「境界に生きた心子」

境界性パーソナリティ障害の彼女と過ごした千変万化の日々を綴った、ノンフィクションのラブストーリー[星和書店・刊]

問題のある対人関係を 分析する方法 (4)

2017年05月18日 22時05分47秒 | 「DBT実践トレーニングブック」より
 
(前の記事からの続き)
 
【例】
 
 Aさんは手首を捻挫し、 上司に 軽い仕事を求めましたが、
 
 上司との関係で 怒りを感じました。
 
 彼がチェックしたのは 次の項目です。
 
・ 中傷: 社員を大事にしていないと 上司に言った。
 
・ 強い感情: 気分を害して、 スキルを忘れた。
 
・ 障害となる信念: 何か要求すると、 自分がいけない気がする。
 
・ 「あなた」 を主語とした発言: 「あなたは人に無関心だ」 と言った。
 
・ 要求する行動の 説明の欠如: 軽い仕事が何か 特定しなかった。
 
・ 傾聴を妨げるもの: 価値判断と攻撃的態度を取ってしまった。
 
・ 相互の妥当性の確認: 上司の懸念を認めなかった。
 
・ 理解: 上司の懸念が分からなかった。
 
 いくつかの焦点に絞ります。
 
・ 中傷と  「あなた」 を主語とした発言
 
・ 強い感情
 
・ 要求する行動の説明
 
・ 理解
 
 以下が計画です。
 
o上司と話すときは 次のことをする
 
1.気分を害しても、 批判的にならないよう慎重になる。
 
2.話す前に数分間 マインドフルな呼吸をする。
 
3.体が熱く感じたり、 声が大きくなることに 注意を向ける。
 
  そうなったら 数回深呼吸をして落ち着く。
 
4.照合, コピー, マウスを使う仕事以外は できると伝える。
 
  手首が治るまでは それらをしない必要がある。
 
5.上司が反論したら、 彼の懸念が何か尋ねる。
 
  その後に交渉を試みる。
 
 重要なのは、 取り組み続けることです。
 
 うまくいかなくても軽く受け流して、
 
 起きたことを理解し、 新たな計画を立てましょう。
 
〔「弁証法的行動療法 実践トレーニングブック」星和書店
(マシュー・マッケイ,ジェフリー・C・ウッド,ジェフリー・ブラントリー)
 訳/遊佐安一郎,荒井まゆみ〕より [星和書店の許可のうえ掲載]
 
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問題のある対人関係を 分析... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL