時計の針の 巻き戻し

ふだんの生活の中で、ふとやり残した感じがすること有りませんか?時計の針は、自分で巻き戻すものです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不思議な世界

2009-05-16 12:40:27 | 思想と宗教
創価学会というのは不思議な世界である。末端の会員が汗水たらして仕事をし、家の会計をやりくりして聖教新聞などをとり、自分の体を絞り取るようにして財務に金を出す。政治的には思想信条の自由などとは無縁で、なにがなんでも公明党支持のために頑張らせられる。

その一方で、先生や職業幹部は飢えることなく、特に先生は丸々とした体になって世界中から勲章集めをしている。

勲章の値段であるが、名誉博士号や名誉教授号は、国別・大学別にかなりの違いはあろうが、だいたい一つ数千万円が平均であろう。その金の出所は、末端の会員の汗と労苦の結晶である献金(財務)や出版物などからの収益以外に考えられない。

名誉会長が、「信心の功徳」によって自らお金を儲け、その結果として購入するなら何も文句はない。

しかし、そうではないところに問題がある。私が知っている限り、財務をする会員の中には本当に毎日の生活にも困っている人もかなりいる。

時々「題目を甘く見てはいけない」などという指導も来る。それなら名誉会長自身が会員からの献金など全く行わず、題目をたくさんあげて、今持っているあきれるほどの数の名誉称号をもっと多く手に入れて、多くの会員に見せてもらいたいものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (137)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マインドコントロールの内側... | トップ | 父と母とのこと »

137 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば… (トニー)
2009-05-18 12:34:45
選挙戦を渋る僕に対し、男子部長がこう言ったことがありました。
「21世紀へと向かう大事な戦いを頑張らないなんて後悔するよ」。

後悔なんてしてません(笑)。あ、学会に入ったことなら後悔してますが(二度目の笑)、珍しい経験が出来てよかったと笑い話にするのが僕流の受け止め方です。

学会の人はかわいそうですね。遊ぶ時間も、お金も搾取されてるのに、それを幸福だと思い込むようにMCされちゃって…。
はじめまして (じゆ)
2009-05-18 15:55:05
財務に関しては、まったく自由です。
僕は去年1000円しかしませんでした。
財務は信心の問題で、功徳を確信できるようになったら、すればいいと思います。
ちなみに、僕の最高額は530,000円です。
いままで、ぎりぎりの時はありましたが、持ちこたえてきましたし、お金があるときもありました。
本当の功徳はお金だけではないですが。
 
公明党に関しては、他の党よりはましだからだと思っています。
他にも理由はありますが。。。

勲章に関しては、金でもらえるほど、甘いものではありません。
勲章を授与される団体や、都市に失礼です。

題目はすごいです。
去年はうつ病で、仕事もしていませんでしたが、ある日、8時間、次の日6時間めに先生の弟子だから負けるわけがないという思いが心の底から出できました。
それ以来、人生は180度変わり、去年は、楽しい日々を送りました。
他にもたくさんありますが、題目で乗り越えられないことは、絶対ありません。

以上です。
読んでいただけたら、幸いです。

Unknown (トニー)
2009-05-18 18:31:29
じゆさんへ

はじめまして。
まず財務についてですが、最小単位は一万円からのはずです。なのに千円しか払わなかったなんて変ですね(単なるタッチミスで、ゼロが一つ少なくなっただけですか?)

それから、最高で53万円の財務をしたとのお話ですが、自分の信仰心を自慢したいならよそでやるべきです。僕だったらそのお金で二代目ロードスターを買うでしょう(笑)

最後に勲章について。
事実、池田大作は、貧乏な国や大学に、本をたくさん買ってやったり、図書館を建ててやったりする見返りとして勲章をもらっているんです。
これは他でもない、聖教新聞に載っていた話です。「食い違う話がある場合、真実を言っているのはどちらかをはっきりさせる方法はただ一つ。両方の言い分を徹底して追求すればよい。かならずどちらかにボロがでる」。この法則に乗っ取り、僕は学会側が間違っていると判断したんです。

元身内である僕らは、学会のやり方なんて知り尽くしているんです。じゆさんも、早く目を覚ますべきです。この軒先生のブログを読み、真実に触れることをお勧めします。
私も可哀想です (果実)
2009-05-18 18:35:13
じゆさんでしたか?お金だけが幸せではないんです。とありましたが、あなたは若いの方?甘いですね。世の中お金ですよ。家庭を守り、子供を大学までいかせる~等全てお金ですよ。私は汚い内部を見て脱会しましたが、うちの主人はまだ信じて、財務して、マイナス通帳ですよ。食べるものも食べず、題目をあげて、活動と仕事。痩せてしまって、倒れたら、決まり文句ですよ。「あんたの自己管理が悪いから」って。可哀想な人です。じゆさんがそれで、幸せなのなら、頑張って。でも迷惑行為はしない方が、身のためですよ。因み財務は一口一万からですよね。
裏技を紹介します(笑) (トニー)
2009-05-18 19:22:31
果実さんへ>
そう、一口一万ですよね。まったく同じところにツッコミ入れてますね。やはりそこは手の内を知り尽くしている同士ですね。思わず笑っちゃいました。

世の中お金だからこそ、学会は金をたかるんですよ。普通、立場が上の人間は、部下や後輩に奢ることはあっても、たかったりはしません。ほんと、「不思議な世界」ですね。

そういえば、財務を「払う」と言ったのに、金がなくて(遊びすぎたため)、振り込まなかったことがありました。…なのに後日、学会側から小冊誌が届けられたことがあるんです、…つまり、払ってないのに払ったと誤認されたんですよ。正直、ラッキーと思いました(笑)。学会も以外と甘いですね。

じゆさんも、試してみてはどうですか?
じゆさんへ (軒ちゃん)
2009-05-18 20:30:03
このような批判的ブログにようこそ。

まず、果実さん、トニーさんも述べておられるように、財務は一人、一万円からですね。ただ、1000円しか出さなくても、金融機関は受け取ってくれるという話は聞きましたが。

>勲章に関しては、金でもらえるほど、甘いものではありません。
勲章を授与される団体や、都市に失礼です。

ではなぜ、日本の大学からは一つももらえないんでしょう。
不思議ですね。

日本の大学、特に国立大学は名誉教授称号をもらうには、多くの大学の場合、その大学に、「教授職として10年間勤務」が条件です。

ハッキリ言って、外国の大学の中に、甘いところがあるんです。

お金をモノに変えて贈呈したり、またおそらくはお金そのものを渡したりして、多くの名誉称号をもらってきたのは事実です。

8時間も6時間も題目ができるということは、うつ病といってもごく軽い鬱状態です。

本当にうつ病になったら、ひどいときはベッドから体を上げることさえ億劫になってしまい、命にかかわります。

題目を上げると、何らかの心身の反応が出ることがあることは否定しません。

ただしそれは「御本尊様のお陰」ではなく、私としては自分の領域の、催眠暗示や条件反応といったもので説明できることが多いと思います。
元ロッカーはかく語りけり (トニー)
2009-05-18 21:47:14
人間の生理的現象に、声を出すと心拍数があがり、興奮状態になるというのがあります。

走り続けていると、かえって呼吸が楽になるのと同じように、唄い続けていると、「酸欠なのに苦しくない」、という状態になります。これを、「ヴォーカルハイ」といいます。カラオケが好きな方なら経験があるのではないかと思います。これは、脳からそういった脳内麻薬が分泌されるからなんです

学会が主張する「題目をあげることによる生命の歓喜」なんて、実はその「ヴォーカルハイ」にほかならないんです。
まあ、確かに、「ナムアミダブツ」より、「ナンミョーホーレン…」の方が、音感やリズム感はいいですけどね(…仏法は永遠に、科学には追いつかないでしょう)。

でもどうせなら、もっと楽しい生き方を追求したいですね。たとえば美味しい食べ物とか、車とか…。

…ああ、53万円。
あっはは! (果実です)
2009-05-18 22:08:24
トニーさん!上手くやりましたね!〈お金だけが功得ではないんです〉学会員で活動家なのに無職で、夫婦で家はほったらかし!挙げ句の果てに20歳の娘の給料で生活して!学会員の地区幹部だって!娘にたかった生活して!8割の学会員の姿ですよ!「宿業転換よ!」って指導されて。活動する前に働けよ!あの夫婦!お金だよ!金がないと財務もできない。サラ金からかりてまで財務する愚か者。部員の幸せなんて、考えてなんかないのよ。組織の駒扱い!利用!私が体験者!んで何?あの称号は?軒先生の言うとり!私やトニーさんは自らMC溶いて、歩きだした。ね!
Unknown (十六夜)
2009-05-18 22:28:37
私も鬱や解離ですが就職したくて必死でお題目をあげてました。
30過ぎても祈り叶わずとうとう精神病院へ入れられました。
新聞代書籍代を払え払えと言われ、消費者金融でお金を借りたこともあります。
でも、そういうことを正直に話したら、連絡を一切してくれなくなりました。
私が組織にとって使えない人間だと分かったら「ポイ捨て」でした。これが学会の人間主義ってやつかと思い、悲しい毎日です。

学会の人と話すと「被害妄想。大丈夫か」なんてあざけられます。
レッテル貼りだけが上手いんだ。
Unknown (じゆ)
2009-05-19 00:10:36
前は、一口一万でした。
景気が悪くなってから自由になりました。
僕自身、千円で受け取ってもらえるのか少し不安でしたが、ちゃんと創価学会から領収書もらいしたよ。

勲章に関して、もちろん沢山の寄付もしています。
が、一例として、今月13日にブラジル・サンパウロ市から、先生に市の鍵が送られました。
「外国人であれば、その国を代表する重要な人物にしか授与しない」といわれるほどの顕彰です。

他の人だと

 「米ニューヨーク市のマイケル・ブルームバーグ市長はこのほど、USエアウェイズ機の事故で市内のハドソン川に機体を無事不時着させたチェスリー・サレンバーガー機長と乗員4人の功績をたたえ「市の鍵」を贈呈した。 」

などありました。

お金に関して、もちろん最低限のお金がなければ不幸です。
貧乏で幸せなわけがありません。
僕も、お金は欲しいです。
でも、お金があるだけでは、本当の幸せにはなれないということです。

小冊子と領収書は、違うと思います。

今年の4月くらいは、仕事もできず、布団の中で、題目をあげていました。
今は元気です。

ご本尊様は、日蓮大聖人の生命を文字で表されたものです。
日蓮大聖人の生命は、すべての人に存在しています。
表に出ているか、妙伏しているかの違いです。
よく、勘違いされるのですが、ご本尊さまが叶えてくれるのではなく、自分の心に無限の可能性が、あるということです。
自分を信じることです。
この信心は、究極は自分が仏であり、自分の中にご本尊の実体が存在しているということです。
その強い心を作り上げるのが、仏道修行です。

以上です。
“退転”発表 (トニー)
2009-05-19 12:39:45
じゆさんへ>

まず最初に献金のことですが、確かにそのとき、領収書はもらわなかったと記憶しています。が、身近な幹部からはなんのお咎めもありませんでしたよ。
普通に考えたら、これは由々しき事態です。払うと言ったのに払わなかったんですから。なのになんのお咎めも指導もなかったのは、回りの人たち全員が、「払った」と誤認したからですよ。

それから池田大作がもらったとかいう鍵について…。それってホントはどっかのラブホの鍵と違うんですか?まったくあのオヤジもいい歳してやることエグイですね。いよっ、このエロ大将!
…いや失礼。そんなのはね、学会側が勝手に値打ちコイてるだけですよ。都合のいいことしか言わないのが学会なんです。1番卑近な例をあげるなら、「新しく会館がオープンしました」とは書きますが、「近所の住人の苦情を受けて閉館しました」とは書いてません。日蓮正宗との裁判だって、170件以上あるんですよ。そのうち勝訴しているのは一割ぐらいだと言われています。その一割を、創価新報は大々的に報道してごまかしているだけなんです。

最後に本尊について。
あんなの、ぼくは破って捨てました。よっぽど、「近くの会館のポストにぶち込んでやろうかしら」と思いましたよ。が、「さすがにそれはえげつない、ドSじゃないんだから」、と思い直して、止めましたけどね。
でも罰なんか当たってません。最近仕事も順調です。そりゃ派遣ですから不安はありますが、学会にだって派遣はいますよ。それにこの前なんか、食事中に作業長が近寄ってきて、「君は仕事が速いし覚えるのも早い。この調子で頑張って」と直々に激励され、時給を百円あげてもらいましたよ(^-')b

これで分かったでしょう。このブログには、学会に騙されて53万円も振り込むヤツの話に耳を貸す人なんか一人もいないってことが。
もう一度言います。じゆさんは騙されているんです。このブログを隅々まで読んで目を覚ますべきです。
詭弁ですか。。 (十六夜)
2009-05-19 12:50:52
結局、祈りは叶わないという結論ですよね。

それに自分の中に無限の可能性があると信じるためだけなら
本尊なんて必要ないですよね。
変なの。
あはは (果実)
2009-05-19 12:56:09
だから、甘いっての。景気が悪いから千円から、真心の~とか言って、必ずむしりとる!いんですよ、じゆさんが好きでやってれば、でもね、学会の中には千円すら払えず苦しみ、もがいてる人間がいます。お金がないなら、アルバイトでもいいから、働けよ!でも活動一番!これ合言葉だから~私も以前働いたら、活動家なのに働いて!家庭訪問できないでしょ?何だよそれ!学会が金くれんのか!?これから娘の進学やらで金かかるのに!活動に利用され続けて、病気になりたした。使えないわね!の一言でチョン!ですよ!おかげ働けない体になりまし。鍵?見たわ
追記 (果実)
2009-05-19 13:05:28
はっきり言ってね。部員なんか、鍵も称号なんかも要らないから。祈りはじゆさんが良いと思ってるなら、どうぞ。本当に若いね。大聖人のウンチク並べて、それくらい、知ってるから。あなた奈落に落ちた経験ないでしょ?うつ病克服?私も不眠症を自ら克服しました。原因?活動ですよ。あぁ~お金かかりました。幹部は振り向きもしませんでしたよ。あなたは何も内部がわかってない。可哀想ですね。本当のこと知ったら、またうつ病再発するかもね。さよなら。
グーグル (千恵)
2009-05-19 14:30:43
こんにちは~ 皆さん、検索サイト最大手のグーグルで、池田さんに、勲章をだしている、団体の名前見つける事ができると思います?
学会指導 (軒ちゃん)
2009-05-19 16:44:41
じゆさんへ

>よく、勘違いされるのですが、ご本尊さまが叶えてくれるのではなく、自分の心に無限の可能性が、あるということです。
自分を信じることです。

これは昔の指導と変わっています。「台ご本尊様だけを信じなさい」「邪宗は本尊に迷っている」という指導を受けました。

>究極は自分が仏であり、自分の中にご本尊の実体が存在しているということです。

昔そんなこと言ったら、どなられましたよ。なぜこういうことになったかといえば、宗門(日蓮正宗)から破門されて、本尊を受けられなくなり、淨圓寺の本尊をコピー&改竄したのものを配っているからだろうと思います。

学会員は言葉に出さないだけで、これはコピーした偽物だって、大抵知ってますよ。
Unknown (じゆ)
2009-05-19 23:57:34
信心の歓喜は、自行化他の題目でなければわかりません。

本尊がなければ、仏界を出せません。

仕事しないで活動だけするのは、間違っています。
サラ金から借りて財務するのも間違っています。

僕も幹部は信用していません。
先生と、数人の同士です。
内部の問題はいやというほど味わってきました。

今でも、大御本尊を信じていますよ。
学会の本尊は日寛聖人が書写されたご本尊です。
偽法主の日顕が書いた本尊とは違います。


Unknown (トニー)
2009-05-20 06:34:23
じゆさんへ>
分からない人ですね。学会のウンチクなら、こっちはもう全部知ってるんです。だって元内部の人間なんですよ。
いくら反論したって、「また学会の主張の受け売りが始まった。マインドコントロールされてる人間の典型的な行動パターンだ」、と笑い者にされるだけです。
「悪徳商法に黙れないビデオ」を高額で売り付けようとする訪問販売員に、まんまとひっかかってるのと同じ状態にあるんです。
これだけ言っても分からないんじゃ、もう知りませんからね。
あなたも (果実)
2009-05-20 09:45:52
じゆさんも、しつこいよね。内部の汚い面も知ってる??体当たりしたのかい?幹部の目くぐりぬけて、要領よくやってる証拠だよね。数人の集まりで。本尊なくても、例えば壁でも、どこでも祈りは通じるんじゃぁないの?御書読んでない証拠、人間革命熟読してない証拠。これ以上語るとボロがでるから、やめなさい。自分でブログでも立ち上げたら?さよなら。
インチキ本尊 (軒ちゃん)
2009-05-20 09:53:20
じゆさんへ

学会の本尊は、日寛上人のしたためられたのを、改ざんしたものです。
http://www.myokan-ko.net/menu/te/1.htm

ところでじゆさんは、本当に学会員ですか?日寛上人といいうところを「聖人」都は普通、学会では書きませんが?
無視しましょ (果実です)
2009-05-20 12:25:08
トニーさん、もうじゆさんは、MC入ってるから、ほうっておきましょう。私からの質問で何も知らないで、MCされてることがはっきりと解りました。汚い面を知ってる?なら、脱会するか、祈りの道に一人入るか、気違いになるかの、どちらかですよ。「池田先生と愉快な仲間たち」とでも銘じてやればいいんですよ。組織を要領よくくぐり抜けて!偽善者ですね!
Unknown (トニー)
2009-05-20 12:36:29
軒ちゃん先生へ>

俺このじゆさんって人はきっとホントに学会員だと思いますよ。

「徹して学会正義を語りぬけ」とかなんとか、池田大作のありがたいご指導で、頭を完全に犯られちゃってる典型ですよ。

僕らに何を言われても信心の話で反撃してくるのは、彼が「池田式ヒロイズム」に酔っちゃってるからですよ。

「聞いてもいない信心の話をする」=「ぜんぜん受け応えになっていない」のに、それを「対話」だと勘違いしているあたりも、いかにも人の話を聞かない、自己主張ばかり達者な学会員らしいじゃないですか。

じゆさんのせいじゃなく、池田大作のせいなんだって分かってるから別にいいんですけどね。

かわいそうですよね…。
Unknown (じゆ)
2009-05-20 18:10:49
マインドコントロールだけで、続けられるほど、楽な信仰ではありません。
戦えば功徳があるからです。

うちの母は、幹部に200万貸して逃げられました。
その後、母は退転しました。
今では元気に活動しています。

壁に向かって唱題するときは、御本尊を思いだしてするそうです。

日寛上人は、大御本尊を、省略して書かれています。
信心が分かってないと出来ないことだと思います。
文字の太さなんてたいした問題では、ありません。

対話べたで、すいません。


仏法対話? (トニー)
2009-05-20 18:13:34
果実さん>
そうですね。もうやめましょう。

しかし久しぶりにバリ活さんとお話しましたが、まるで判で押したようにみんな同じことを言いますね。しかも受け応えがまるでできてない。なんとか対話が成立していたのは、一口千円からでもオッケーという新手の「振り込め詐欺」が始まった、というあたりまででしたもの。

例の「鍵」の話にしても、僕が「学会が勝手に値打ちコイてるだけ」と言ったきり、ちっとも対話が進展していない。「いいえ、あれは確かに価値あるものです」と、聖教新聞の受け売りが始まるならまだ分かります。いちおう対話としては成立していることになるからです。が、なんの反応もないなんて変ですよね?最初に鍵のことを言い出したのは向こうなのに。

これが「対話の時代」と称する学会員の真の実力なんです。

追伸。…「池田先生と愉快な仲間たち」のフレーズには笑いました。女性らしい和やかな表現の中に、ピリッと効いたスパイス(^-')b

また、最初の一発目でいきなり「このような批判的なブログへようこそ」もよかったです。さすが大学の先生はクールですね。カミソリのような切れ味でしたよ(^-')b

語彙といい表現力といい、同じことしか言わない学会員たちとはえらい違いです。
他宗教アンチの私からみても・・・ (アール)
2009-05-20 20:12:55

じゆさんは場違いな所に書き込んで
いったい何がしたいんですか?

空気読めないにもほどがある・・・。

わざわざ叩かれにくることないのに。

不愉快。

座布団十枚! (トニー)
2009-05-20 21:26:09
アールさんへ>
「空気読めないにもほどがある」。
この一言、サイコーに笑えました(^O^)。創価学会を辞めて(=入会して)本当によかったと思います。このワンフレーズに出会って爆笑するために、僕の創価学会での苦悩があったのでしょう。

しかもトドメにじゆさんのカキコミ。
>うちの母は、幹部に200万貸して逃げられました。
…あなたは足りないんじゃないんですか?
そーゆーのを、「騙された」というんですよ。

200万円+53万円=恐らく今年の末に販売されるであろう、ホンダの新型ハイブリットCVTスポーツカー、CR-Zをフルオプションで買える金額ですよ(爆笑)。
ハッチバックの新型FFクーペ。…カキコミの内容から察するに、あなたは男性ですよね?…人それぞれメーカーやらなんやら好みはあるでしょうが、新型スポーツカーに興味がないなんて、まさかそればかりはないでしょう?(低燃費のコンパクトスポーツカー。女性だって無関心ではいられないでしょう)。

損をしてるって分からないんですか?
笑い者もいいところですよ?
これからもツッコミいれますからね?

だって笑いたいんだもん(^O^)
疑問 (真樹(まき))
2009-05-20 23:08:37
軒ちゃん、皆さん、こんばんは。
なんか変な人が来られていますが、別の話をさせて下さい。

今日、ホンカンの勧誘が来ました。
私が住んでいるのは近畿圏内です。
危機管理の行き届いている所は人が集まる集会を
もっと前から取りやめています。
が、ガッカイはするんだそうです。
守られているとでも思っているんでしょうか?。
馬っ鹿みたい。
ってか危機管理のない団体、怖いです。
集会をすること自体、はっきり言って迷惑です。

もちろん行きません。
真樹さんへ (果実です)
2009-05-21 08:53:03
そのとうりですよ!私の土地でも、暴雨、波浪警報でも、川が氾濫していても、会合は実施してます。部員が被害にあって、死なないとわからないんですよね。私もかつて、活動していた時に、私の家で会合でした。必ず、「雨天の場合は中止」としおりに書いても、全然平気で、ずぶ濡れでやってきて、家の中を汚す、常識のない部員ばかりでした。そのくせ、自らの家は拠点にはしたくない。様ざまなことがあり、脱会しました。すっきりしましたが、池田先生に答えるため!を合言葉に、集めて駒みたいに動かしてるだけですよ。
Unknown (トニー)
2009-05-21 12:31:20
真樹さんへ>

このご時世に集会を開くことそれ自体がすでに社会問題ですよね。
宗教に現実逃避してる彼らには分からないんでしょうけどね。
幹部も幹部で、豚インフルエンザよりも、ヒマを与えてマインドコントロールが解けてしまうことの方がよっぽど不安なんですよ。
Unknown (十六夜)
2009-05-21 14:15:19
話はそれるかもしれませんが
なぜセンセーは名聞名利に執着するのでしょう。
宗教をやっている人とは思えない。
口を開けば「勝って勝って勝ちまくれ」「敵はどこまでも追い詰めろ」
これが、あの尊敬していた池田センセーなのか・・・
中身の無いスピーチを繰り返して自画自賛。
誰もおかしいとは思わないのかな。

センセーや学会が大勝利していても
私がいくら仕事探ししても無職のままで福祉に助けられて生きている現状はなにも変わらなかった。

世の中いつまでも高度経済成長時代じゃない。
学会員は意識が昔のまま止まっていて
日本の精神風土と戦わない。
何が革命だったんだろう。
学会員は欲望の追求を無上の正義であり闘いだとするけど
そんな勝ち負けに執着していてはいつまでも幸せにはなれない。
欲望は際限ないから。
皆さんこんにちは。 (軒ちゃん)
2009-05-21 15:52:38
じゆさんへ
>日寛上人は、大御本尊を、省略して書かれています。

私は生まれてすぐ入信でして、長い間学会組織に在籍してますが、省略本尊、というのは初めて聞きました。そういうものがあり得るんでしょうか?

そもそも「授与書き」の部分が削られている。これはまともな本尊ではありません。

十六夜さんへ

>なぜセンセーは名聞名利に執着するのでしょう。

彼は、他人に対しては、名聞名利に執着するな、という「指導」をしています。

私の家族も、池田先生の初期の時代には、ついていきました。さすがに最近は、誰も学会側についていません。

人間、いろいろな欲望があります。金銭欲、性欲、名誉欲、攻撃欲求などです。

特に晩年になると名誉欲が旺盛になる人が多いようです。

公明党は福祉の党、だといっても実際は、可能な限り安定した雇用を生み出すような政策を出していません。
Unknown (真樹)
2009-05-21 21:40:03
軒ちゃん、みなさん、こんばんは。

果実さん
>川が氾濫していても
>駒みたいに

トニーさん
>インフルエンザよりも、ヒマを与えてマインドコントロールが解けてしまうことの方がよっぽど不安なんですよ。

お二方の意見をお聞きして、なんだか馬鹿らしくなりました。
お世話になった人もいたからと退会を躊躇していたことを。
引越してから、退会しようと思っていましたが、
もう少し具体的なタイミングを考えてみようと思います。
いやがらせも受けたくないですしね。

軒ちゃん
イケダさんはコンプレックスの塊なんでしょうね。

ガッカイはいつまで「今だけが一番大事な時」で今だけが「新時代」と言うのでしょうね?。
昔から言ってるのに、と昔から思ってました(笑)。
真樹さんへ (軒ちゃん)
2009-05-21 21:53:00
ダイサク先生は、私の見たところ、コンプレックスの塊です。コンプレックスの強い人の特徴の一つは、「過度にやりすぎる」ということです。

名誉教授の称号など、まともな学者なら一つあれば十分に満足するのに、名誉博士と合わせて何百もとってますね。

これからも学会の、というより会員の金を使って、やりたい放題でしょうね。
Unknown (そううそ)
2009-05-21 22:00:52
こんばんは。
軒ちゃんさん

>>日寛上人は、大御本尊を、省略して書かれています。
>省略本尊、というのは初めて聞きました。そういうものがあり得るんでしょうか?

チョンガーさんや犀角独歩さん、富士門流BBSの皆さんあたりが詳しいと思うのですが、
現代から見て略式本尊と分類されることがあるようです。
日蓮の真筆遺文に分類やわざと省略する意図があったのかどうかは記憶にありません。

何を省略しているかというと、十界が全て勧請されず、日寛本尊は八界だったはずです。

『大石寺本尊真疑問答』楠山日かん
http://www.geocities.jp/saikakudoppo/n_kusuyama001.html

但し、大御本尊すら略式である、と言う意見があったように記憶しています。

私も学会が本尊改ざんしたのはやりすぎであり失敗だったと思います。

話の流れから逸れますし、私としても本尊の定義などどうでも良いのですが、ちょっとだけお節介してみました。(笑)(^_^;A

ではでは
Unknown (じゆ)
2009-05-21 22:26:19
先生の願われていることは、世界平和です。
欲望の追求など、否定しています。
自分中心の人生は必ずいきずまります。
死という現実は、100%のがれることはできません。
人のために生きることで、自分も幸せになれます。
エゴを打ち破るのは簡単なことではありません。
私は超自己中の人間でした。
それが人のため広宣流布即世界平和のために生きようと思えるようになりました。
これが人間革命です。
トニーさん、あなた・・・〈(^o^)だって笑いたいんだもん〉・・・〔大笑い!!満点!!〕です。ワカチコ!ワカチコ!ですね。じゆさん、 (果実です)
2009-05-22 00:49:03
トニーさん、あなた・・・〈(^o^)だって笑いたいんだもん〉・・・〔大笑い!!満点!!〕です。ワカチコ!ワカチコ!ですね。じゆさん、何かコメント下さいよ。私達の質問に答えて下さいな。
Unknown (トニー)
2009-05-22 08:32:04
じゆさんへ>
アンタの言っていることは、組織の頂点に立ち、誰からもなんにも忠告されなくなってしまった人物を持ち上げる新聞の受け売りに過ぎません。

もし池田大作が、アンタの思っているような高貴な人物であるなら、勲章をあげると言われても辞退するでしょう、それも誰にも分からないようにひっそりと…。そうはいってもあれだけ巨大な組織のリーダーですから、辞退したことなんかすぐにリークされるでしょうけどね。

が事実はまるで逆で、リークされてくる情報は醜い話ばかり。願っているのは世界平和?ならなぜ湾岸戦争のとき、ブッシュに直接会いに行き、対話しなかったんでしょう?聖教新聞や人間革命で謳われている通りの人物なら、アホなブッシュを諭すぐらい、訳なく難なくできたはず。「そのためにアメリカへ行ってきます。だから飛行機代を寄附してください」というのなら、喜んで寄附したことでしょう。アンタはね、高いお金を学会に払い、世界平和に貢献しているつもりになっているだけですよ。

だいたい、本尊の簡略化について答えてください、という軒ちゃん先生の質問にちっとも答えていない。ただひたすら、「池田センセーはすごい、学会は正しい」と言い続けているだけです。一方通行の自己主張ばかり。…聖教新聞が、何もしてない大作を、「世界平和に役立っている」と強調し続けているのにうりふたつ。

今の話にありましたが、もし学会の集会のせいで、豚インフルエンザが流行したらどう責任取るんですか?
どうせまともに答えられないでしょうけどね。
それか笑える珍解答が返ってくるだけですよ(^O^)
じゆさん (果実)
2009-05-22 09:18:14
広宣流布って何?家庭犠牲にして、家族なかせて、家の中メチャクチャにして、世界平和のために、広宣流布できると思う?でもじゆさんは 言うんでしょうね。家庭を犠牲にしてはいけません、家族を泣かせてはいけません。って、マニュアル通りの答えを語るでしょうね。でもそんな偽善的な言葉、聞きたくないですから。
投稿規制をかけて欲しい! (アール)
2009-05-22 12:37:09

軒ちゃん先生、常連の皆さん。
だいぶコメント欄が荒れていますね。

私はじゆさんの書き込みのせいだと思うので
今後、じゆさんの投稿を掲載しないで、と
軒ちゃん先生にお願いします。

ここは学会否定派のブログなのでは?


これでは真面目な質問がある人の
妨げになると思います。

いかがでしょう?
じゆさん (十六夜)
2009-05-22 13:56:20
私に消費者金融で借金させた人もじゆさんそっくりでした。
現実から目を背け、新聞や組織で言うことをオウム返しで繰り返すだけ。
ちっともこちらの言うことを聞いてくれない。
対話が成り立たないんだ。

池田は国会に出るべきだ。
日蓮はずっと公の場所に出たかった。
アールさん (果実です)
2009-05-22 15:15:58
規制をかけるか居なかは、私達ではなく、軒先生にゆだねのるのが、懸命だと思います。じゆさんの意見で、今まで、恐れしくてコメントできない人でも、きっかけに、実は~私も~と話しをしてくれる。軒先生のブログにはその、話せられない人達のためのブログだと思っています。じゆさんは「あらし」とは違います。自分達だけでブログを書き込みをしたら、仲良し子よしになってしまいます。私はそう、思いますが?
Unknown (十六夜)
2009-05-22 16:32:06
今組織内部にいると感じるのだけれど
学会は行き詰まっている。
それはセンセーが道を踏み外し、行き詰まっているからではないか。
勲章や名誉称号漁りは仏教団体のトップのすることじゃない。
トップが行き詰まっているから
組織は行き詰まり
末端は人間味を失っているのでは?
座談会なんかつまんないよ、営業活動報告会みたいだもの。
皆さんへ (トニー)
2009-05-22 17:40:26
じゆさんをおちょくり、さんざん笑い者にしている僕が言うのもなんですが、聞いてください。

「アンチ学会系」のブログをやる以上、軒ちゃん先生は、この程度の波風は覚悟の上なのではないかと考えます。

「学会批判は無限地獄」というテーゼにMCされ、疑問があっても怖くて言えない学会員。学会員がそうならまだしも、外部の人間にまで、金の力でテーゼを押し付け、国内でのメディアの自由な言論を封じ込める創価学会。

そんな中にあって、匿名とはいえ、堂々とアンチ学会を貫く以上、ネット上で起こるであろう「荒らし」や「炎上」は承知の上でなければ、出来ないことだと思うんです。

少なくとも、僕には出来ません。だからこそ軒ちゃん先生をすごいと思うんです。心理学に基づく学会批判。自分の知性に絶対の自信がなければ、都合の悪い論客の発言は規制しているはずです。事実、学会はそれをしているんです。…なぜなら自信がないからです。突かれたらボロが出るから、それが怖くて「規制」=「言論出版妨害」するんです。

一つ、はっきり言えることがあります。不特定多数の学会員も、間違いなくこのブログを見ている、ということです。だからこそ、じゆさんを自由に発言させるべきだと僕は考えます。

じゆさんとのやりとり、換言するなら、「ちっとも成り立っていない噴飯ものの対話」を見て、多くの学会員が目を覚ますことを強く希望します。

Unknown (じゆ)
2009-05-22 19:05:03
モスクワ大学から名誉称号の「第一号」。
モスクワ大学名誉博士
選考会議を終えたモスクワ大学副総長のトローピンは、椅子の背にもたれて、安堵の息をついた。
1975年4月。
同大学の哲学部が提案し、歴史学部等も支持してきた、池田会長への同大学名誉博士号の授与が決定した。
大学の威信をかけた称号。審査は厳格で、選考システムも複雑である。
学内を奔走したトローピンは、篤実な歴史学者。副総長の中では七番目の序列で、スタンドプレーを好まない学究の徒が、目の色を変えている。
日ソ双方から雑音があった。「あなたは創価学会に利用されている」。
外野は騒がしかったが、とうとう学内の意見調整ができた。
       *
75年5月、第二次訪ソ。
モスクワに到着した会長に、名誉博士号の件を伝えると、トローピンは思わず、のけぞった。
「断るというのですか!」
「もったいないことです。おつきあいも、まだまだ短い。これからの私の行動を見ていてください」
心臓の鼓動が高まるのが分かった。
「先生、ぜひとも受けていただきたい!」
ここまできて、あとには引けない。
「先生に受けていただかなくては、私が困るのです」
すっかり困惑するトローピン。香峯子夫人が見かねて言い添えた。
「あなた、捧げたいとまでおっしゃっているのよ。先方も、そのほうが喜ばれるのですから…」
トローピンは、百万の援軍を得た思いで夫人に笑みを向けた。
先方のためになるならば―池田会長は、モスクワ大学の「名誉博士」を受章した。
今日では200にも及ぶ、世界の学術機関からの名誉称号の「第一号」である。
学術称号の受章について、とかく詮索する向きがある。しかし、もともと会長は頑として固辞したのである。この事実は記憶されてよい。

沢山の方からコメントをいただいて、すべてのコメントの反論にはなっていなかったと思います。

出来ればテーマを一つにしてもらえるとありがたいです。

あと、感情的なことはブログでは意味がないので、省かせてもらいます。
じゆさんのコメントは (ナウシカ)
2009-05-22 20:22:56
自己暗示ではないかと思います。
目が覚めてしまうのが怖くて、人に訴えるというよりは自己暗示をかけるために書いているのではないかと。
だから対話が成立しない。

実際、学会指導では、相手が聞こうと聞かなかろうと、話を聞かせていけという指導もあるし。
それが福運に繋がっていくと。

たぶん不安なんだと思いますよ。
面と向かっては言いにくい”仏法対話”であっても、ネットで匿名なら書きやすい、それで書いているのもあるかもしれません。
本当は組織の中でも浮いている存在なのかも(失礼)

本当のことを気づいてしまって精神崩壊して自殺していく人が、中堅幹部の中で後を絶ちません。
自己防衛反応なのかも。

または本部職員か?
本部の中に、ネット監視が仕事の職員がいますからね。
彼らは心からそう思ってしているのではなく、仕事だからやっている。
このご時世、学会をクビになったら次の職場が見つかるかどうかわからない。
なので必死なのかも。
発言がマニュアル化してますもんね。
追加 (じゆ)
2009-05-22 23:44:17
欧米などには、都市が深く尊敬する偉人を讃え、一層の友好を念願して「市の鍵」を贈呈する伝統があるそうです。かっての都市というものは、城壁で囲まれていたのです。ですから、その鍵を渡すということは、その人物に「都市の生命を預ける」ことに通じるんだそうです。

『(市の鍵は)わが市は、いつでも扉を開けて池田会長をお待ちしていますとの敬愛の思いを込めたものです』(ブラジル。サンパウロ市:キンタス市議会議員)

そんな思いが詰まっているとは全然知りませんでした。

また、アメリカ・サンフランシスコ市からの「市の鍵」は、イギリスのチャーチル元首相やゴルバチョフ元ソ連大統領など、国家元首などだけに贈られてきた、市としての最高の顕彰なのです。

もう数え切れなくなっていたのですが、池田先生が世界の各都市から贈られた「名誉市民」の称号は「640」にもなるんだそうです。凄いですよね!また、奥様へも「200」を数えるそうです。全く知りませんでした。歴史的にみても、偉大な男性の側には、必ず偉大な女性がいるものです。あなたが「うちの愚妻が・・・」なんて言ってるのが謙虚で言ってるのかどうかは、あなたを見れば解るのです。「愚人には愚妻」しかありえないのですよ。

しかも、先生が顕彰を受けられる陰には、必ずその地域のSGⅠの同志の地域貢献の実証があります。ですから先生は、「皆様を代表して」と良く言われるのです。

ゴルバチョフさんのエピソード (ナウシカ)
2009-05-23 02:19:54
前にも他所で書いたことなんですけど、ある最高幹部に直接聞いた話。

ゴルバチョフさんが大統領を辞して、民間人として初めて訪日した時。
日本政府も要人たちも、親交のあった人たちも誰も空港には出迎えず(まぁ~仕方ないか)、かつてのゴルビーブームとは打って変わって、マスコミも注目もしてなくて、ひっそりしてるなか、池田名誉会長一派が出迎えます。

そして手厚い歓迎。
帰国する時も、池田名誉会長はゴルバチョフさんの手を握り、肩を抱き、全身で激励。
『あなたの時代はこれからですよ、まだまだすることはあります。
使命を果たして下さい。
私たちは、いつでもあなたを歓迎します。
あなたは、私たちの大切な大切な友人の1人なんですから』

ゴルバチョフさんは涙を浮かべながら、感謝の言葉を述べ、新たな力を得て帰られました。

そして、空港でゴルバチョフさんの姿が見えなくなると、池田名誉会長はそばにいた側近たちに言いました。
『彼の時代はもう終わったな』

さっきまでの態度とは打って変わって、あまりにもあっけらかんと述べられるので、それを聞いた幹部もすぐには状況が飲み込めなかったそうです。
人生の師匠の言葉なので、言葉のまま受け取らず、その言葉には何か深い意味があるのだろうと考え、思い悩んだそうです。

でも、それ以外にも、池田名誉会長の裏表のある顔を見るにつけ、やっとあれは言葉どおりの意味で、池田名誉会長が本当に思ったことをそのまま口にしたのだとわかったそうです。
つまり天才的な詐欺師。

こういうこと、一般の会員にも使う手なので、だからみんな池田名誉会長のことだけは悪く言わないんですよ。
Unknown (真樹)
2009-05-23 02:39:27
なんかとっても面白いのですが(笑)。

じゆさんに質問です。
何をしたから、イケダさんは名誉称号を貰って
らっしゃるんでしょうか?。

是非答えていただきたいです。
“MY”な人へ (トニー)
2009-05-23 03:48:59
ナウシカさんの意見に賛成です。

じゆさんのカキコミも一通り読みましたが、同じ人物の文章とは到底思えないほど調っています。

多分このブログで起きたことを幹部に相談し、指導を受け、急ごしらえで集めた学会に都合のよい情報をそのまま書き写しただけと考えます。

行間から伝わってくる感じから、いかにも学会系の出版物独特の香りがしますもの。その「毒牙」ならぬ「毒香」にやられた人にとっては、とても有り難い内容なんでしょう。が、「勝手に値打ちコイてるだけ」です。「組織の頂点に立ち、誰からもなんにも言われなくなってしまった人をヨイショしているだけ」の内容に、一体なんの価値があるというのでしょう。「毒香」に対して免疫を持つ僕らは騙せませんよ。書くだけ無駄です。ナウシカさんの言う通り、「自己暗示」としての効果ならあるでしょう。が、自己暗示なら、自分の頭では何一つとして考えることが出来ない「身内同士」でやってください。ここはアンチ学会のブログなんです。これだけ言ってもじゆさんが来るのであれば、空気はおろか文字も読めない人なんだなと断定します。

あっ、いっときますけど、「ヤキモチ」じゃありませんからね。鍵も勲章も、ちっとも欲しくありませんもの。だいたい、嫌気がさして抜け出した組織やそのリーダーに、どうしてヤキモチを焼くというのでしょう。嫉妬するぐらいなら、最初から本尊を破いたりはしませんよ。

それではごきげんよう。
追記…。 (トニー)
2009-05-23 04:00:18
MYさんへ
学会をヨイショしている「ご用学者」がたくさんいるのと同じように、ヨイショしている地域や国もたくさんあります。

もし反対に、学会を「カルト指定」した、フランス等々の国が、指定を解除し、鍵を渡したというなら、学会批判はやめますよ。

どうせあなたのことだから、「カルト指定」されてることさえ知らないでしょうけどね。

それともまた学会の主張の受け売りですか?「カルト指定するのは、学会を正しく理解してないからだ」って。「カルト指定」されたことそれ自体が問題なのに…。
Unknown (じゆ)
2009-05-23 12:37:52
真樹さんへ。
受賞の理由は、聖教新聞に書かれています。
学会のホームページに載っています。

やはり、文章では、限界がありますね。
どちらが嘘で、真実かは、一人一人が、判断するしかないでしょう。

信仰の実感も体験しなければ分からないことですから。

もう、これで終わりにします。
スピノザの『神学・政治論』から (ナウシカ)
2009-05-23 13:47:49
「もし、人間を誤りの中に留めおき、恐怖心を宗教の美名で彩って、人間を抑圧するために利用し、そして人々が自らの隷属のためなのに、幸福のためと思い込ませて戦わせる。
また、名誉欲のために、血と生命を捨てることを恥ではなく、最大の名誉であると思わせる。

……そのようなことが独裁制の最高の秘訣であり、独裁制の最大の関心事でであるとすれば、自由な国家にとって、これ以上の不幸なことを考えることはできないし、可能でもない」(岩波文庫p.44)
あんなたらたらと (果実です)
2009-05-23 13:51:58
あんな新聞をたらたらなべて。挙げ句の果てに、創価ネットで見れますよって?学会員は、ネット見ちゃ駄目!とかいいながら、最後は創価ネットを見ろと言う。矛盾してるよね。じゆさんのMCはかなり重症ですね。私達の質問に対する答えは?どうしましたか?トニーさんの言う通りに、ブログを見せて、書き込みしてたんでしょう?もう書くこともないし、時間の無駄ですもんね、選挙モード入りつつあるんでしょ?で、言いたいだけ、言ってトンズラか~よく学会員の使う方法ですね。会話が成立しない。新聞読んだって、理解できるはず ないでしょ~よく考えて。
シニカルでゴメンね (トニー)
2009-05-23 14:42:36
どうやら文字は読めるみたいなんで“MYさん”は撤回します。たいへん失礼いたしましたm(._.)m
でも、負け惜しみの言い逃げには笑えましたよ(どうせホントはまだ見てるんでしょ?)。


>どちらが嘘で、真実かは、一人一人が、判断するしかないでしょう。

信仰の実感も体験しなければ分からないことですから。

ここは学会に都合の悪い情報の百貨店ですからね。ナウシカさん流に言うなら、「自己暗示が解けてしまう」のが怖くて逃げ出したに違いありません。
「学会の受け売り」=「自分の頭で判断する力なんかない」くせに、“一人一人が、判断するしかないでしょう。”だなんて笑止千万(o^O^o)

“信仰の実感も体験しなければ分からない?”それが体験できたなら、学会なんか辞めてませんよ。ましてや本尊を破り棄てるなんて、そんな恐ろしいこと出来るわけがない。自分の頭で考え、「価値がない」と判断したから出来たことです。

「いつか罰が当たるぞ!」とでも言いたいなら、なぜそうなるのかを「物理的」に説明してみてください。どうせ「観念的」なことしか言えないんでしょ?「大聖人がそう言うんだからそうなんだ」とかなんとか。
宿業?悲惨な死に方をした学会員だってたくさんいますよ?宿命転換できるんじゃなかったんですか?

追伸。…学会の会合のせいでインフルエンザが流行したらどうやって責任取るのか、答えないで逃げるのは卑近ですよ。
学会の活動 (軒ちゃん)
2009-05-23 15:02:12
じゆさんという人がコメントにきました。私は罵詈雑言やひどい攻撃でなければ原則的にコメントは受け入れてきました。

じゆさんはこれで終わりにします、とのことでしたが、どんな立場からの投稿なのか、ナウシカさんならずとも興味はあります。

じゆさんは何度言ってもほとんど学会の公式見解のような言葉の繰り返しでした。

もし一連のコメントが、じゆさん一人だけによる、考えの披露だとしたら、”学会に入ったらこうなっちゃう”という見本のような感じがします。

自分で考えて物事を言ったら、上から叱られるところです。

学会幹部の誰かにこのブログを見せて、その人たちの言うままに書いたのかもしれません。

それにしても学会の会合に出ればいつでも聞かされることを延々と繰り返されたのには、あきれました。
皆さんへ (トニー)
2009-05-23 15:48:33
>じゆさんは何度言ってもほとんど学会の公式見解のような言葉の繰り返しでした。

もし一連のコメントが、じゆさん一人だけによる、考えの披露だとしたら、”学会に入ったらこうなっちゃう”という見本のような感じがします。

これには笑いました。「笑っちゃいけない、笑うところじゃない」と、分かってはいても止まりませんでした。

彼のおかげで退屈しなくてすみました。感謝の気持ちでいっぱいです。

なお、僕自身、少し毒舌が過ぎたかなと反省の気持ちがない訳でもありません。学会への恨みを、ここぞとばかりに晴らしてしまいたい気持ちがあったのでしょう。不快に思われた方がいるかも知れません、申し訳ありませんでした。
じゆさん (果実です)
2009-05-23 17:13:35
もう、やめますってどう言うことですか?十六さん、真樹さん初め私達の質問に答えてくれてないですか?自分の意見ばかりつらつらと書き込みしながら、ただの自己満足でしょうね。よくいるんですよ。そー言うやからが!!すっきりしましたか?じゆさん?一方通行では会話が成り立ちませんよ。じゆさん、あなた、働いているの?家族養ってますか?たくさんの学会員と話し合いをしながら、いつも、一方通行。私から見れば、気持ち悪いんですよ。自分の言葉で、分かりやすく答えて下さい。いい迷惑ですよ。リタイヤしないで下さいね。
Unknown (トニー)
2009-05-23 19:11:22
果実さん>

もういいですよ。逃がしてやりましょうよ。「武士の情け」と言うじゃないですか。

どうせなら「撃墜」してやりたいという気持ちは分からないでもありません。が、「撃破」だって立派な戦果ですよ。

「勝って勝って勝ちまくれ」とか、「追撃の手を緩めるな」とか、慈悲のかけらもないどこかの宗教の教祖さまみたいな真似はやめましょうよ。

彼が「言い逃げ」をしたのは、勝ち目がないと解ったからなんですよ。彼が目を覚ますことを祈ってやろうじゃありませんか。
トニーさんったら (果実です)
2009-05-23 23:29:37
さすが、トニーさん!心が大きいですね、そうですねえ~「追撃の手を緩めるな!勝って勝って、勝ちまくれ!」が池田さんの合言葉でしたものね~まぁ今回は「逃げるが勝ち!」で一件落着といきますか?学会員は最初こそ、のーがきをたれますが、最後は「逃げるが勝ち」なんですよね。巻く引きしましょ。チョン!!!
Unknown (真樹)
2009-05-24 01:11:28
じゆさん
>受賞の理由は、聖教新聞に書かれています。
>学会のホームページに載っています。

「自分の言葉」で書いて欲しかったです。残念。

なんだー、つまんない。
逃げちゃったのか。
って、まだ読んでいるでしょうけれど。

こういう人を見る度、自分の言葉で考えたり書いたり
出来ない人が、ガッカイに疑問を持った時、MCから
解けるのは、狂う程に辛いことに、なるだろうなあ、と。
それをしくんでいるのは誰なんだ?と思ったり。

私は優しいので(笑)、こういう人を見逃します(^_^)v。
自分のこと考えようっと。

軒ちゃんはソレで病気になった人とか、不安定になった人を助けてらっしゃるので、尊敬します。
だって、誰だって敬遠したいと思うので。

どんどん研究材料にしちゃって下さい(笑)。
そして、メザメて楽になる人が増えますように。
勉強になりました。 (他宗教のアール)
2009-05-24 08:29:53
じゆさんと常連さんの
コメントのやりとり、参考になりました。

それは、私自身が教団と示談している流れと
全く同じで、
議論も回答も全く無い
煙にまかれたような後味の悪い気持ち
そっくりでした。

客観的に観たら
教義を信じきった頭ガチガチで
自分で考えるチカラの無い人とのやりとりは
宗教は違えど、同じなんだな。
時間のムダ。労力の無駄なんですね・・・。

相手を納得させることも
被害者の言い分を受け止めてもらうことも
所詮、ムリなこと。
いくら教団に騙され人生狂わされても
諦めなきゃいけないことも
世の中にはあるんだって痛感!

 じゆさんのコメントにつきあっていても
虚しいだけだもの・・・。

私は果実さんと同じく宗教で家庭内を
ひっかきまわされた被害者だから
じゆさんみたいな人が来ると
本当にイラッとします。

教団賛美ばかりで、
デメリットを被った人の悔しい気持ちを
わざわざアンチブログに逆撫でしにくる人最低です。

しかも売ったケンカを途中で放り出して
退散なんてカッコ悪い。

トニーさんは言いすぎじゃないですよ。

教団や現役信者に理解してもらうことが
困難だって、よーーーーーーくわかりました!!
身にしみました。
真樹さんへ (果実です)
2009-05-24 08:51:55
じゆさんに、何を言っても、無駄ですよ。ただ新聞や大百をまるごと、写して書いてるんだから、私達の言葉なんて、耳に入らないどころか、聞く耳もたない。対話が成立しないですし、私の主人もそうでしたから、「俺達、池田族!」なんですから。第一にこのブログに書いてるのが、そもそもの原因なんですから、池田さんの悪口等、許さない!それが蟻でも、ぞうのように、踏みつけて勝のだ!が先生の口癖です。いちいち聞くのも、馬鹿らしいですよ。相手にしないほうが、賢明ですよ。先生の為に生きる?家庭が崩壊しても、公亘流布のほうが大事です。
Unknown (トニー)
2009-05-24 09:02:17
真樹さんへ>


こういう人を見る度、自分の言葉で考えたり書いたり
出来ない人が、ガッカイに疑問を持った時、MCから
解けるのは、狂う程に辛いことに、なるだろうなあ、と。
それをしくんでいるのは誰なんだ?と思ったり。

まったく同感ですね。ナウシカさんのコメントにありましたが、まさに「天才的詐欺師」の被害者なんですよ、彼は。
かわいそうですよね(1番イジメた僕が言うのはなんですが…)

あと、じゆさんへ>
「追撃」はしませんが、もしまた来るのであれば「“迎撃”」の手はゆるめませんからね。あなたには心痛な言葉の連続になるでしょうが、MCから目覚めてもらうことが目的だからです。医者が注射をするのに、相手が痛がるから出来ないとは言わないはず。

ちなみに「トニー」というブログネームは、僕の大好きな陸軍三式戦闘機・飛燕が、連合国軍から“トニー”というコードネームで呼ばれていたところからいただきました。
高度一万㍍で編隊を組める日本で唯一の戦闘機で、B29に対して非常に有効な戦果を上げたことで有名です。
分かります?“迎撃”はお家芸なんですよ(笑)。
マニアックなウンチク、失礼しました。
質問です。 (トニー)
2009-05-24 14:50:26
軒ちゃん先生へ

いわゆる、「サブリミナル効果」と言われる技法がありますよね?
ずばり、創価学会がそれを利用している可能性って考えられませんか?

同中のような「映像」はもちろんのこと、出版物にだって応用できるんじゃないかと前から考えていたんです。行間とかの空白に、目には見えないぐらい小さな字で「学会は正しい」ってビッシリ書いてあるんじゃないかなぁって…。

実際活動家の家の本棚って、不自然なぐらい学会の本ばかり並んでるじゃないですか?
似たようなものばかりじゃ、栄養が片寄って不健康になるのは心だって同じだと考えます。
サブリミナルの可能性 (軒ちゃん)
2009-05-24 15:08:18
トニーさんへ。

学会がサブリミナル効果を狙って作為していることは十分、考えられますね。

テレビ局での放映が問題になったこともありますね。

すべての人に同じ効果があるわけではなく個人差がありますが、強く効果を受ける人は間違いなくいるでしょうね。

危険と思われる映像は、長く見たりしないほうがいいですね。
私は駒? (果実です)
2009-05-25 14:09:06
それじゃぁ、私はおとり駒だった。利用するだけ、利用して、家庭や当時の娘のことは何もせず。主人との会話なんて暇もなく、婦人部幹部は平気な顔をして、「ご主人は」公布のために働いているんだから!感謝が足りない!」挙げ句には、ダンナに感謝しろって。私の家に来たら、「いんやぁー素敵で、綺麗ずきなこと!私達、幹部はそんなかたずける暇まないわぁー」ピンクのパステルスーツを来て、似合わない化粧をして、私に文句や、最後に連れ子なのに、ダンナ樣に。「感謝!が足りない!」と一喝ですよ。あんたの化粧とピンクのスーツは生ハゲみたい
話、通じず… (青空)
2009-05-25 19:28:45
軒ちゃん先生、皆様こんばんは。
先日、婦人部長のアポなし訪問がありました。前から選挙活動は一切やりたくないと言ってあったのに、都議選の応援を、と言うのです(ちなみに地方在住)。やりたくないと言う話は聞いたけど、気が変わってたらと思って来たと。しかも否活動になって1年以上です。その選挙の話から学会に対してちょっと批判的な事を言ったら「魔が入ってる、命が汚れてる」と言われました。疲れました。もっと色々言いたい事がありましたが、結局、疑問を投げかけても誠実な答は返って来ないんですよね。
MCって怖いですね。ちょっと前の私もじゆさんみたいでしたもの。MCから解放されて行く過程はかなり苦しいですが、時間が解決してくれていると思います。罪悪感とかが薄らいで行くし…。まだ退会には到っていませんが…。

軒ちゃん先生、その節はアドバイスありがとうございました。

支離滅裂でごめんなさい。
Unknown (じゆ)
2009-05-26 14:21:26
来るなといったり、逃げるなといったりどっち?

ナウシカさんへ
では、その最高幹部の話の証拠を出してください。


じゆさん (ナウシカ)
2009-05-26 19:10:24
>では、その最高幹部の話の証拠を出してください。

いずれ明らかになると思いますから、気長にお待ち下さい。
その場にいた数人の幹部が聞いた話ですし、証人はたくさんいますから。
やっぱり (ふわふわ)
2009-05-26 19:47:48
日本語通じないですね
むしろ・・ (十六夜)
2009-05-26 20:45:22
じゆさんが何をしたいのかがよく解らないです・・・
あなたは… (果実です)
2009-05-26 20:45:29
〈くるなと言ったり、逃げるなと言ったり、どっち?〉とありましたが、じゆさんが新聞、大百をまるごと移した言葉に対して、キチンとした、自分の声で書いたら、こんなことにならずにすんだんですよ。〈その最高幹部の話しの証拠を出してください〉学会員はいつもそうやって、話し合いもせず、姿をけしますよね?〈証拠〉を見せろ!!都合のいい言葉ですね。いつもよく使う、学会幹部と同じ手口。うんざりです。じゆさんがキチンと自分の答えもせず、 〈証拠を見せろ〉は皆を馬鹿扱い してるのと同じではありませんか?
Unknown (じゆ)
2009-05-26 23:06:49
ナウシカさんへ
いつまで待てばいいのでしょうか?
一応そういう最高幹部がいたとして、学会から給料もらいながら、陰で讒言しているのは卑怯ですね。
日蓮正宗(日顕宗)、山崎正友と一緒ですね。

果実さんへ
僕が直接知らないことは、新聞の情報で答えるしかないじゃないですか。


いわんこっちゃない (果実です)
2009-05-27 01:19:57
皆さんの書き込み、ごらんになりまして?じゆさんが自分の力もじゆさん本人の言葉で、説明しなかった。じゆさんのマニュアル通りに、しゃべって、いるから、皆さん、不快な思いを持ってます。ですから、答えを聞かせて下さいと言ってるだけですよ。他人に会話ひとつ、できないひとが、学会員ですか?他人と対話ができないのが、池田門下生ですか?自分の意見しか言わない、他の人間に、世界平和ができますか?最後に ふあふあさんの「日本語が通じないようですね」あれが一番 大笑い まんてんでーす。
うけましたね。 (果実)
2009-05-27 01:31:51
ふあふあさんの 「日本語が通じませんな」の一言で爆笑! 大笑い満点でぇ~す!
Unknown (じゆ)
2009-05-27 02:01:56
果実さんへ
よっぽど学会幹部にひどいめにあったのですね。
でも、人を憎んではいけません。
自分が損をします。
自分自身に生きるのです。
まわりや、環境のせいにしても解決しません。
人のために生きれば自分も幸せになれます。
明るく前をみて生きるのです。
言い掛かりと思われたくないけど (十六夜)
2009-05-27 09:52:37
なんでじゆさんは常に上から指導を垂れるような感じなのかな。
学会員と話していつも思うけど、どうして上から目線なんだろう。
地元幹部見ていても、自分は正しいから何してもいいんだという傲慢さを感じます。

なんで学会員は肩書きに囚われ、名聞名利を貪るんだろう。
活動を続けると、自分が嘘つきになっていく気がします。
おはようございます (軒ちゃん)
2009-05-27 10:27:02
活発に盛り上がっていますね。じゆさんも、ご自分の言葉で書いていただくとありがたいのですが。

青空さんへ。
マインドコントロールから抜け出すのは大変ですが、青空さんはよくやってこられましたね。これからもここへきてください。

十六夜さんへ
>なんでじゆさんは常に上から指導を垂れるような感じなのかな。
学会員と話していつも思うけど、どうして上から目線なんだろう。

おそらく自分たちは正しく、間違った考えを持つ人たちに正しいことを教えるのだ、という発想があるからだと思います。

じゆさんへ
果実さんへの言葉:
「果実さんへ
よっぽど学会幹部にひどいめにあったのですね。
でも、人を憎んではいけません。
自分が損をします。
自分自身に生きるのです。
まわりや、環境のせいにしても解決しません。
人のために生きれば自分も幸せになれます。
明るく前をみて生きるのです。」

池田名誉会長は、自分自身のかつての同志が、池田氏が気に入らない、何か自分の自由な意見を言ったりしたりすると「裏切り者」扱いになり、途端にひどい罵詈雑言を浴びせるのはもう常態化してますね。

聖教新聞を読めば「でも、人を憎んではいけません」とは、学会の活動家ならとても他人には言えないのではないでしょうか。

同時中継でも同じで、はじめに幹部の、敵対者に対する罵詈雑言が来ます。

むしろ、「人を憎め」と教えているような感じがします。

じゆさん (ナウシカ)
2009-05-27 12:55:55
表で意見した人は皆、左遷されたり、除名されたり、反逆者扱いされて、酷い目にあってます。
一般会員向けには大袈裟に誇張され、または濡れ衣を着せられ、完全に悪者扱いです。
池田氏や大幹部が言えば、聖教に載れば、ほとんどの会員はそれを鵜呑みにし信じてしまいます。

陰で言うしか方法がないですね。
学会員に付け回され、自殺に追い込まれた某議員のようにならないために。
新聞 (ふわふわ)
2009-05-27 15:53:19
精強新聞で真実はテレビ覧だけという人もいますよね
じゆさん (ナウシカ)
2009-05-27 16:45:49
>でも、人を憎んではいけません。
自分が損をします。
自分自身に生きるのです。
まわりや、環境のせいにしても解決しません。
人のために生きれば自分も幸せになれます。
明るく前をみて生きるのです。

そうやって、なんでもかんでも我慢して、自己犠牲で学会に尽くしても、自分が損をします。
NOのと言うべき時には、しっかり言わないと。
誰も責任は取ってくれませんからね。

大切なのは、自分の身体を大切にすること、家族を何より大切にすること、また友人との関係など。
それらを蔑ろにして学会に尽くすことなど、人のためならず、自分のためならず、幸せにはなれません。
やはり上から目線 (果実です)
2009-05-27 17:01:28
じゆさんニ、説教される、筋合いはありません。不愉快です。やはり、じゆさんはMCが入ってますね。「自分が変われば、環境もかわる」何千回同じ 台詞を聞いたことか。じゆさん、あなたは私が学会組織から、どんなに意地悪され、利用され使い者にならないとわかったら、リストラの様に、首を切り、悪口を言われて、どんなに酷い仕打をされたか、知らないでしょ?時には環境を変えるのも、人間には必要です。そしてまた、池田さんの口真似をして、指導してるつもりですか?それこそ、対話じゃない!上から目線で鼻を高くして、説教ですか?呆れます
Unknown (じゆ)
2009-05-27 17:45:00
たしかに戦えば戦うほど傲慢になります。
それは、先生によく叱られました。
ただ、人を不幸にする悪とは戦わなければなりません。
信心して幸せになることは間違いありません。
私の知っている人で退転して幸せになった人は一人もいません。
他に幸せになれる方法があるなら教えて欲しいです。
今は信心をやめさせようという勢力(三障四魔)があまりにも多いから,戦わざるをえないのです。

初めて伺いました (kan)
2009-05-27 17:58:40
日記、幾つか拝見させて戴きました。
そのとうりだな・・・そう思う事柄が多かったです。

私は学会二世で学生時代から活動し始め、20代の頃はバリバリの活動家でした。
ただ、個人の都合より組織を無理強いするところがあり矛盾は感じてましたが、嫌な体験もしましたがまだ人生経験も少ないし将来を見て判断しようと思っていました。

将来は福運あふれる境涯になる!
経済的にも健康上もとても幸せになる!
絶対に間違いない!
何度もそう聞かされると、そんな気になり・その気持ちが確信めいたものになっていきます。

30年近く経過しました。
何十年も自腹で活動し、言われるままにモノを買い、寄付を続けてきた周囲の活動家の人達。
人間的にも生活的にも、向上した人は見事に一人もいませんでした。

でも、現状維持ならまだましなほうです。
若いのにがんや大病で亡くなった人、倒産した人、その上に家まで無くした人、自殺した人・・・そういった人がとても多いのです。
みんな口に出さないけど、陰で話してます。

教義は仏教学者じゃないし、みんな素人です。
問題は現実生活が・人生がどうなっていったのかだと思います。
もうガタガタで悲惨な人が多いのです。
なんでここまで人生が悲惨になるの?
そう思わせる人が多いのです。
どこが宿命転換なのでしょう?^^;。

私が一番呆れてるのは、そういう会員さんたちを池田氏は一切助けないことです。
懸命に自腹で活動し、モノを買い寄付をしてくれた会員さん達のおかげで贅沢な暮らしが出来てるではないか!
池田氏にとって会員さんたちは大恩人ではないか!
数千億円のお金を持ちながら、何故困った会員さんを助けてあげないのか!
そう思います。

じゃあ、キッパリ脱会すればいいじゃないか!
でも現実はいろんなしがらみや人間関係があり、商売上の取引とか、いろいろ絡んでてそう簡単にはいかない・・・そういう人も多いです。

主婦が活動家や幹部だと困りますね^^;
ウチがそうなのですが、時間とお金を費やすので現実には困っています。
でも妻は、それが生きがいなのでそれを奪うのも忍びないしなぁ。。。などと思い日々が過ぎています。
人間的にはいい人なのですが、学会のことになると狂います。(笑)
Unknown (じゆ)
2009-05-27 18:39:12
軒ちゃんへ
これ以上議論しても平行線なので人道的競争をしましょう。
どれだけの人を幸せにしたか。
微々たるものですが、私はパチンコ依存で、借金苦の人を救いました。
母の魂も救いました。
新しく入会した2人は、元気に活動しています。
自分も学会に救われました。
先生からも救われてきました。
批判だけなら誰でもできます。
今、私は幸せです。


じゆさん (ナウシカ)
2009-05-27 19:36:04
>他に幸せになれる方法があるなら教えて欲しいです。

いくらでも幸せになっている人はいますよ。

井の中の蛙なんですよ。
学会という小さな、しかも極々狭い単位の世界しか知らないんですね。
コメントにオリジナルの具体的な言葉が一つもありませんもの。

全部、学会幹部の受け売りですもんね。
そういう言葉なら、じゆさんでなくても誰でも言えます。
議論? (ふわふわ)
2009-05-27 22:27:45
じゆさんの独り言かと思っていました
幸せの基準 (軒ちゃん)
2009-05-27 23:04:31
じゆさんは、本人が学会活動するようになったことを以て「幸福になった」という考えです。

ところが私がこのブログで書いてきたことは、学会活動の結果、いかに多くの人が苦しんできたか、ということです。

私は大学に勤務する心理学専門の教員です。私にできることは、彼ら・彼女らの心理療法でした。このブログをよく読んでいただければわかります。

したがって私の立場は、苦しみの原因(=創価学会)から解放する、ということを以て、本人の役に立てたということです。

ですから何人救ってきたか、などは、お互いに議論にはなりえないんです。なお、学会関連の場合は全部、ボランティアでしています。

臨床心理士たちの多くは、嫌がってやりたがらないんです。

さて、今まで私は、1回だけのカウンセリングを含めればかなりの数になりますが、「よくなった」という基準も本当は難しいんですが、明確に効果の出たのは13人ぐらいです。ほとんどが女性(女子部、婦人部)です。

症状は、多重人格、解離性障害、幻覚、抑うつ(体を動かせないほどのもの)など広い範囲に及んでいます。
13人のうち6人は、学会活動から離れて、非常に元気になりました。それぞれの性格によって、とても明るくなったり、物静かになったりいろいろですが、いずれも本人が自力で考え、這い上がることができるようになりました。

この「自力で考える」というのはとても重要なことです。

13人のうち残り7人は、学会から完全には離れてはいませんが、ほぼ全員が自己主張のスキルと態度を身につけました。

つまり、自分の心に正直になり、学会活動といえども、また幹部の指導といえども、そのままでは受け入れず、自分で考えていやなことにはNo!と言えるようになったのです。

これらのクライエントは全員が、精神科や脳外科などにあらかじめ行って、異常のないことを確かめてもらってます。

私としてはこれからも、創価学会組織に頼らない自立した人になれるよう援助を続けて行きます。
学会員は (ナウシカ)
2009-05-27 23:06:27
ほんとに競争することが大好きですよね。
救った救われたという話も大好き。

可哀想に…
Unknown (独り言)
2009-05-27 23:18:44
ほろ酔いおじさん我慢できなくなりました。
申し訳ございません。独り言にピピピときたもので。

私は無宗教ですが、じゆさんの人道的競争をしましょう
とは貧乏、犯罪者、あらゆる病人、競争、創価がダントツ

インドから40年ぶりに帰国の佐々井秀嶺常識さん
1億人仏教徒のリーダです。カースト以下の人々の中に
住み、仏教を広め笑顔を、自信をあたえてますが。

学会員から金をださせ、洗脳だけの人生、選挙だけの人生

じゆさんの人道的競争をしましょうよ~

インドで1億人仏教徒のリーダは日本人ですよ。
Unknown (じゆ)
2009-05-28 01:13:38
ちなみに隣のアパートの学会員さんは脳内出血で、言語障害になりましたが、今では、元気になっています。
たしかに退転すれば楽になるでしょう。
しかし幸・不幸は途中では分かりません。
死ぬ時に分かるでしょう。
初代会長は軍部権力により獄死、2代会長は2年間の投獄、3代会長も投獄、10年間右翼に罵倒され、週刊誌に悪口され、会長まで辞めさせられました。
それに比べれば少々の苦しみはたいしたことありません。
師弟の信心をつらぬかなければ、本当の功徳はありません。
学会を誹謗していたひとも、死ぬときはお守り御本尊をにぎりしめてなくなっていきました。
学会を誹謗していたあるひとは、死ぬ少し前に元気に学会歌の指揮をとっていたそうです。
私は、歓喜の臨終を楽しみにして、生きて行こうと思います。
生命は永遠なのですから。


Unknown (じゆ)
2009-05-28 02:41:08
そうそう先生はそんなにお金もっていませんよ。
給料は700万。
書籍の印税は全部財務しています。
Unknown (じゆ)
2009-05-28 03:20:39
一方日顕は、世田谷豪邸に10億。
正本堂破壊に50億。
これらは、ほんの一部。
かなり贅沢な暮らしをしてますよ。
じゆさんへ (軒ちゃん)
2009-05-28 06:54:50
創価学会の公式見解に沿ったコメントを流し続けるのは、そろそろおやめください。ご自分の考えで創価学会について論じてください。

さもなければ、この辺でお引き取りください。

失礼ながら、うんざりします。
自己満足 (青空)
2009-05-28 08:14:04
昨日、本部長のアポなし訪問を受けました。都議選の話です。選挙活動が一番功徳が大きい、宿命転換が出来る、福運がつく等々…。もう、うんざりです。選挙の時だけ家庭訪問。本部長と話ていると学会を信じていない、活動しない自分がダメだと感じて来てしまいます。

外部の夫にその時の事をちょっと聞いて貰いました。夫は「高校の時の同級生から選挙の時だけ電話があり公明党を頼まれた。結局、自己満足なんじゃないの」と言ってました。F票を競争の様に集める。私は信仰と選挙活動がどうしても結びつきません。否活動になる前は嫌だけど選挙活動もしました。親戚、友人に嫌われました。

学会の人と話すと凄く疲れます。気持ちが荒れます。
本当は退会しちゃえば良いのだけれど、今迄の自分は何だったんだろうと、辛くなります。苦しいです…。
Unknown (十六夜)
2009-05-28 10:15:05
私は活字といえば学会の書籍類しかなく、全てを学会に捧げるような家庭に生まれ、ごたぶんにもれず(たいていは信心からみで)暴力を受けて育ちました。活動も若い頃は断ったりせず一生懸命活動しました。
今三十代半ばです。数年前から生活保護を受けてます。今精神病院の入退院を繰り返しています。

幼いころより中途半端な仏教の知識や哲学を仕込まれ、一切の物事に価値が見い出せないで苦しんでいます。
学会のなかにしか幸福と永遠はない。世間は無価値だし滅んでいく、と。だから世間で努力なんかするな、と。
「ガキは広宣流布の邪魔だ!敵なんだ!」と叫んで殴りつける父親を、拒んだこともありません。

センセーは平成14年度、所得税を1億7千万以上納めたそうです(四ッ谷税務署は以前はそういうのを公表していたそうです)
その年の推定年収は5、6億らしいです。

でも慈悲を垂れてはくれません。
いくらお手紙を出しても、一度も返事もくださりません。
Unknown (十六夜)
2009-05-28 10:57:45
今の若い人は日蓮正宗について酷い悪口を言う。知らないのに、新聞を鵜呑みにして悪口を言う。
実際正本堂にそんなに思い入れはあるの?入ったことはあるのかな。
私は20年くらい前まで入ってましたよ。
ひどい水漏れがしていて、子どもながらに「この建物はもうダメだな」と思ってました。
立て続けに申し訳ありません (十六夜)
2009-05-28 13:03:56
本当にすみません

こんなことは言いたくないげと…
人間、必ず死ぬのです。
内部だろうと外部だろうと、死は絶対に訪れてくるのです。
じゆさん、死を脅しの道具にしないでください。
死を学会ビジネスのツールにしないでください。
よろしくお願い致します。
有名な話だけど (ナウシカ)
2009-05-28 13:24:36
池田氏は自分の資産を守るために、スイスに預けていたお金を全部ブラジルに移してますよ。
株取引もしていて、個人資産を増やす努力はされてます。

本部職員はそのことを知ってるけど、一般会員には話さないからね~

今、彼は臆病になっていて、大幹部の息子、娘たちの名簿を作って提出しろと言ってるらしい。
不安なんでしょうね、自分の地位、名声が今後どうなっていくのか。
だから師弟不二を強調するのでしょう。

自分は徹底的に戸田先生にいじめられたのにね。
非人道的な人々…。 (トニー)
2009-05-29 19:10:39
>やはり、文章では、限界がありますね。

…と発言された方は、これから書く僕のコメントにはどうかお願いだから反応しないでください。“文字が読めない”からどうせ反応するでしょうけどね。

昨日の夜、活動家だった頃仲がよかった内部の人間とばったり会いました。開口1番、彼は僕にこう言いました。
「お前、麻薬の売人やってるんだってな」
「は?」声がひっくり返ってしまいました。なぜそんなことを聞くのかと質問すると、心外な答えが返って来ました。
「だって、黒人とつるんでるんだろ?」

順をおって説明します。学会から距離をとって間もない頃、車の解体屋をやっている友人の世話になっていたことがありました。三年ほど前のことです。その友人は、工場の中に部屋を構えていて、風呂も食事もすべてそこで賄っていました。
知っての通り、日本車は高性能です。海外、とくに発展途上国では、たとえオンボロ車でも、日本車はたいへん重宝されているのです。従って、その工場には、様々な人種の人々が集まっていました。
そんな外国人の中に、一人気の合うやつが出来ました。ご察しの通り黒人でした。カタコトの英語とカタコトの日本語による会話しかしませんでしたが、僕らは親友でした。
ある日、車はあるけどお金がなかった僕は、お金はあるけど車がない彼にお願いされ、スーパーへと同行しました。そのとき、婦人部の方とすれ違いました。
「黒人とつるんでいた」記憶は、それ以外にはありません。

「噂に尾鰭」にもほどがあります。いくら僕が若い一時期に悪い遊びをしていたことがあったとはいえ、「黒人と一緒にいたから麻薬の売人」という発想の卑しさは一体なんなんでしょう。これは、差別以外のなにものでもありません。非人道的な色眼鏡で、僕の大事な友人を侮辱されたんです。怒りと悔しさで顔が赤くなるのが自分でも分かりました。
「学会には戻らないよ。本尊なら破って棄てた。ひつこく付き纏うようなら法的手段も辞さないからな」
かつての仲間にそう宣言し、その場を去りました。

みなさん、この学会員の発言をどう思われますか?
Unknown (トニー)
2009-05-29 22:23:27
>僕が直接知らないことは、新聞の情報で答えるしかないじゃないですか。

MYさんの言う通り、知らないことは情報媒体を元に発言するしかありません。
たとえば織田信長のことを語るのに、何をもってして「真実」と言うのでしょう?…言うまでもなく、誰かが発信した情報を媒体にするんです。

では、ここで問題です。「学会が発信する情報だけを鵜呑みにする人」と、「学会の発信する情報を知った上で、学会を批判する情報も知ってしまった人」とでは、どちらがより真実に近づくことが出来るでしょうか?

ヒント。
片寄った食生活が、体を蝕むのと同じように、片寄った情報は心を蝕みます(←こういうのを、オリジナルの言葉と言うんです、自画自賛で恐縮ですが)。

「食い違う話がある場合、両方の言い分を追求すれば、必ずどちらかにボロが出る」…かつて聖教新聞に載っていた言葉です。
ならば、外部の学会を批判する情報媒体を、どんどん読ませて然かるべきなのに、学会はそれを奨励しません。だから学会は信用出来ないんです。
昔、もう学会に嫌気がさしていた頃、ある幹部は僕にこう言いました。「幹部の俺がこんなこと言っちゃいけないのかも知れない、でも、確信が得られないって言うなら、もう辞めるしかないよ」。…全ての疑問に答えられるとか、理路整然としていて無理がないとか、カッコイイことを言って勧誘したくせにこの始末です。無責任にもほどがある。自分で作ったモノサシで自分を計り、自分は正しいと激しく主張する人たちとはお付き合いしたくありません。

このブログは、宗教に傷ついた人たちの「オアシス」なんです。
お願いだからあなたの幸福に対する価値観を押し付けないでください。
何が問題か? (ナウシカ)
2009-05-30 01:45:44
私は幸せですとか、かの人はこのように不幸になってるとか、それを基準に正しさの証明というのか、そういう話が一部出ていますが、そんなことは無意味な論争だと思います。

たぶん統計的(人数において)には、学会員であろうとなかろうと、人の幸不幸に大きな差はないと思います。

ただ世間の痛み、人の痛みに対し、恐ろしいぐらい鈍感な人間をたくさんつくり出している学会には問題があると思います。

”そんなことはない!私は人を救っている!”
じゆさんも、そう言われるかもしれないけど、そういうのが勘違いなんですよね。
痛みに麻痺してしまってます。

痛みを感じない病が、一番やっかいです。

自分が不幸であろうと、取り巻く環境が最悪であろうと、痛みを痛みとして感じることができる人は、人として温かみを感じるし、信頼できます。

人としての自然な感性、感情を失わせる学会には、やはり問題がたくさんあると思いますね。
私もそう思います (kan)
2009-05-30 09:36:06
ナウシカさんの「何が問題か?」というコメント
私もそう思います。

常識が麻痺してしまう・・・
そういう感覚の人間になっていく人がとても多い。
「気は確かですか!?」
そう思うような人がとても多いです。
まったく同じ (アクア)
2009-05-30 10:10:18
初めてコメントさせてもらいます。
ざっと読みましたが じゆさんと全く同じタイプの人が地区部長でした。
受け売りの言葉をまくしたてるだけで、相手の話を聞けない。
少しつっこむと いつまでもその部分を引きずってその部分の話しかできない。
相談できる人や友人が居ない。
周りにいる人のほうが病む。

今は上の幹部に医者へ連れていってもらい診断書が出て療養中です。
組織から距離を置きなさい。本当の自分が見えてきます。

自分の中の矛盾が消化できずパニック障害になりかけて組織から離れて2年経ったアクアでした。
恐らくは・・・ (軒ちゃん)
2009-05-31 18:08:41
>常識が麻痺してしまう・・・
そういう感覚の人間になっていく人がとても多い。

kanさんのコメントに出てくる言葉ですが、確かにそう思います。
この場合、やがて学会の裏側も知り、その上で常識の大切さをも密かに知りつつ、表面をつくろうようになる人が、案外、学会の上のほうの幹部には多いのではないでしょうか。

そういう人が一般会員を”指導”する時よく見ていると、建て前と本音を分けて話していますね。

ナウシカさんのおっしゃるのは私の感じた限りでは、”共感的理解”をしようとする態度のない人を問題にされているのではないか、と私は判断します。

アクアさんの
>うけ売りの言葉をまくしたてるだけで、相手の話を聞けない。
少しつっこむと いつまでもその部分を引きずってその部分の話しかできない。
相談できる人や友人が居ない。
周りにいる人のほうが病む。

の件については、私自身としては、そのような地区部長にこそケアが必要ではないだろうか、援助されるべきはその地区部長ではないか、という感じですね。






そうですね~ (ナウシカ)
2009-05-31 19:21:29
ある意味、本音と建前を、自分の中でわかった上で上手く使い分けてる人は、良くも悪くもバランスが良くて、その人自身にはあまり問題がないと思います。

ただ、その本音と建前の区別がつかず、建前の部分が大きくせり出し、本音を食ってしまってるような状態になるとやっかいだと思います。
特に本音と建前の内容が大きくかけ離れている場合。

本当のところでは実情がわかっていて、本音と建前を使い分けている幹部よりも、それが全然見えてなくてわかっていない末端の活動家の人たちの方が問題ですね。
ある意味、彼らも被害者なのですが。
不思議な人々 (トニー)
2009-06-02 12:42:08
みなさんへ>

「対話が成立しない」。
「正しいのは自分、間違っているのは相手という前提でしか人とコミュニケーションできない」。

今回、学会員の典型的な行動パターンをいやというほど再確認しましたね(笑)。

昔、学会から距離を取り始めていたある日のこと、とある学会の先輩と交わしたやりとりのことをふと思い出しました。その話をさせてください。

その先輩から「エネミーライン」という戦争映画を薦められたことがありました。すぐにレンタルして観賞しました。面白いことは面白かったんですが、物語の中に、つじつまの合わない設定があることに気づきました(どんなことかについては割愛します)。
後日、先輩に、その点について話をしました。ところがその先輩、僕の話が終わると、何を思ったのか、その映画のストーリーを説明し始めたのです。
なんてナンセンスなことをするのだろう、と思いました。すでにその映画を見ている人に映画のストーリーを説明するなんて、無駄でしかないじゃないですか。義務教育を終えた人に、文字の読み方を教えるようなもんです(笑)。
先輩の話が終わったあと、「ストーリーなら分かってますよ、だって映画ならすでに見ましたもの。僕は後半におかしな点があるって言ってるんですよ」と、もう一度同じことを説明しました。
が、僕の話が終わるやいなや、「ちゃんと人の話を聞きなよ」と言って、またストーリーの説明が始まったんです。

「ちゃんと人の話を聞きなよ?」こっちの台詞だよ、とツッコミたくなりましたが、言っても分からないんじゃ意味がないから、もうその話は止めようと思い、聞き流すことにしました。

これって今思うと、「自分は先輩だから正しいのは自分の方だ」という固定観念で、正しいものの見え方が出来なくなってしまっている典型じゃないかと思うんです。

ちなみにその映画の矛盾点ですが、元陸上自衛隊員の友人が、僕とまったく同じことを言っていました。「この主人公はどこへ逃げてるんだ?」と(笑)。興味のある方、ぜひ見てみてください。
不思議な人々2 (トニー)
2009-06-02 17:50:48
重複するような内容になりますが、その学会の先輩についてもう一つお話させてください。

僕には、昔、いわゆる「走り屋」をやっていた友人がいます。マンガ“頭○字D”をそのまま地でいくような過激な青春を送っていたようです。
…この友人を、仮に「Y君」と呼ぶことにしましょう。

学会の先輩に、「Y君は自分でエンジンオイルの交換が出来るって言ってましたよ」と話したことがありました。ところがこの先輩、例によってまた噛み合わないことを言い出したんです。
「個人のレベルでエンジンオイルの交換なんて無理だよ」と、車屋におけるエンジンオイルの交換作業がどのようにして行われるのかを延々と語り始めたのです。
そんなの現場での作業を見たことがある人なら誰にだって喋れる話が終わるのを待ってから(知らないとでも思ってるのかしら、と少しイライラしました)、僕はこう言いました。
「これは僕が勝手に言ってることじゃなくて、Y君が言ってることなんです。それなのに、僕に対して、“出来ない”と言うのは筋違いですよ。対話になってない。それとも、Y君から聞いた話そのものを嘘だと言うんですか?」
ところが、何度そう言っても、車屋で行われる作業の説明を繰り返し、「個人レベルではエンジンオイルの交換は無理だ」と主張し続けるんです。そんな意味のないやりとりが、時間にして、30分は繰り返されました。

「分かりましたよ」、と僕は言い、「いくら僕に対して無理だと言ったところで、Y君がそう言ったこと自体は嘘じゃないんで、彼がどうやって自分で交換するのかを直接本人に聞いてきます。聞いたらその内容をメールしますから」と言い残し、Y君に会いに行きました。そしてそのやり方を約束通りメールしました。

後日、その先輩に、「メール見ました?」と聞いたんですが、無視されました。負けを認めたくなかったのか、後輩である僕が自分の言いなりにならないことが先輩には理解できなかったのかも知れません(“交換なんて自分では無理なんだよ、 解ったね”“ハイ!”)。

学会員は、「聞く」と「従う」を混同している嫌いがあります。「聞く」ということはすなわち「従う」ということだと勘違いしている人が非常に多いです。話を聞いても納得がいかず、反論したりすると、ただちに、「話を聞いてない、傲慢だ」と言い出します。「反論する」ということは、「自分の頭で考える」ということです。学会はそれが許されていない社会だから、こんな間違いが起こるのだと考えます。

…あるいは、「それはY君の話であって、お前にエンジンオイルの交換は出来ないだろ」とでも思っていたのかも知れません。

…以前、学会から距離をおくため、車の解体屋で世話になっていたことがある、と書きました。それはこのやりとりから一年後のことです。
解体屋の仕事を手伝ったおかげで、車の仕組みにはずいぶん詳しくなりました。
エンジンオイルの交換?今は自分でやってますよ(笑)。

長文失礼しました。
トニーさん (他宗教のアール)
2009-06-03 12:22:37
似たような心情です。
教団に「御言葉」についての解説に
誤りがあるのでは?と手紙で
回答してもらったものを貼ります。

※若宮様というのは
 現在の天皇陛下(平成)のことです。
 20年から30年前に
 子供の頃、教団から
 若宮様は世界の王になるとの予言が
 出ていましたが
 天皇陛下も高齢になり、ご病気もされ健康状態も悪い。
 天皇制も是非も世の中で論議されるようになっている
 このような世界情勢で御言葉が
 実現するのは難しい、御言葉が(予言が外れる)のでは?
 ・・・という問いかけをしました。


■私の質問と教務部長からの回答■

質問① 「若宮様(現在の天皇陛下)が
 世界の王となる」という御言葉を
 子供の頃から
 聞いていたが、現状をみるかぎり
 間違いではないか?


教務部長の回答(原文のまま)

全くその通りかと思います。私も若宮様が
世界の王になると思っていました。

ですが○○さんの手紙で気づかせて
頂いたのです。
若宮様の魂についてお言葉を頂いていますが
、前生、前々生に、若宮様の魂はすでに
世界の王となっておられるお方かもしれません。

今後も何度生まれ変わり死に変わりされても
必ず世界の王になられる魂であることを
私は信じております。

日本のお方のことを誰よりも考えてくだされて
おられることを見せて頂いても
、自然と頭が下がるお方です。

私は日本に生まれてよかったと思っています。

天皇陛下がおられることを。
日本人のDNAは知っていると思います。
大変お世話になっておられるお方であると
いうことを。


他宗教の話で興味の無い方すみません。

でも、トニーさんの経験談と似たような感じがして
誰かに聞いて欲しかった。
一行目ではほぼ私の主張を認めているのに
以降の文章は「ヘリクツ」と「こじつけ説」で
辟易してしまいました。

対話が噛み合わないという意味で
トニーさんと同じかと思いました。

聞くことをしない、自分の頭で考えない。
従うことを嫌う!?
正しいのは教団。
まちがっているのは反論する元信者。

怒りと言うより反論するだけ時間が
ムダな気がします。
MCかかっている人は相手にしない!!

トニーさんの主張に便乗して
ズレてたらごめんなさいね。
考え方 (軒ちゃん)
2009-06-03 14:52:59
トニーさんの例は、典型的学会員がよくするようなことですね。考え方をどうしても筋道立てたかったのか、無理に筋道立てた学会幹部の話し方を身につけちゃったのか、そんなところでしょう。

それにしても、こういうパターン化した話し方を、学会の人は良くしますね。やっぱり学会活動などの影響でしょう。

アールさんの例でも同じで、自分の頭で考えなくて済むなら、これは楽だと思いますよ。考えてすぐに答えが出なければ悩む。

悩まなくて済むんですから。

昔ある臨床心理学者は講義で、ある新興宗教の信者について語り、「家屋敷、お金、みんな寄付してみんな無くしてニコニコして喜んでる」と言って、その状況が外部から見てどう考えてもおかしいのに気付かずに宗教活動を続けている」と言ってましたが、学会員は持ち物全部寄付、という人は実際には少数ですが、似たような状況だと感じています。

はっきり言って、詐欺的だと感じます。
宗教の性質 (トニー)
2009-06-03 17:41:57
アールさん>
ズレてないと思いますよ。対話が成立していないという点についてまったく共通していますね。

竹内久美子という動物行動学者が書いた「そんな馬鹿な」という本の冒頭に、キリスト教を批判する内容が書かれています。
簡単に説明すると、

1・まず最初にダーウィンの進化論とキリスト教の教義が食い違っている点を指摘します。

2・「ノアの箱舟に、全ての動物の先祖をひとつがい載せたとキリスト教側は主張しているが、では全ての動物が生存するにはどれぐらいのスペースが必要なのかを科学的に考えてみよう。…これこれこれぐらいのスペースが必要になる。ノアの箱舟ってよっぽど大きかったんですね」と嫌みたっぷりに批判します。

3・「あらゆる現象を聖書という限られた内容の本で説明しようとする行動は、ノアの箱舟という限られたスペースに全ての動物がいたと主張する姿となんだか似ている」と締めくくっています。

僕なりの結論を言います。
けっきょく宗教というものはみなどれも、「信じる」という行為を前提にして始めて成り立つものなんだってことなんですよ。
裏を返せば、「疑われる」「反論される」ということはそもそも想定していないんです。
だから反論されると、おかしな話が返ってくるばかりで、対話が成立しなくなるんですよ。
そういう意味において、宗教が抱える問題は、創価学会であろうとなかろうと、みな似たりよったりだと判断してよいでしょう。
だからアールさんも、「他の宗教だったから」と変に気を回す必要はないんじゃないでしょうか?外部の人間にも分かるようにさえ書いてくれれば、共感は得られるはずですよ。
…事実、僕がこうして共感しているのですから。
(^-')b
Unknown (十六夜)
2009-06-03 22:43:32
この回のブログはコメントがとても伸びましたね。
最初の何日かはコメントありませんでしたが‥‥(つまらないことを書いてすみません)。

宗教やってる人は対話苦手って、分かります。
私も自分で自分のことをそう思います。
それによく思うのですが、学会員2世3世(私も)は自分の善意を押しつけるだけで、他人への共感能力がまっとうに育ってない気がするんです。

それと学会員は「相手を全否定する」クセがあるようです。
信心の話題に関係なく。
私は勝手に「幹部病」と呼んでます。
あるブログで見つけたのですが (ppp)
2009-06-03 23:29:53
中国でよく使われる 中国語の教科書に 池田大作の名前が
あるそうです
人物紹介を翻訳すると
日本の著名な宗教家であり、社会活動家。宗教活動を基礎として、宗教文化及び世界平和のために全力をそそいでいる。中国では、北京大学、复旦大学など多くの著名大学の名誉教授を務めているだけでなく、中国人民対外友好協会、中日友好協会からは中日友好賞を授与されている。

長いので省略しましたが 他の方の人物紹介はサッパリしたもののようです

金で買った名誉を教科書でも自慢するとは!!!
なるほど・・・納得!! (他宗教のアール)
2009-06-04 12:33:39
[けっきょく宗教というものはみなどれも、「信じる」という行為を前提にして始めて成り立つものなんだってことなんですよ。
裏を返せば、「疑われる」「反論される」ということはそもそも想定していないんです。
だから反論されると、おかしな話が返ってくるばかりで、対話が成立しなくなるんですよ]

トニーさん勉強されていますね。
すんごーーーーく分かりやすかったです。
もっと若いときに知りたかったぁ。





「それによく思うのですが、学会員2世3世(私も)は自分の善意を押しつけるだけで、他人への共感能力がまっとうに育ってない気がするんです。
それと学会員は「相手を全否定する」クセがあるようです。」

十六夜さん
「共感能力」ね・・。
そういわれてみれば、そうだー。

お二人に共感して頂いて
うれし涙が出ました。

軒チャン先生へ
なぜ教団の専属職員が
あっけらかんと能天気?
やせ我慢の勘違い幸せ論を堂々と説くのか
ようやく理解できました。

みなさまありがとうございます。

私は自分の身体の中から
新興宗教で染み付いた毒素を抜きたいです・・・。


幹部病 (トニー)
2009-06-04 12:36:50
十六夜さん>
僕もまったく同じことを、幹部に面と向かってハッキリ言ったことがありますよ。「駄目だお前は幹部病だ、話にならない」って(笑)。

相手の意見を最後までちゃんと聞かずに、すぐに口をはさんで批判する人、学会には多いですよね(口をはさむことを、あたかも正しいことかのように主張する先輩もいました)。学会以外でそういうことをする人がいない訳ではないですが、学会の方が圧倒的に多いと感じるのは、きっと僕だけではないでしょう。

僕がしだいに学会から離れるようになったのは、そういったことがストレスだったからなんです。ストレスを感じても、「池田センセーにお応えするため」と言って頑張る人もいますが、そういう人たちは、あの“欲ボケオヤジ”が死んだらどうするんでしょうね。僕には理解できません。
勉強!? (トニー)
2009-06-04 19:39:11
アールさん>
ナハハ(^O^)
僕みたいなガテン系のノーキン野郎に「勉強されてますね」なんて、笑えない冗談はやめましょうよ~(笑)。

アールさんとやりとりするうちに、自然と気づいたことを書いたまでですよ。

ま、僕の、いわゆる「自分の言葉」で、アールさんの心が軽くなったみたいなんで、ホントよかったです。
(^-')b

「やせ我慢の勘違い幸せ論」。これには笑えましたよ。
「もっと早く知ってたなら」なんて言わずに、「新興宗教に入って珍しい経験ができた、だからこそこうやって笑っていられるんだ」、と笑い話にしちゃいましょうよ。
Unknown (十六夜)
2009-06-05 21:13:58
>他宗教のアールさん
教団は違えど、同じような問題で苦しんでいるとは。
しばし軒ちゃん先生に場所をお借りしていろいろ話したいですね。

>トニーさん
直接幹部に言ったんですか!すごい!
私はそういうときは黙ってしまって、何も言えません。
ああ根性無し。
Unknown (トニー)
2009-06-07 12:30:16
十六夜さん>

言ったことは言ったんですが、“相手の命にはちっとも入らなかった”みたいです(笑)。もし入ったなら、普通は学会辞めるでしょうけどね(笑)。

今ではあらゆる宗教的なものからご無沙汰しています。
訳あって、親にはこっちから絶縁状を叩きつけました。したがって、ご先祖さまの墓参りもしてません。
違う意味で、「盆も正月もない」、天涯孤独のライフスタイルです。

これもこれで問題かもですが(笑)、やはり宗教なんて、人類史上もっともナンセンスな思想ですよ。

何をどんな風に祈ろうとも、なんにも一つも変わりはしませんよ。そんな暇があったら、現実的な努力をするべきですよね(^-')b
もう財務(寄付)はお断りです! (kan)
2009-06-09 01:37:34
財務はもう今までに充分してきた。
「精一杯やりましょう!」などという言葉で、「今こそ福運を積みましょう!」などという言葉で、ボーナス全部出したり・・・愚かでしたね^^;。

でも、それもマイナスとはいえ、一つの学び・・
人は縁なきモノには出逢わない。
縁あるモノに出逢い、それなりの行動をしたが・その後は体験の学びの中で「負」と実感して離れた。
そういう感じですね。

>「題目を甘く見てはいけない」などという指導も来る。

これは「祈りを甘く見ては・・・」という意味なら理解できる気もします。
祈りは波動です。
確実に何かの影響は出ます。
そういう体験も30年の中ではありました。
でも、それは創価だけじゃなく、どんな宗教もそうです。

宗教に限らず、切に思い念じた事。
それはまさに祈る行為そのものです。
その強烈な思い・波動は必ず何らかの結果を生みます。
人の目に触れるような際立ったことか、目立たないことかの違いだけだと思います。

祈る・・集中する
これは宗教上の祈りの行為
南無妙法蓮華経と何度も繰り返し唱え祈る。
南無阿弥陀仏と何度も繰り返し唱え祈る。
それは心が集中できるいい方法だと思います。
もちろんキリスト教も言葉は違えども、そうです。

しかし、祈りや信仰心はいいと思いますが
人をタダ働きさせて、選挙活動・新聞売り込み・モノをさんざん買わせる・学会が絡む有料展示会等に人数のノルマをかけて何度も行かせる。
そんなものは信仰とは関係ない!

そう思います。
この組織・・・そう長く現状維持は出来ない気がします。
もちろん膨大な財力があるし権力もあるので、想簡単に崩壊などはしませんが、人が会員が今までのように動かなくなると思います。
そこまで末端の会員さんたちは困っていますね。
トニーさん。 (アール)
2009-06-09 07:32:39
笑い話にできればいいんですけど。
私は、すごく悔しいし、教団に仕返ししたい。

このブログのタイトルが
「時計の針の巻き戻し」っていうのが
最近やっと理解できました。(苦笑)

私は宗教活動によって出来なかった事が
いろいろあります。
ですが時間は取り戻せません。
ようやく「遊ぶ」「自由」ということを
身に付けつつあります。

ですが献金はどうにかすれば取り戻せるんじゃないかって
思うのです。
例えば裁判とか・・・。
だって幼少期からMCかけられるなんて、
犯罪と同等。私は被害者です。

宗教の選択は自由だと日本の法律は定めているけど、
実際、なんの規制も無く野放しで、
罪の無い子供が犠牲になっている。
教団を法で反撃する事はできないのでしょうか。

さも自分自身の意思で献金していたかのように
刷り込まれていたなんて、
累計すれば、かなりの金額になるので
今も思い出すだけで精神的に不安定になります。

事実、不安神経症で心療内科7年通院していますが。

教団に復讐してやる方法ってないのでしょうか。
それと根本からMCから解かれて
精神的に自立できる日はくるのでしょうか。
僕の復讐論 (トニー)
2009-06-09 12:42:56
アールさん>
気持ちを軽く持ってもらいたくて言ったんですが、少し軽はずみだったかも知れませんね。ごめんなさい。

僕の大好きな村上龍が、近年映画化された小説“69”(シックスティーンナイン)のあとがきに、こういう意味のことを書いています。
「ごく一握りの大人たちは例外だが、あの頃わたしは周囲の大人達に激しく傷つけられた。彼らに対し、暴力で復讐をしても痛い目にあうのはこちらの方だ。わたしにできる最大の復讐は、やつらがどこにいても聞こえるように、わたしの笑い声を響かせることなのだ」。

十代の頃、とある犯罪に巻き込まれ、周囲の大人たちに助けてもらえず、むしろ親からさえも犯罪者呼ばわりされ、17歳のときから一人暮らしを余儀なくされた僕にとって、これほど響く言葉は他にありませんでした。
ただしこの復讐の仕方は、僕や村上龍のように、気の強い性格の人じゃないと出来ないのかも知れませんね。本当にすみませんでした。

けれど、そうは言っても、「親を憎むな、祈れ、折伏してこそ池田センセーの弟子だ!」、と、マニュアル通りの軽はずみな指導をして僕を傷つけた幹部たちを、僕は今でも呪い殺してやりたいほど激しく恨んでいます。この辺の心情は、アールさんと相通じるのではないかと感じます。

軒ちゃん先生のブログに、毎日のようにお邪魔するのは、沈没し始めた、創価学会という名の船を眺め、楽しむためでもあるんです。「それみろ間違っていたのはやっぱりお前らだった。ざまあみろ!」と(笑)。

僕は心身ともに健康な33歳です。事故にでも合わない限り、先に死ぬのは間違いなく池田大作でしょう。それじゃあつまらない、勝負にならない。学会が完全に沈没するその日まで、しぶとく生き抜くこと、そして沈む姿を見て高笑いをするのが、僕の学会に対する復讐だと考えています。
返信ありがとうございます。 (アール)
2009-06-09 15:15:43
トニーさん、謝らないで下さい。

トニーさんの書かれたことはもっともだと
理屈では、理性では分かります。

私も(女性ですが)暴力で仕返し、反撃、抵抗しようと
思っていたことがあります。

やはり暴力は自分が逮捕されて損だから
本部の最寄り駅で
「私はだまされました!!」というプラカードを持って
ピーアールしようか、とか色々考えた。

もっと私に知恵があれば裁判沙汰にするとか・・・。

「教団を離れても幸せだ!」と
周囲にも示す事ができ、自分自身も満足できたら
それが最高の復讐だという結論は持っています。

でも、それは見栄のいい「理想論」です。
私はもっと生々しい人間です。

一生を捧げようと長年信じていたものに
裏切られて、スッパリ諦められなくて
凹む日もあります。

それでも日にち薬で、前向きに生きられる日も
あります・。
顔も知らない、ブログの人々に
助けられているお陰ですよね。

軒チャン先生をはじめ、みなさんありがとうございます。

私もトニーさんと同じように
潰れる教団を この目で確かめ高笑いをしたい。

でも具体的に何かできないのかな。

創価は、まだいいなくと、とうらやましく思うのは
被害者の同士がたくさんいて
あちこちにアンチスレがあることです。

私は数年かかって、同じく疑問を持つ
yちゃんと、やっと知り合えました。

教団が小さすぎて情報も少なくて
辿ってきた道のりは長かったです。

私もkanさんと同じで
「もう献金はこりごりです!!」と叫びたい。

Unknown (トニー)
2009-06-09 19:25:36
アールさん

女性でさえ、「暴力に訴えたい」と思うぐらいですから、きっとその傷心はそうとうなものなんでしょうね。

いぜん「宗教はその性質上、けっきょくはみな同じようなものだから、他の宗教だったとしても共感できる」と言いましたが、やはり同じ宗教でないと理解できないものもあると思います。yさんと会えてよかったですね。

アンチスレが少ないと情報ソースも少なくなりますしね。反撃するにしてもそれでは厳しいでしょう、まったく同感です。

宗教はほんとやっかいですね(>_<)
悪人は善人づらしてやってくると言いますが、これは宗教のことを言っているんじゃないかという気がしてきます。
この場は大切ですね (kan)
2009-06-10 00:03:32
こちらのブログのコメント欄、書き込みが凄いですね。
ボクがいつも行ってる「想学サロン」とえらい違いです^^;。
あっ、管理人の運ちゃんさん、ごめんね(^0^)
でも悪気はありませんよ^^。
みなさん、よかったら覗いてみてね。

創価は確かに酷いと思います。
会員さんの大切な人生の時間とお金を食い物にする「タカリ」と言っても過言ではありません。
騙された!
時間を・お金を・青春を返せ!
仇を討ちたい!
そう思われるのも無理もないと思います。

これはボクの私見ですが・・・
怒りの思いをぶつけても、巨大組織は気にもとめないし、全く影響はありません。
まして何か賠償してくれることもありません。
さらにまた・自分の面白くない怒りの気持ちが増幅されるだけのことで、自分が余計に損をするだけだと思うんです。

日顕さん、竹入さん、矢野さんたちへの罵詈雑言は常軌を逸した気ちがいのような有様でした。
内外の多くの人達の目にとまる機関紙に載せて、ボロクソに汚い言葉でなじっていました。
会合などでも、もちろんマイクを通して大きな声で幹部が彼らをなじり、罵声を浴びせます。
およそ宗教者とはほど遠い狂乱の世界です。
それは組織も彼らもマイナス・大損です。
見識ある人はもちろん、普通の人は呆れてます。

怒りも一種のエネルギーです。そして強烈です。
投げたモノが返ってくる。
これは森羅万象全てにいえると思います。
そしてバリ活の方々に熱意を込めて言っても通じませんし、時間のムダです。
なので、スルーがベストだと思います。
気持ちを向けないことが一番です。

でも、こんな嫌な事があったんだぜ!
こんなふうに騙されてたのよ!
多々、憤りがありますよね。
それはボクも同じです。

それらを、こういったブログで吐露し・語り合えばいいと思います。
気持ちもスーとする部分もあるし、お互いにふぉっとする部分もあります。
さらに、ブログは数え切れない人達が見ています。
実際にコメントするのはごく一部の人達ですが、読んでる人の数は数え切れないほどいます。
真実を・生の声を世間に語っています。
こういった場所はとても大切です。
このブログの管理者の方に感謝したいと思います。

あとは、ぼくたちが・より幸せになればいい!
今後の人生で今より益々笑顔があればいい!
それが真実の実証です。
要はボクたちが、より一層ハッピーに微笑んだら・そんな人生に生きればそれでいいことです。
町で出逢えば、「お元気ですか?そうだ、食事でもご一緒にいかがですか?ご馳走しますよ^^」
そう言ってあげればいいのです。

創価は愚かでしたね。
騙し通せると思ってたのか・会員をあまりに軽く愚弄しすぎたのか・考えがなさすぎたのか・池田氏の狂った独裁欲と狂った嫉妬が招いたのか・・・
その全てで、なかんずく後者が大きな要因でしょうけど。

しかし、これだけの大きな組織。
膨大な財力と権力を持ち、水面下の根回しも意地汚いまでに凄いものです。
衰退はしてるものの崩壊はまだまだ先でしょうけど、全体の活動自体はブレーキがかかると思います。
会員さんたちも、もう嫌になってる人が多いですし、世間も随分と引いてるようですしね。
みなさんおはようございます。 (軒ちゃん)
2009-06-10 09:54:23
みなさんが毎日、活発に自分の意見を言ってくれるので、コメントをとても楽しみにしています。

「時計の針の 巻き戻し」という題は、たとえ過去に戻ってでもできなかったことを成し遂げる、という意味が含まれています。

現実は、時間そのものを元に戻すことはできませんが、過去にできなかったことを今あるいは未来において達成することはできると思います。

その際様々な障害があることが多いですが、それらをいかにして克服するかも重要なポイントだと思います。

自分が信じてきた宗教が、実は金儲けだった、指導者が権力を持ちたいがために動かされた、などという話がこの界隈ではよく聞かれます。

創価学会もまた、質的な変化もしたかもしれません。私が中学生ぐらいの時の創価学会は、今ほど罵詈雑言も多くなく、名誉会長の勲章がまた増えた、などということはなかったと覚えています。

もっとも本当はその頃から、今の名誉会長はこのときが来ることを狙っていたのかもしれませんが。

Unknown (Unknown)
2009-06-14 07:41:30
先日座談会に行きました。ホントは行きたくなかったのだけど、なかば強制的に・・・
今、時期だから、選挙の件がスゴイですネ・・・
あたくし某地方都市の人間ですが、東京に行ってきました!!(選挙のお願いネ)って報告があちらこちらから・・・皆アポ無しで数十年ぶりの人達に会いに行くみたいでスゴイです・・・突然来られた方はどう思うんでしょ。東京の方ご注意を・・・。家庭は顧みず、でも東京への行動はスグ出来る・・・残された家族は怒りと悲しみに溢れている事をあの方達は知らないのネ~
Unknownさんへ (軒ちゃん)
2009-06-14 15:49:20
>皆アポ無しで数十年ぶりの人達に会いに行くみたいでスゴイです・・・

本当にそうですね。うちの地区部長、行くのをためらう人に、「また友達に会える!」という思いで行くのがいいですよ、って言ってましたが、本当に友達ならば普段から付き合っているはずです。
小中高校生時代の同級生は名前ぐらいしか知らない人でも、どんどん行かせてますね。それもアポなしで。アポを取ろうとすれば、いろいろ理由をつけて断られることが多いからでしょう。

それにしても創価学会って一体何だろう?という素朴な疑問があります。

>家庭は顧みず、でも東京への行動はスグ出来る・・

夫婦の片方のみ学会員の場合、離婚になったケースをよく見かけます。選挙に頑張り、財務に頑張り、ふと足元を見たら家族はバラバラ、仕事も危なくなっていた例もあります。

何よりも選挙のために、という人は、公明党の公約、過去にしてきたことなどをじっくり考えて自分なりに決めることが大切では、と思います。
Unknown (ゆうこ)
2009-06-14 16:05:37
選挙の応援ねぇ~!!公明党っていつまで、おんぶに抱っこなのかしら?学会員って、ほんとに、政治の事を理解したり、監視したりしている人は少ないと思います。投票依頼に遠くの地方から、人物の把握もしないで、行きさえすれば、福運がついたような、錯覚をして帰る・・・名前を書いて投票さえすれば、宿命転換できる・・選挙がすめば、政治になんの関心も、もたない・・・(特に婦人部)いくら、マインドコントロールってもね・・・こんなの、選挙じゃないです。
それに、大人になった、政党にいつまでも、こんな行為をするって失礼と思いますがね。いいかげんに、一人立ちさせて、評価してもらうべきです。みなさん、自分のしっかりとした、ものさしで、人物をえらびましょう。

選挙応援 (軒ちゃん)
2009-06-14 21:05:08
創価学会の選挙活動はいつもながら凄いですね。

>大人になった、政党にいつまでも、こんな行為をするって失礼と思いますがね。

公明党は大人になったとのこと。いつまでも学会員を頼りにするな、ってとこでしょうか。

現実には学会員に頼らねければ、今でもすぐ崩壊してしまうと思いますね。
公明党 (ふわふわ)
2009-06-15 00:18:13
政治を監視してたら、公明党は支援できません
数年前は敵対していた自民党と急に連立組んで、何の疑問も持たない
地域振興券で失敗しているのに、懲りもせず給付金をばらまく
委員長として世話になりながら、本当のことを言うと仏敵

地元に公明から民主に移った議員がいますが、急に敵扱いです
彼等は池田大作が基準なんです
基準の話 (軒ちゃん)
2009-06-15 10:19:27
ふわふわさんへ

>彼等は池田大作が基準なんです

ここのところに本質があると思います。創価学会はずっと以前から池田教になっていたと思います。
 宗門との争いが始まったとき、多くの学会員が黙ってコピー本尊と取り換えたのは、本質は本尊にはなく池田氏を崇拝できるかどうかにある、と考えれば納得します。

池ディアン (ちゅん)
2009-06-15 23:15:21
お久しぶりです。
大分前に、来させてもらっています。
いまだに役職もっていますが訳あって、もうすぐ卒業(?)します。
いつも協議会・座談会はつっこみどころ満載ですが、最近うけたのは「イケディアン」です。
これは、インドに池田思想をとりこんだ女学校が出来て、そこの女学生が「私達はイケディアン」といってたんです。(布教DVDより)
婦人部が「私達もイケディアン!」と言い出し、ちょっとしたブームになったわけ。
みなさんの所はどうでしょうか?

そして、今はもちろん「トギセン」!
負けたら「無間地獄」との指導でした。

私も以前は家庭を顧みずどこにでも突っ走っていきました。
「未踏の地へ!」を合言葉に。
その結果、名誉の離婚ですよ(゜∀゜ ;)
「信心やめたら離婚しない」というダンナ様。
もちろん信心やめたら幸せになれないのだから、離婚をえらびました。
当時、先輩幹部にその選択は間違いないとの太鼓判も押してもらったしね。

まぁ私は学会を恨んでません。
いろいろ学ばせていただきました。
だから、「卒業」という言葉で離れていきます。

「私は幸せでした!これから普通の女(の子)に戻ります!」

ちゅんさんへ。 (軒ちゃん)
2009-06-16 16:42:21
>信心やめたら幸せになれないのだから、離婚をえらびました。

こういう重大なことを受け入れられるなんて、本当にちゅんさんはすごいな、って感じます。

創価学会は、人の運命をも左右するんですね。
池ディアンとは! (軒ちゃん)
2009-06-16 16:49:21
ちゅんさんのお話にある、イケディアンというのも、なんか不思議な感じがします。

マルクス主義者はマルキストですが、池田大作氏にそのような歴史を動かすような大思想がありましたっけ?

新人間革命など、著書はたくさんある、とか学会員に言われそうですね。
本当にご本人が全部書いてたら、とてもそれ以外のことなどできるはずはない、と思いますが・・・。
結婚に失敗した人 (ふわふわ)
2009-06-17 00:00:27
私の先輩にも創価学会が原因で結婚に失敗した人がいます
その人は外見も性格も問題があり、学会員との見合いも失敗しています
その人は学会の役職は世間では通用しないと言っていましたが、学会員以外にも『学会で部長やってる。偉いんだ』と言い触らしているんでしょうね

本部職員になって世界公布をするのが夢らしいですが、自分の結婚も決められずになにが世界公布だよ
ご多忙 (ちゅん)
2009-06-17 00:06:47
>本当にご本人が全部書いてたら、とてもそれ以外のことなどできるはずはない、と思いますが・・・。

はい、よく考えればそのとおりですよね。
でも我らイケディアンは、
そのご多忙の中でも、生まれた子どもの名前まで考えてくださったり、私達のことを考えてくださっている・・私達が怠惰にしていたら申し訳がない・・
と涙を潤ませ語りあっております。
イケディアン? (十六夜)
2009-06-17 01:52:32
池田思想ってなんだろう。誰か分かる人いますか?
日本人には分からないけどインド人なら分かるのかな・・・
池田先生の発言って「全部私がやりました」以外はなにがなんだか・・・

それはそうと関西の人が続々東京入りして都議会公明党の支援をしてますね。
もうやだ。

ところでしばらく見なかったので、どなたか消されたのかも知れませんが
他宗教の被害のかたのブログ教えてくださいませんか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。