あぁ、生きた証

日記、献血放浪記、気がついたり考えたりしたこと、地元清水エスパルスについて書いてます。

備忘録的に

2017-03-06 | 雑記・日記
さて、青春18きっぷを使って「乗り鉄」をしようと考えた時、
西に行く場合、やはり折角なので「ぶらり献血の旅」を織り交ぜたい。
(流石に1日中、電車に乗りっぱなしというのも体が痛くなりそうだし、電車だけなのも味気ないし)


愛知県内の献血ルームでJRの駅そば(がいいなぁ)となると「献血ルーム タワーズ20」が
総合的に鑑みて一番宜しいのかなと思う。

開所は10時。

そこに間に合うように家を出るとなると、
草薙駅を6:25発(名古屋9:30着)が一番早い。

駅ビル内にルームがあるので、迷うことはあまりないのかと思うが、
順調にいっても、過去のいろんな献血ルームを回っての勘でおそらく終わるのは
12時半過ぎくらいになることだろう。
(土曜日だと予約を入れているドナーの方も沢山いるかと思うので、なかなか時間は予測しにくいけど)



そこからどうするか...


個人的に前々から実はものすごく気になっているものがあって、
それは滋賀の道の駅にある「あぢかもくん」というゆるキャラ。




(あぢかもくん)


このグッズを購入できたらなぁと思っている。
(色々ググっても「あぢかもくん」情報は乏しく、またグッズは現地に赴かないと購入出来なさそう)


試しにここに行くとなると
名古屋駅を13:30発(近江塩津15:34着)

近江塩津駅からレンタサイクルがあるようなので(500円)、道の駅あぢかまの里まで
おそらく10分程度で行けるかと思う。
(まぁ、16時前までには到着するだろう。)

レンタサイクルが16時半までなので、それに間に合うように帰って、
近江塩津駅を16:29発

ここで行きに乗った路線と帰りが同じなのもつまらないので、
草津駅まで行き、そこから草津線〜関西本線に乗り換え名古屋まで行き、
東海道線に乗り換えて草薙駅へと思ったが、なんとこのルートではその日に着かないことが判明。

終電に間に合うようにするには、遅くとも近江塩津駅を16:05に出発しないとならないらしい。
(23:50草薙駅着)


(往路:黄、復路:赤)



行きと帰り同じルートでなんとか草薙に22:02に到着。


うむぅ〜行きに名古屋駅を12:30までに出発出来れば、ワンチャンあるかなって感じ。

何れにしても途中で迷っている暇はない、間違えたらその日のうちに帰ってこられないのは確定。
まぁ途中乗り換えが多く、そこでの待ち時間がちょいちょいある関係で、積もりに積もれば
結構そこでのロスする時間がかかるという感じ。


もしくは、思い切って献血はなしで、いきなりあぢかもの里を目指すと
草薙駅6:25発(近江塩津駅11:34着)

ちょっと滞在時間を延ばして、13時過ぎに出発して関西本線を乗るルートで帰ると
近江塩津駅13:05発(草薙駅21:06着)となるが、
8時間も電車に乗り続けることになる。(途中乗り換えでの待ち時間も結構あるけど)


これは本当に1日中電車にひたすら乗りっ放しになるのだが、かなり厳しいかな。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 既に始まっていたか...  | トップ | 意識しようっと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記・日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。