芸北日記

芸北オークガーデンや近隣の情報・出来事を紹介しています。

今年の『クリスマス』は・・・

2011年11月30日 | 芸北日記
・・・小匙少々の雨

今日は朝から曇りマークな芸北です。
この調子で行くと、予報どおり夜には雨が降りそうです。

やはり・・・10年ものって所がアウトだったのでしょうか。
お酒で10年物というと・・いい味が出ている筈なのですが、酒じゃない時点でアウトだったのですね。
アンティーク家具では10年はひよっこも同然?な筈なのですが、アンティークにも成り得ない物には世知辛い世の中になってしまいました。
何が言いたかったかと申しますと、今年のホールに飾るツリーは見送りという事です。
ツリーが有ってこそのクリスマスですのに、鴨南蛮に鴨が入っていないのと一緒で、余りに無体な仕打ちに一気にテンション駄々下がりしてしまいました。
でも小さなツリーがありますので、今年はミニ鴨南蛮で我慢したいと思います。

・・・・そんな12月を迎えるオークでございますが、今年の残る一月もお付き合い下さいませ。

この記事をはてなブックマークに追加

癒し?アイドル?何処行った・・な『マリモ』です

2011年11月29日 | 芸北日記
・・・待ってました

今日は思わず気分も上昇してしまうくらい、良く晴れている芸北です。
気温も昨日までとは打って変わっての暖かさなので、反対に体調を崩してしまわないか心配です。

「グッピー」と「コリドラス」に続く第3の影のアイドルが、文字通り影ながらにオークには存在します。
フロントの片隅に存在するソレは、持ち主の私でさえも普段8対2の割合位で意識外だったりしてしまう、本当にアイドルなのかさえも怪しい存在、『マリモ』。
基は癒しの為にと置いては見たものの・・・・当たり前の事なのですが、ただ底に沈んでいるだけ・・と変化が無さ過ぎて、絶賛放置中という哀れな存在でございます。
その存在はただの藻の塊なのか、それとも生きているのか、疑問はつきませんがウィキ先生のマリモ紹介ページによると“生態”との項目がありましたので生きている・・・ので正しいのでしょうか?
(ウィキ先生を全て読めば分かるのでしょうが、難しい文は苦手です)
いっその事グッピー達の水槽内へ放とうとも考えたのですが・・・・・グッピーに盛大に突かれた挙句、コリドラスに無造作に食べられてしまいそうで踏ん切りがつきません。
私としては夢はでっかく、(半ば放置中なのは置いておいて)阿寒湖のマリモの様にビッグなドデカサイズに成長して欲しいのですが、マリモ本来の成長速度が全くもって予想付かない上に、目に見えて成長が分かるものでもないので、本当に成長しているのかを確認する統べが無いのが悩みどころ。
成長するにしても、非常に気が遠~くなりそうな気配がプンプン漂っております。
でもいつかは水槽を一つ丸まる独占できるくらいに大きくなれば・・・・いいなぁ。

・・・近日中にグッピーの住処に藻の塊が増えているかも知れません。

この記事をはてなブックマークに追加

冬目前!!『雪囲い』しました

2011年11月28日 | 芸北日記
・・・もうお腹いっぱいです

日の照る時間が短いのは季節がら仕方がありませんが、連日の曇り空のせいで館内が日中でも薄暗くなるのには、どうにかならないものかと・・・。
この場合も、お天道様相手なので仕方が無いのでしょうけれども。

11月も残す所本日を入れて・・・後3日となりました。
初雪も、初積りも終えてしまった芸北(の一部)にとって、本格的な冬の到来のカウントダウンの声が、大きく聞こえてくるようです。
オークでも雪が降る前にと、『雪囲い』の準備が始まりました。
オークの構造上、屋根の軒下部分から地下へと続く部分までが吹き抜けとなっており、オマケに地下の外に面した部分がガラス張りとなっているので、大雪だった場合重みでガラス破壊・・・・なんて事にならないとは言い切れません。
なので雪囲いとして地下部分との境にをするのです。
それによって外からの光を通さなくなってしまい、少々薄暗くなってしまいますが、大惨事の前の小事という事で、ご了承をばお願い致します。
これが撤去されるのは、春が来て・・・暫らく経った頃の事で、場合によっては5月過ぎになるかも知れません。
軒下の雪は結構頑固に残ってしまうので
その日を楽しみに、オークはこれから少しの間、雪の世界に佇む時を迎えます。

この記事をはてなブックマークに追加

また『来春』逢いましょう

2011年11月27日 | 芸北日記
・・・昨日が恋しい

昨日はお日様の日差し分暖かかったのですが、今日は生憎の曇り。
夏などの暑い時ならまだしも、今の時期の晴れと曇りの差は厳しすぎます。

11月の最後の日曜日がとうとう来てしまいました。
よって、5月から7ヶ月近く開かれていた朝市は本日最終日を迎える事にあいなりました。
最終日の今日も沢山のお客様にお越し頂き、フロントにはこれまた沢山の見慣れた光景である発泡スチロールが並びました。
しかし・・・それも本日でおしまい
発泡スチロールからほのかに香る、お魚さん達の臭いとも暫しのお別れです。
一冬~春の初頭にかけての間お休み期間となり、次回の店開きは来年の5月、おそらくゴールデンウィーク明けの日曜日位からになると思われます。
それまで5ヶ月近くと長いですが、また美味しいお野菜等に出会える為の下準備期間として、気を長~くしてお待ち下さいませ。

今年の朝市のご利用、本当にありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

『チャリティー神楽大会』開催間近!!

2011年11月25日 | 芸北日記
・・・寒いしかありません

昨日積った雪が、軒下に未だ残っている芸北です。
例え場所が影なのだとしても、少量の雪さえ溶けない寒さって・・・・。

昨日よりも今日、今日よりも明日・・・という様に、日に日に寒さが厳しくなっています。
日中でも10℃以下の寒さをキープ中でございまして、時には3℃などの四捨五入すると0℃になってしまうような温度も叩き出されているのです。
そんなこんなで寒い日が続く芸北なので、私としてはここは熱気に包まれたいと思う訳でございます。
そこで打って付けのイベントがコレ、今度の27日に開催される『チャリティー神楽大会』です。
芸北の8つの神楽団と芸分の神楽部が競演する贅沢な神楽大会となっており、名前の通りこの大会の収益金は、東日本大震災の復興支援に当てられます
興奮と熱気に包まれるイベントで、寒さなんて吹き飛ばしてしまいましょう!!


チャリティー神楽大会
【日時】:11月27日(日)(開場10:00 開演10:30)
【場 所】:芸北文化ホール(北広島町川小田)tel0826-35-0070
【入場料】:1000円(高校生以下 無料) 当日券のみ
【主 催】:チャリティ神楽大会実行委員会
【問い合わせ先】:チャリティ神楽大会実行委員会 電話 0826-35-1045

主演神楽団
   神  事
   八 つ 花 田尾組神楽団
   天  神 川小田神楽団
   葛 城 山 高野神楽団
   天の岩戸 雄鹿原上組神楽団
   八  幡 才乙旭神楽団
   頼  政 雄鹿原下組神楽団
   神  武 加計高校芸北分校神楽部
   風  宮 移原神楽団
   塵  倫 苅屋形神楽団

この記事をはてなブックマークに追加

昨日の今日で『初積り』です

2011年11月24日 | 芸北日記
・・・ありえない寒さです

風がビュービュー鳴っています。
叩き付けるように吹いてくる風は、容赦なく髪を鳥の巣に変え、体温を奪っていきます。
何が言いたいかと申しますと、とてつもなく寒いという事です。

雨の音に紛れてパラパラと、何やら硬い物が窓に吹きつける音が聞こえてきました。
まさか!!・・いやいや、予報では曇りと雨だったからそれを信じたい・・・と頑なに気付かないふりをしていたのが昨晩の事。
一夜明けた今朝、窓の外の八幡の大地は、白く薄化粧しておりました。
初雪から一歩前進、初積り?です。
長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった・・・・・の、トンネルを潜る時間さえ貰えないままに芸北の一部は雪国“もどき”と化したのです。
とは言え、本日積っていたのは、フワフワやしっとりとした『雪』では無く、あくまで『霙』、尚且つ量も僅かだった為、昼頃には溶けている事だと思われます。
まだまだ冬の序章であり序の口なので、慌てふためいてはいけません。
心をしっかり持たないと、これから来る雪の季節に太刀打ちする事は出来ないのです。
私もまだコレくらいではスタッドレスタイヤには換えません。
(しかし渋りすぎて自滅しないようにしなければ)
今回の冬も、前の冬季同様冷え込みが厳しくなると小耳に聞いております。
大雪だった以前の冬・・・・・・心をしっかりと持つつもりであれども、やはり限度は存在するのです、挫けちゃうのです
なのでどうか今回はホドホドの雪でと、願わずにはおられません。

この記事をはてなブックマークに追加

白くて冷たい『固形物』が降りました。

2011年11月23日 | 芸北日記
・・・寒いです

朝方降っていた雨は止みましたが、空が晴れる事はなく・・・薄暗いままの芸北です。
・・・余りの寒さに館内暖房始めました。

・・・・・とうとうこの時がやって来ました。
昨日、八幡地区にて空からチラホラと降る物を確認したそうです。
それは白かったそうです。
そしてそれは冷たかったそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・初雪です。
少々だったので積る事はありませんでしたが、降ったという事実だけで衝撃モノ。
おまけに一時の間、明日の天気予報に堂々と『』マークが!!
えぇマジですか!!と驚きの余りテンションが無駄に上がってしまっていたのですが、本日ソレを確認して20分後・・・雨マークに変わっていて更に驚きました。
(あの20分の間に一体何が・・)
今回は何とかセーフでしたが、11月も残り僅かとなった現在、いつ本格的に降り出しても可笑しくは無い状況です。
タイヤ交換の時期を見極める為に天気予報と睨めっこしつつ、本格的にいつか来るその時を静かに待ちたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

スタッドレスタイヤへの『換え時』は?

2011年11月21日 | 芸北日記
・・・晴れたのに

今日は朝からよく晴れました。
お日様も顔を出しています・・・・・・・が、それでも寒い。
日差しの恩恵も間に合わないほど、寒さが厳しい芸北です。

ホントにここ数日一気に冷え込みが厳しくなってまいりました。
テレビの天気予報でも『冬型が・・・』の言葉をよく聞く様になり、とうとう秋よりも冬になっちゃったんだねと、否応ながらもシミジミと実感中でございます。
そんな冬へと一直線な芸北、時間によってはもうすでにマイナス℃の世界が広がっているのは確実です。
そこで気になってくるのが路面の『凍結』、コレです。
仕事柄、夜の帰宅時間が遅いのが通常でして、尚且つ時たま早出の出勤があったりと、凍結しやすい時間帯な帰宅なので、日々戦々恐々している次第なのです。
今までに車の一回転半や田んぼにそのまま突撃・・・などのハリウッド顔負けのスタントを実践してきた私ですが、あくまで素人、ハリウッドスターに成る事は出来ません。
ましてや氷上の妖精と呼ばれるスケート選手には成り得ないので、やはり滑る事はノーサンキュー。
なのでその予防としてスタッドレスタイヤに換え様と思うのですが、そのタイミングが非常に難しい。
早く換え過ぎると・・・タイヤがちびてしまいます
遅くなりすぎると・・・雪やら氷やらに覆われた八幡から脱出出来なくなります
・・・・うぅ悩みどころです。

※今の所凍結をしている事はないようですが、日々冬将軍の勢力は拡大中なので、運転の際には“もしかしたら”をお忘れなく。

この記事をはてなブックマークに追加

森の『熊さん』の活動状況

2011年11月20日 | 芸北日記
・・・惜しい

昨晩の雨は今朝にはすっかり止み、晴れ間が覗きながらも雲が多いという、何とも微妙な天候となりました。
それに加え、本日は風が非常に強くしかも冷たい為、とても寒い一日でございます。

自然がいっぱいの芸北には、自然の中で生活する動物がやっぱりいっぱいいます。
その中でも毎年重要視されるが『』の目撃情報です。
(数回猪と車でガチンコ勝負をするに至った私にとっては、猪も負けず劣らず重要なのですが
その体躯と持ち前の力は、人にとってはとても恐ろしい物で、出来るなら野生産には一生遭遇したくは無いというのは、誰しもが同じ思いな事でしょう。
ですので、山仕事をされる方はもちろんの事、趣味で芸北の至る場所に存在する山を登られる方にとっても、見逃す事の出来ない非常に大切な情報となります。
そんな熊さんの今年の動きはと言いますと、一度麓まで降りて来た熊と、散策中の人が遭遇したという情報がありはしましたが、それ以外目立ったものは無く、つい最近まで比較的落ち着いておりました。
その原因として考えられるのが、ドングリ等の山の恵みの出来が今年は多く、その為熊の食糧も賄えたのだろうという事です。
しかし秋も終盤になり、熊の冬眠前となると話は変わるらしく、近頃活発に活動をしているとの報告が町内放送にて入ってきました。
・・・・・一冬分の食い溜めなので、食べる量も半端ないのでしょう。
この時期ならではの用心の心がけが必要なようです。
皆様も山登りの際は熊避けのを装備したり、一人で山に入らず数人で挑むなどの心がけをお願い致します。
もちろんこれは今の時期だけではなく、冬眠明けのお腹がすいた状態である春の頃や、出産した後の子連れの頃も熊の気がたっているのでやはり注意が必要です。
山に住むものと、その山にお邪魔する者、生きるもの同士お互いが注意をしあい、これからも共存できたらいいですね。

この記事をはてなブックマークに追加

旨味たっぷり冬の定番『猪鍋』

2011年11月19日 | 芸北日記
・・・何で

何で週末になると天気が悪くなるのでしょうか。
神様の意地悪としか思えない。

本日も昨日に引き続きお日様とはトンと無縁な一日でした。
雨な日は、体の芯から凍える寒さ・・・という事にはなりませんが、時期が時期ですのでそれなりの寒さにはなります。
こんな日は暖かい物を夕餉に食したい、そう誰しも思う筈。
そんな日々が続くので、オークでもとうとう宿泊のメニューに冬の定番の一品が加わりました。
体の中からホッコリぽかぽか『猪鍋』です。
未だ大鍋でのご提供準備は整っていないので小鍋のみとなりますが、ギュギュッと小鍋の中に猪の美味しさを閉じ込めました。
噛み締める度にじわじわっと染み出てくる猪肉独特の旨味と鍋のだしが、小鍋の中で非常にマッチング中!!
一緒に入っているお野菜もよく肉にあいます。
体の中からホッコリと暖かくなる・・・そんな味です。
もう少しすると、レストランメニューの中でも猪鍋を扱うようになりますので、ご宿泊されない方もそれまでもう暫しお待ち下さいね。

この記事をはてなブックマークに追加