ネタは降る星の如く

とりとめもなく、日々の出来事や思ったこと・感じたことを綴るブログ

NOVAさらに続報

2007-10-15 21:11:15 | 時事
NOVAと社長の立件要請へ
 英会話学校最大手NOVA(統括本部・大阪市)の外国人講師らが加入する労働組合「ゼネラルユニオン」(大阪市、山原克二委員長)は15日、講師らへの給与遅配の責任を問い、NOVAと同社の猿橋望社長を労働基準法違反で立件するよう大阪中央労働基準監督署に要請すると発表した。ゼネラルユニオン役員や外国人講師、日本人社員が16日に大阪中央労基署を訪れ、文書を手渡す。

 同労組は当初、16日に告発などの法的手続きを取る予定だった。山原委員長は「今後、告発する方針自体は変わらないが、それよりまず労基署が自ら立件するのが当然と考えたため」と説明している。

 またゼネラルユニオンは、NOVAの講師や社員、受講生らを対象にした雇用問題などに関する説明会を大阪市内で22日に実施する、と発表した。


 労基署は逮捕できますから、立件→社長逮捕、ということになるのでは。

NOVA告発決める──外国人講師らの労組、労基法違反容疑
 英会話教室最大手のNOVAの賃金遅配問題で、同社の外国人講師らが加盟する労働組合「ゼネラルユニオン」は15日、同社を労働基準法違反容疑で大阪中央労働基準監督署に刑事告発することを決めた。16日にも告発状を同労基署に提出する。

 ユニオンによると、同社では7月から給料の遅配が発生。日本人従業員に先月27日に支払われるはずの給料も、15日正午の段階で未払いとなっているという。

 ユニオンの山原克二委員長は「労基署の再三の勧告にもかかわらず改善されないため、刑事手続きに踏み切る」と話している。


 お尻に火が点き始めたかな。

☆★☆★

 追記。またやっちゃったようだ。

NOVA、外国人講師への給与支払いを延期
 英会話学校最大手のNOVA(大阪市)が、15日に支払う予定だった外国人講師への給与の支払いを延期していたことが分かった。

 猿橋(さはし)望社長が12日付で、日本人社員の9月給与とともに、19日に支払うとファクスで通知したという。

 関係者によると、外国人講師への給与の支払いは、9月も予定より最大で2週間遅かった。日本人社員は7月から毎月支払いが遅れており、9月分はまだ支給されていないという。

 こうした状況に講師らの反発は強まっており、外国人講師らが加入する労働組合「ゼネラルユニオン」(大阪市)と「全国一般労組東京南部」(東京都港区)は16日午前、大阪中央、新宿の両労働基準監督署に対し、同社と猿橋社長を労働基準法違反容疑で立件するよう求める文書を提出する。


 度重なる意図的な給与支払い遅延なので、立件しそうな気がする。


ジャンル:
各業界情報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豚バラ肉のポトフ | トップ | 上司の暴言に因果関係認め、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む