源ザの独り言日記

日々あったこと、感じたことを気軽に書き込みます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

35年ぶりの友の声/豊洲市場の盛土問題は石原元知事の発案

2016-09-15 20:28:39 | Weblog
中学校の同期会通知が8月末に幹事さんから郵送され、F組の取り纏めを依頼された関係でF組卒業生でその後も長く付き合った友から35年ぶりに電話を貰い懐かしく話した。実は郵送されたF組名簿に彼の名がなかったので私が電話したのがきっかけ。彼は老人体操会に出掛けていていたので同期会案内書を送付しておいたもの。彼は数回電話してくれたそうだが、ババが腰痛、私が腱鞘炎通院と留守がちだったため今日となってしまった。今日もイオンでの買い物から帰宅した直後でウォーキング出かける直前のわずかな時間に狙いすましたようなグットタイミングだった。聞くと一番健康だった元ボクサーが60代で亡くなったとのこと。70歳を過ぎると誰かがいなくなるのは仕方がない。
<豊洲市場の盛土問題は石原元知事の発案>
東京・築地市場の移転先となる豊洲市場の建物下に盛土がなく、現在水が溜まっている問題で元知事の石原新太郎氏が在任中の08年5月、土壌対策費を抑えるため建物の下にコンクリートの箱埋め込む方法を提案していたことが本人の記者会見で分かった。07年5月に設置された専門家会議は石原氏の提案の2か月後、建物の下も含め豊洲市場全体を4.5mの盛土を行うよう都に提案していた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ババ楽器練習参加/高齢化で医... | トップ | 管理組合設立総会通知書原案... »

あわせて読む