あぁ、生きた証

日記、献血放浪記、気がついたり考えたりしたこと、地元清水エスパルスについて書いてます。

大津の1点を守りきり、スペインから大金星=サッカーU-23日本代表

2012-07-27 | サッカー日本代表
「 U-23日本代表は26日、英国のグラスゴーでロンドン五輪1次リーグの第1戦となる
U-23スペイン代表戦に臨み、前半34分の大津祐樹のゴールを最後まで守りきり1-0と勝利した。

 試合に先立ってスターティングメンバーが発表され、清武弘嗣、大津祐樹らが名を連ねた。
オーバーエイジ(OA)の吉田麻也、徳永悠平もスタメン。宇佐美貴史はベンチからのスタートとなった。

 試合は立ち上がりからスペインがボールを支配する展開が続く。
しかし、日本も組織的な守備からのカウンターで相手ゴールに迫る。

初戦ということもあり、両チームともに無理をしない戦いぶりを見せるが、日本がセットプレーから均衡を破る。
34分、右CKに大津が右足で合わせて先制。
思わぬ失点に慌てたスペインはここからミスを連発し、41分には永井謙佑の突破を止めた
イニゴ・マルティネスが退場処分を受ける。
日本は1点を先制したうえ、数的優位というアドバンテージを得て、試合を折り返した。

 後半に入ると1人多い日本が主導権を握る。
1点を追いかけるスペインが人数をかけて攻撃に出ると、それをあざ笑うかのようにカウンターから永井、清武らが決定機を迎える。
しかし、フィニッシュの精度を欠き、追加点を奪えない。
すると選手交代で息を吹き返したスペインの攻撃を受けてしまう。
それでも吉田や徳永を中心とした守備陣が体を張った守りで、得点を許さず。
結局、大津の1点を守りきった日本が、優勝候補スペインから大金星を奪った。」
                           (「スポーツナビ」より引用)








勝ったぁーーーーーーーー!!!!




下馬評では、圧倒的にA代表が世界王者のスペインだった。
日本に勝つ可能性があるのかと聞かれれば、確かに難しいが、ポイントは初戦であること。

過去、様々な大会で初戦に大番狂わせが起こっている。
強豪国は、試合を重ねる中で徐々に自分たちの調子を上げていく傾向にもあり、
僅かに付け入る隙があるならば、それは初戦!

実はオリンピックの対戦が決まった時のブログでもこのことに触れていたりする。


さて試合を振り返ってみると・・・
実は、見始めたのがハーフタイムから。

てっきりスコアレスドローか1点リードされて折り返しているのかと思い気や日本が1点リード。
しかもスペインに退場者が出ている状態。



スペイン相手に11対10くらいで丁度互角になるのでは?という印象。


日本が1点リードで1人多い状態。
少し嫌な感じがする。というのは、よく審判が最後に辻褄合わせ的なジャッジをし、何かよく分からず退場者を出し
お互い10対10にしてしまうケース。

後半一番厳しい時間帯に10対10にされたら間違いなく日本は負ける。
その前に1点獲るか、何とか時間を上手く使って早く終わらせる必要がある。


ボールの支配率は圧倒的に流石スペイン。
下のカテゴリーの代表でもこのボールさばきは素晴らしい。

ボールを回すスペインに対し、完全に走らされている日本。
いくら人数が多いとはいえ、後半の後半、かなりキツくなる事が予想される。
ベンチワークも重要だ。

しかし、日本はボールを奪うと速攻でとにかく走り回るサッカーをする。
じっくり時間をかけてボールを回せばいいのに、バカの一つ覚えの様に前線のスペースにボールを出し
追いかけまくる。観ていて、まだまだ青いって感じがする。

それでもそこから何度か決定的なチャンスを作り出すも、明らかに走り過ぎで下半身に
踏ん張りが利かない状態でのシュートは枠の外・・・



(永井はホントによく走った。お疲れ!)



ゴールが遠い・・・






そこで気がついた。



このチームはこういうサッカーをするんだと。
勝つ為には、このスタイルのサッカーを我慢強く貫き通すしかないと!

一人少ないスペインだが、全然そんなことを感じさせず、ボールの持てる選手が多いせいか
常に人数をかけてボールを取りにいかなくてはならず、しかもそこから散らされ、ゴール前では
日本は何とかしのいでいる場面もあった。


それにしてもスペインは、シュートを打たない。
(怖さが無い。)


そのせいかあまりピンチらしいピンチという印象も無く、結果、ボールこそ持たれたが、
必ずしもやられていたという訳ではなかった。


何とかジャイアントキリングを成し得た。
しかし、まだ1勝しただけで、決勝トーナメントへ進出出来る訳でもなく、浮かれる要素は無い。
(メダルうんぬん言っているようだが、まだまだ先の話。)


1戦目を勝っても負けても大事なのは2戦目。
次の試合に勝って初めてあれこれ薄ら見え始めてくる。

とにかく中2日のタイトな日程だけに、選手は体を休め次の試合に臨んで欲しい。
とりあえずお疲れさま。
ジャンル:
オリンピック
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松井、レイズ戦力外に=打撃... | トップ | ぶらり献血の旅 献血ルーム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。