛けることを思い、開演30分前の13時半に会場入りしたが意外にも空席が目立った。開演10分前でも入りは7割くらいで落胆した。演奏が始まるとアマチュア管弦楽団とは思えないほどの演奏で満足した。最後の飾ったゲストのプロ演奏家、藤田めぐみ・ほのか女史のピアノ&チェロの演奏ににはさすがプロと感動した。特にピアノ演奏には感激。当初、中座を考えていたのだが2時間はア~という間に過ぎてしまった。同ホールでの演奏は3回目だそうだが初めて知ったことに恥じ入った。初めてといえば管弦楽団の演奏を聴くのは確か初めての体験のように思う。それに無料なのだ。今後ホールの催し物に注意しよう。終了後、図書館で過ごしながら夕食を何処で取ろうと考えたが結論が出来ず、真っ暗になった外に出ると雨。おっくうなので、ヨーカ堂に行き弁当陳列やレストランを覗いたが今一食が進まず、北京楼を覗くとチンジャロース弁当が美味しそうなので買込んで帰宅したらババがすでに帰宅していてビックリ。インスタントスープを作ってもらい、お弁当を開くと半値の270円のレシートが出てきて半額になっていることを知った。18時に買ったので売れ残り処分だったようだ。
<ノーベル文学賞のディラン氏光栄連絡>
今年のノーベル文学賞の受賞者に決まった米国の歌手ボブ・ディラン氏と中々連絡が付かなかったが最近、選考主体のスウエーデン・アカデミーに対し「とても光栄に思う」などと賞を受ける意向を連絡してきたと発表した。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10P付加に魅入られ衝動買い/... | トップ | 菜園分譲地組合設立総会/日ハ... »

Weblog」カテゴリの最新記事