月刊パントマイムファン編集部電子支局

パントマイムのファンのためのメルマガ「月刊パントマイムファン」編集部の電子支局です。メルマガと連動した記事を掲載します。

アーティストリレー日記(74)リオさん

2017-03-13 06:09:58 | アーティストリレー日記
今月は、大道芸フェスや小学校、舞台などで活動するリオさんの日記をお届けします。リレー日記2回目のご登場です。大道芸でおなじみのスタチューのお話しです。

こんにちわ、リオ(クラウン・リオ)です。
私は日ごろ、道化師として様々なイベントでパフォーマンスショーを行うことを中心に活動していますが、
その中の一つにスタチュー(彫像芸)があります。
今回はパントマイムとも関係するこの不思議なパフォーマンスについてお話させて頂きます。

【スタチューとは?】
Living statues(生きた彫像)と海外では呼ばれる、像や人形を模して街や世界に溶け込むパフォーマンスですが
「街中で立っていて、人が来たらビックリさせる」といったら皆さんも想像できるのではないでしょうか?
必ずしもこうでないといけない、といった定義がないため、世界中で様々なスタチューが誕生しております。

日本でもパントマイムから派生するパフォーマンスの一種として活動されてきましたが、この数年ほどで
愛好家が一気に増えてきたと実感しています。いくつかある理由の一つとして、私が所属するNPO法人浅草パフォーマンスプレイスと
いう団体の開催する「スタチュー製作ワークショップ」というイベントをご紹介します。

「六区ブロードウェイ通り」と呼ばれる地域の方々と協力して”大道芸”を通じて、街を盛り上げる活動をしてきましたが
全国のイベントとの差異を産み出すため日本ではまだ少ないスタチューを多く誕生させ、育てる作戦を実施しました。
私自身も講師として話をしつつ、スタチューとしての技術を磨き、日本全国の数多くの大道芸フェスティバルや商業施設に
お招きいただけるまでに成長することが出来ました。

また、浅草から誕生した多くのスタチューパフォーマー達もそれぞれが独自の進化を遂げ、今では大道芸界隈では
スタチューが居るのが珍しくないほど、『文化への影響』があったのではないか?と自負しています。


ただ不思議なことに、像としてのクオリティを求める方が増える一方、パントマイムの素地がある方の参加はまだまだ少なく
技術面ではより一層の発展が期待できるパフォーマンスと言えます。
そこで本メルマガを機に、パントマイムを愛する皆様にスタチューについて少しでも知っていただき、あわよくば是非、
この不思議で面白いスタチューに挑戦してくださる方を集めたいと考えております!

本年のワークショップ開講が4月からと迫っております。
全くの一般の方もたくさん参加されるこのワークショップ、ぜひ「大道芸なんてやったことない」など言わず
新たな楽しみとしてご参加頂ければ幸いです。
0からスタートし、デビューイベントまでをパッケージした日本国内では他にはない!?ワークショップです。
是非ふるってご参加ください!


【第4期 浅草スタチュー作製ワークショップ(仮)】
URL:http://ameblo.jp/asakusapp3/

例年、スタチュー経験のないパフォーマーさんや、そもそもパフォーマンス経験の無い一般の方も交えて
楽しく盛り上がるスタチューワークショップ。中には3回目、4回目!(予定)の参加なんて方もおられます。
そしてここで製作したスタチューは6/3・4に開催予定の「六区ストリート彫像祭」でデビューを目指します!

【日時】 
第1回:4月17日(月)
第2回:4月24日(月)
第3回:5月8日(月)
第4回:5月29日(月)
すべて19:00~21:00頃予定
【場所】
浅草近辺を予定(受講者に別途連絡します)
【参加費】
6,000円(初回に徴収します)
【主催】
NPO法人浅草パフォーマンスプレイス(http://www.asakusapp.com
【詳細】
URL:http://ameblo.jp/asakusapp3/
【お問合せ】
d.asakusa2@gmail.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーティストリレー日記(73)... | トップ | アーティストリレー日記(75)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。