月刊パントマイムファン編集部電子支局

パントマイムのファンのためのメルマガ「月刊パントマイムファン」編集部の電子支局です。メルマガと連動した記事を掲載します。

アーティストリレー日記(69)さとうゆみさん

2016-10-16 06:52:22 | アーティストリレー日記
今回は、以前パントマイムウィークやさくっとパントマイムなどにもご出演したことがあり、現在異国で活躍中のさとうゆみさんの日記をお届けします。

ポーランド南西部、ヨーロッパ屈指の演劇都市ヴロツワフより、こんにちわ。
国立人形劇団や州立マイム劇団などを有する街に拠点を移し、2年が経ちます。
今日は最低気温3℃。先月には白鳥が飛来しました。

先月、新作の動画をアップしました、1分間の予告編です。ご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=-p98zZXQjJQピアフの曲「ソフィ」の歌詞に着想を得た作品、私はユニークな死神役を。
恋人と喧嘩する女の子の部屋に迷い込んだ無垢な死神が、女の子から感情というものを学び、彼女に死を教える…
というお話。(ラスト、ポーランド語で子守唄を歌ってます。あ、内緒かも。)

演じるキャラクターによって細かく身体スタイルを使い分ける、言わば定形黙劇を習得中です。
例えばマイムウォークの場合、軽く5種類以上を使い分けます。
どんな心情、状況に置かれてるか、現実的なシーンか、幻想・再現シーンか、男性か女性か、速度。
歩き方1つで役柄、状況を伝えるため、身体バリエーションを明確に創り出します。

衣装も徹底するので、役柄によっては10cmヒールでマイムウォークなども。
「身体で物語るお芝居」の必須アイテム習得中ってとこでしょうか。
それらが振り付けにならないよう、エネルギー(晒す覚悟かな)を込めて動きますから、身体で伝えるってハードな作業…。

現在は、さくパン出演時(2009年)に発表した戦争悲話を演出家とリメーク中です。
かつての稚拙な作品が、知識、経験豊富な師の手腕により芸術に生まれ変わりつつあります。
来春、ヴロツワフ市内で共同発表、ずっと憧れてきた方との共演です!!
紆余曲折を経て、やっとここまで辿り着きました。やっと、夢のど真ん中に着手です。
夢の先に何が待つのか、未だ見えませんけどね…

おっと忘れてました、まもなく一時帰国です、告知をさせてください。


☆☆☆さとうゆみ、凱旋ワークショップ開催のご案内☆☆☆
10月20日~11月20日まで一時帰国します。各地ワークショップや個人指導を予定。
告知ご協力いただけると大変助かります。どうぞよろしくお願いします。
☆11月19日 静岡市
☆11月20日 浜松市
詳細・お問い合わせ https://www.facebook.com/events/937670669671974/ (BPファクトリー望月)

☆11月9~10日 仙台市
詳細・お問い合わせ http://www.mymime.sakura.ne.jp/(さとうゆみHP)

さとうゆみ





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーティストリレー日記(68)... | トップ | アーティストリレー日記(70)O... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。