「境界に生きた心子」

境界性パーソナリティ障害の彼女と過ごした千変万化の日々を綴った、ノンフィクションのラブストーリー[星和書店・刊]

問題のある対人関係を 分析する方法 (2)

2017年05月16日 22時07分14秒 | 「DBT実践トレーニングブック」より
 
(前の記事からの続き)
 
5.要求の強さ
 
□ 強すぎたか? 
 
□ 弱すぎたか? 
 
6.アサーションの問題
 
□ 事実ではなく価値判断した
https://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/65605846.html
 
□ 「私」 ではなく  「あなた」 を主語にした発言
https://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/65606909.html
 
□ 望む行動の具体的な説明をしなかった
https://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/65607794.html
 
7.傾聴を妨げたものは? 
https://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/65613688.html
 
□ 読心術
 
□ リハーサル
 
□ フィルタリング: 自分にとって重きのあることだけに 耳を傾ける。
 
□ 価値判断: 相手を理解しようとするより、 相手の言うことを価値判断する。
 
□ 空想: 人が話しているのに、 記憶や空想にとらわれてしまう。
 
□ アドバイス: 傾聴する代わりに、 提案や解決策を探してしまう。
 
□ 戦闘的態度: 議論して相手の正当性を否定する。
 
□ (自分が) 正しい:
 
  自分が間違っていることを示唆する コミュニケーションに対して、
 
  抵抗したり無視したりする。
 
□ 脱線: 気に障ったり 脅威に感じることを聞くと、 話題を変えてしまう。
 
□ 生返事: よく聴かずに、 すぐに同意する。
 
(次の記事に続く)
 
〔「弁証法的行動療法 実践トレーニングブック」星和書店
(マシュー・マッケイ,ジェフリー・C・ウッド,ジェフリー・ブラントリー)
 訳/遊佐安一郎,荒井まゆみ〕より [星和書店の許可のうえ掲載]
 
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問題のある対人関係を 分析... | トップ | 問題のある対人関係を 分析... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL