芸北日記

芸北オークガーデンや近隣の情報・出来事を紹介しています。

まさかの『花田植』の正体は・・・・

2017年06月18日 | 芸北日記
・・・晴れ

今日も暑いです。
雨、降りそうにないですね。

今日、芸北の雄鹿原地区を車で通りかかった方は「あれ?」と思ったかもしれません。
何故ならば国道沿いに「壬生の花田植」の幟が、いくつも立っていたからです。
壬生の花田植といえば、千代田地区にて毎年6月の第一日曜日に開催される、ユネスコ無形文化遺産にも指定された花田植です。
もうすでに終わってしまい、尚且つ開催場所も違うこの幟が今何故芸北に立っていたのか・・・・・その理由は「写真撮影」の為だったりします。
日本の大きな美術家団体である二科会の中の写真部の方々が、各地から集まって今回の撮影が行われました。
通勤時に遠目に見たのですが、飾り牛さんも3~4頭いたようですし、早乙女さんも多くいました。
それにもまして多かったのが、写真撮影の人の数!!!!
田んぼの正面に位置する場所にずらずらずら~と並ばれておりました。
(後の方の人は脚立を持参されているのかも・・・)
今日は梅雨の最中でありつつも良く晴れたので、きっと良い写真が沢山撮れた事だと思われます。
どこかの写真展で、今日の写真がお披露目される日も遠くないかもしれないですよ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・・・・・・『全滅』 | トップ | 『逞しい』色合いになりました »
最近の画像もっと見る

あわせて読む