みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本はメンテナンスに対する意識が低い

2017-01-04 15:46:04 | 日記
日本人の残存歯数はわずか7本ほど…。比べて欧米の高齢者の残存歯数は平均20本と大きな差が生まれています。これは体質の違いではなく、予防歯科が浸透しているかいないか、その違いが残存歯数の差になっているのです。
歯医者 器具
欧米では「虫歯を治すために歯医者に通う」のではなく「虫歯を防ぐために歯医者に通う」のが習慣になっています。予防歯科先進国のスウェーデンやアメリカでは80%以上の人が普段からお口のメンテナンスを心がけていますが、日本はまだ2%ほどというのが現状です。

メンテナンスを受けている人と受けていない人、今はそんなに差はないかもしれませんが、将来後悔しなくていいようにメンテナンスはしっかり受けましょう。歯医者というとどうしても怖いイメージがあり、なかなか足を運びにくいと思う方もたくさんいらっしゃると思いますが、痛くなってから受診するのでは遅いのです。

一度、虫歯や歯周病になってしまったら自然に治ることはありません。また、治療しても完全に元の状態には戻りませんし、病気のリスクは高くなります。病気の再発で治療を繰り返すことは歯に大きな負担をかけてしまいます。

メンテナンスを受けることによる
早期治療が可能に!
虫歯を初期の段階で発見することで、治療も軽くなります。
ハンドピース
プラーク、歯石の除去で虫歯・歯周病予防に!
セルフケアだけでは落とすことのできないプラークや歯石の除去を行いますので、虫歯・歯周病の予防になります。

予防歯科とは、虫歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な健診が大切です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一度削った歯は、二度と元に... | トップ | 歯医者さんは虫歯を予防する... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。