時計の針の 巻き戻し

ふだんの生活の中で、ふとやり残した感じがすること有りませんか?時計の針は、自分で巻き戻すものです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

会員の性格と学会内外での適応

2007-11-29 15:12:09 | 思想と宗教
地区座談会で会員の発言状況を追った。一人一言ずつ話した時の表情や話しぶりからその人の学会内外での適応性を検討したものである。

座談会の席上、「一人一言」でどのような内容をどのように話すかに焦点を当てて観察した。ほとんどの会員が最近の状況について、主に学会員としての活動、特に折伏、新聞「啓蒙」、民音の券売りなどについて、主として対外的な方面について積極的な内容を話した。しかし数人の人は異なっていた。他の地区で以前地区婦人部長をしていた女性は、自らの悩みについてなかなか解決しない旨を述べた。またある婦人部白ゆり長は、新聞「啓蒙」をすべきかどうかについて深く悩みながら解決に向けて唱題している、とのことであった。

この二人が、またこの二人のみがこの地区の婦人部では精神科に通っていること、また心理テストの結果きわめて不安定で不適応であることが判明している。こういう人はだいたい、自分の悩みについて話したがる傾向がある。

もちろんそのこと自体は健全なことであり、なんら不都合はないはずであるが、学会組織においては普段から自分の内面よりも外の目標に目を向けることが尊ばれる傾向にあることは否めない。簡単に言えば外向的であることが尊ばれるのである。

また外向的な人は概して周りの空気を読むことが得意である。そのため容易に周囲の空気を判断してそれに合わせた言動・行動をしやすい。最近、空気を読むことが非常に良いことであるかのように言われているが、もともとそれは外向的な人間の特徴を述べているのに過ぎない。

以前から述べているが、学会組織においても世間一般においても、外向的な人間が適応する傾向が強い。逆にいえば、内向的な人間は学会内部においても損をする傾向があり、学会の言う「人間革命」というのをよく検討すると、外向的な行動をとらせることだから、学会自体が個人の「人間革命」というのは「無理です」と言っているようなものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空気を読むということ | トップ | 趣味を再び。 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
俺にもできた!! (あんぱんマン)
2007-12-01 08:45:09
女とヤって稼いだ金で、ソープで遊んでるオレは勝ち組!?http://sweat.wch.jp/dlm/4
ネアカは新宗教の本質? (あれあれ)
2007-12-04 22:28:21
↑  おやおや困った書き込みですね。彼も学会員なのでしょうか?  


   20年以上も前のことですが、成人向けマンガを中核とした週刊雑誌にテレクラ探訪記が載りました。相手の女性とよくよく話し込んでいるうちに、学会員であることが判明、その記事を書いたライターさんの身内にも学会員が多いってんで、ウソかほんとか話が弾んでしまった…という内容。


   およそ宗教は、とりわけそれが比較的近代に成立したものであればあるほど、ネアカであることを信徒に要望する傾向あり。中山みき(天理教)の陽気ぐらし、両親が一度に亡くなり、自らも結核に倒れたが笑いの念によって神と心を通わせ本復した黒住教祖、練成会で「笑いの練習」をさせる生長の家……ほんとに枚挙にいとまがございません。
   学歴の高低はあれど、また人間的な欠点はあれど、これら教団の教祖たちに対し、僕は平素好感をいだきこそすれ憎悪の念をいだいたことなどございません。


   にもかかわらず、それでも、彼らの限界というものに思いを致さざるを得ないのです。個人の宗教的経験として「笑う」ことには相当の意義ありと認めますが、それを信徒すみずみにまで教義として強要するとき、多彩な救いは一転して無表情なドグマへと変貌するのでしょう。


   哲学者中島義道氏の自叙伝に、幼少期も現在も自他共に認める「ネクラ」の中島氏が、小学校時代、陽気な女性の担任の先生から、

    「さぁ中村君、笑う小学生になりましょう!」

と強要され辟易した経験が綴られております。なおまた、以前にもこのブログにコメントさせて頂きましたが、晩年窮乏した倉田百三が、「時の人」として物質面で恵まれていた谷口雅春氏(生長の家開祖)から借金しました。谷口氏はこれを縁にして倉田氏に自己の機関誌へ寄稿を求めたのですが、弱い立場にある倉田氏は、それでも最後の力を振り絞って


   「貴兄は『光(ひかり)一元』、しかし私は『闇を含んだ光』なのです」

と明言しております。谷口氏と倉田氏と、どちらが深い人間性への洞察を示しているか。少なくとも、僕は後者へ投票したいですね。
まさしく。 (軒ちゃん)
2007-12-05 12:16:34
あれあれさんへ。

ネアカは新宗教の本質、に深く同意いたします。創価学会でも明るく元気なことを良しとする傾向があります。明るいことも別に自然ならば問題ないのですが、世の中には本来はおとなしい人、暗いと言われる人もおり、そういう人も認めてあげなければいけないのに、本部幹部会同時中継などでも、みんなが同じような明るい笑顔を浮かべて「はい!」「はい!」とやってます。

 本当はこういうことこそ、とても不気味で無理を強いている証拠なんですが。
本部幹部会 (ふわふわ)
2007-12-15 21:40:51
先日の本幹で「寝てばかりで、金を使っていては腐ってしまう」との発言があったそうです

病気等で働けない会員は落ち込んでいます



時期的に財務をしなさいとしか、私には思えないのですが、純粋に信仰をしている貧困の会員を苦しめるのが宗教なのでしょうか?
財務という金集め (軒ちゃん)
2007-12-16 21:37:42
今はなりふり構わず財務で金を集めようとしてますね。集めた金をどうするのかまったく不透明な点、貧しい人からも無理やりに集めようとしている点など、金集め自体に限っても問題だらけです。

財務には絶対に協力などしない、1円でも出さないという心構えが大切だと思います。
騙されないで! (世を憂う旅人)
2007-12-17 10:10:35
お金を会員から巻き上げる団体は断じて信仰団体などではありません。
皆さん、だまされないように気をつけてくださいね。
脱会報告です (トパーズ)
2007-12-25 16:29:39
ご無沙汰しております。
今年のはじめに「2月に脱会する」と
書き込んだトパーズです。

2月に脱会はできませんでしたが8月末に
脱会届と本尊を学会本部へ送付し正式に
退会できました。

1年以上学会活動を離れて無理にパワフルな婦人部を
演じていたあの頃から本来の自分自身を取り戻しつつ
あります。

狂信的な姉とは疎遠になり脱会報告もしていません。
疎遠になった事は悲しいけれど仕方ないと思っています。これからの人生は自分自身と私を愛してくれる
夫や身内や友人を大切にして生きていこうと思っています。

今年のうちに軒ちゃんに報告するつもりがクリスマスになっちゃいました。どうぞ来年も悩める学会員の良きカウンセラーとしてこのブログを賑わせて下さい。

ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
脱会、おめでとうjございます! (軒ちゃん)
2007-12-26 14:38:20
トパーズさんへ。

よくやりました。色々大変な中、頑張りましたね。これからも色々あると思いますが、負けないで下さいね。

今後ともよろしく。
軒ちゃんさん、ありがとう。 (華)
2008-01-07 22:54:41
ずっとロムしていました。お話ししたかったんです。
私は学会員ですが、性格がおとなしく、人前で話すのが苦手。でもみんなはそれを克服するために、座談会の司会をさせようします。できませんって言うのがやっと。軒ちゃんさんが言われてるように、辛いんですよ、当人にとっては。本当にセールスのお仕事と、学会の人は良く似てるなぁって思いました。積極的な人は幹部からも可愛がられ、どんどん上になっていく。
こんな私ですから、上に立つ器でもないし、まぁそれを望まれてはいませんので、その点は良いのですが。
お仕事も同じ。積極性がないからこそ選んだお仕事に
今、苦しんでいます。辞めたら楽になるけど、生活が
かかっていますので・・・今は辞められません。
人と話すのが苦手の人は孤立していく・・・って、会社の人が言ってました。でも、軒ちゃんさんは、そぉいう人がいても良いんだよって言ってくださいましたね。うれしかった・・・
誰にも存在価値認めてもらえないような、陰が薄いのか、その場に居るのに、「あら、居たの?」っていつも言われる。そんな私を軒ちゃんさんは認めてくれた・・・
いつも勇気づけられています。これからもよろしくです。
頑張ってくださいね (軒ちゃん)
2008-01-08 07:51:33
華さんへ。

世の中いろいろな人がいます。内向的な人が損な目を見るというのは凄く理不尽だと思います。
でも世の中、内向的な人がいて外向的な人もいるんです。私も実は、性格検査を何回やっても「強い内向性」って出ます。

内向性の特長を活かしましょう。私も学会の中にいてまったく幹部になれという声がかからなかったのもその性格もあると思ってます。

生きにくさをばねにしても良い。辛くてもともに胸を張って生きていきましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。