芸北日記

芸北オークガーデンや近隣の情報・出来事を紹介しています。

沢山の人が『高原の風』となりました

2017年09月03日 | 芸北日記
・・・青空

今日は朝から非常に良い天気となっています。
なのでそれなりに太陽の熱が頑張ってはおりますが、その分風が涼しいので、真夏の様にウンザリするような暑さではありません。
館内も扉を開けるだけで涼しい風が入って来るので、クーラーいらずとなっています。
そんな本日、9月の最初の日曜日であり、『聖湖マラソン大会』が開催される日でもあります。
いや~、ホント絶好のマラソン日和となりました。
今年は若干少なく、2000名強のランナーが高原の風となったようです。
その内の1人に、我が弟が含まれており、何を思ったのか10キロを走ると母から聞いております。
昔は良く走っていたものの、芸北を出て仕事についてからは出場する事は無かったのですが・・・・ホントどうしたんだろうか。
そんな弟の冷やかしに我が妹も応援に行ったようなのですが、その目的が「足がつった!!!」という弟を見る為だとか・・・・・・・・あぁ素晴らしき兄妹愛です
でも現にマラソン大会はただ走るだけではなく、様々なドラマも展開されます。
私も昔5キロに出場した際、折り返し地点で汗を拭う仕草をしただけで、腰がグギっといきました。
それからは痛みを我慢しつつ、びっこを引いてゴールを目指しました。
痛さと小さい子にあっさりと抜かれる苦しさと情けなさ、でも運営さんの「棄権する?」に同意しなかったのは、ちっちゃなプライドだったのかも知れません。
そんな苦しさいっぱいの時に、わざわざ車から降りて(当時は5キロでも186号線沿いを走る事がありました)かけられた「頑張って!!」の声、すっごく嬉しかったです。
ゴールで受けた沢山の応援の声と、同じく応援をしてくれていた今は亡き祖母の顔と声に一気に涙腺が崩壊した事は良き思い出です。
うむ、私、青春めっちゃしとりますね。
これ、誰か長編映画とかにしてくれてもえぇんですよ?
・・・・・・・・という青春云々は置いておいて、ドラマってどこにでも転がっている物です。
もしかしたら妹の期待通り、運動不足(かも?)の弟の足がつる事があったかも知れません。
ですが大きな事故が無ければ全部良い思い出になりますので、各々のドラマを沢山この大会で作って頂ければ良いと思います。

この記事をはてなブックマークに追加