日刊イオ

月刊イオがおくる日刊編集後記

文科省前で座るひと

2013-03-06 09:00:00 | (K)のブログ

 すでにご存知の方も多いと思いますが、ひとりの在日朝鮮人が東京・虎ノ門の文部科学省前で座り込みを行っています。目的は、高校無償化からの朝鮮学校排除に反対の意思を表明することです。現在「文科省前で座るひと(座るひと)」として知られており、ブログ(下記参照)やツイッター(@Kr4bAa5G)で情報を発信しています。
 3月2日の土曜日に直接話を聞くことができました。

  1919年に日本による植民地統治に反対し朝鮮の人々が起ち上がった3.1人民蜂起の記念日である3月1日、午後4時半から座り込みを始めたそうです。何の組織とも関係なく、まったくの個人として思いつき行動を起こしたと淡々と話していました。様々な意思表示の方法がある中で選んだのが「黙って座ること」だったということだそうです。

 座るひとのブログに、座り込みを始めた動機や思いが綴られています。1ヵ所だけ引用し紹介したいと思います。

  「意味を問われますと説明しにくいのですが「いる」ことを訴えたいです。日本政府、日本社会が3年間放置し続けた挙句排除した朝鮮学校への適用を求めるひとが目の前にいますよ、という訴えです。文科省の方がどう思われるのかはわかりませんが、少なくとも目の前に適用を求めるひとがいるんだ、ということを文科省や行政、政府の目に見える形にしたかった、というのが座っている動機になると思います。」
 (ブログ・題名未設定 http://suwaruhito.tumblr.com/

 座り込みを始める前に文科省へ要請も行いました。
 座るひとが文科省に申し込んだ内容が次の写真。


・朝鮮学校を高校無償化制度等の対象から除外しないで下さい。
・朝鮮学校への上制度適用を一刻も早く実現して下さい。
・上制度の差別なき運用をお願いします。

  昨日の5日、仕事で外に出たついでに文科省前に行ってみると、座るひとに合流し5人の青年たちが座っていました。最大瞬間で6人。複数いるとトイレや食事に行くにも便利だし、何よりも安全で心強い。人が多ければ多いほど、より大きな形として見えることでしょう。

 日本政府にとって一番いなくなってほしいのが、座るひとのような存在なのでしょう。日本が敗戦後も一貫して在日朝鮮人の民族教育を弾圧し抹殺しようとしてきたのは、朝鮮学校をなくしさえすれば、在日朝鮮人社会がなくなることをよく知っているからです。過去の国家犯罪(植民地支配)の結果として生まれた在日朝鮮人の存在が目障りなのであり、一刻も早くいなくなってほしいというのが本音です。だから「いる」ことを訴えるという座るひとの行動は、非常に有効なものだと思います。
 そして、座るひとが言っていたのが、「日本人に訴えたい」ということ。今の状況において、朝鮮学校を守ることは日本人自身の課題(やるべきこと)です。在日朝鮮人も日本人も、座るひとを孤立させることなく、様々な立場で様々な「座ること」を考えて実際の行動に移していかなければならないのではないでしょうか。

  座るひとは、できるだけ長く座っていたいと語っていました。(k)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「コッソンイ」のポスターが... | トップ | 補助金カットの動きを見ながら… »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (金東石)
2013-03-06 10:50:39
心打たれます!頑張って下さい!
応援してます (とりろあん)
2013-03-09 07:22:40
東京からは遠く離れた某片田舎から応援させて頂きます!

朝鮮学校の無償化に反対しているのは日本国内のレイシスト達だけです。世界の世論はあなた方の味方です!
頑張って! (きききのき)
2013-03-09 14:20:28
日本が憲法より差別を優先するようなめちゃくちゃな国であってはいけません
僕は、その場に行くことはなかなか出来ませんが、影ながら応援致します!
心はひとつ (Pomi)
2013-03-10 06:36:14
ありがとうございます。私も胸が熱くなりました。でも、ご無理はなさらないで下さい。私も今私にできることを精一杯やろうと思いました。
色々と (Unknown)
2013-03-11 22:23:59
座る人には感銘を受けます。
また、朝鮮学校であろうと適応外にする
べきではないと私は思います。
納税者であることからも日本国民と同等の
庇護をうけられるべきと考えます。
が、植民地化とは別個に考えるべきと思います。敗戦国の日本だから言われている犯罪です。
先進国はそれぞれ植民地化をしていましたし。。
それらを全て同じ土俵にあげて議論すると結果、双方ともによい答えに辿りつけないと思います。
私は単純に朝鮮学校の差別に反対な日本人です。
思いが届く事を祈ります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。