みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

リラクゼーション効果も期待できる予防歯科メニュー

2017-03-20 16:21:54 | 日記
"歯医者さんには歯が痛くなってから行けばよい"あなたは歯についてこんな風に思っていませんか。"予防歯科"とは、これまでの"痛くなったら治療する"という考え方とは異なり、"お口の健康を維持する"という歯科スタイルのことです。
ハンドピース 歯科
正しいセルフケアと定期的なプロのケアで予防
毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケアすることと、定期的にプロのケアをすることによって、あなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を維持できます。自ら進んで虫歯予防をし、専門の衛生士のクリーニングにより、虫歯になりにくい歯を作っていく事が大切です。

<予防歯科のメリット>
お口の中のトラブルを未然に防ぐ
定期的に検診を行うことで、むし歯や歯周病を予防することができ、歯の健康を維持できます。

治療の時間・費用を軽減できる
むし歯は、症状が進行すればするほど治療にかかる費用や期間もかかります。予防歯科を行うことで初期段階での対処が可能となり、最低限の負担で済みます。

お口の中がスッキリとする
予防歯科で歯や歯ぐきをキレイにすることで、お口の中がスッキリと爽快になります。

PMTC
歯科医院にて、歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使って行う歯のクリーニングのことをPMTCと言います。お口の中の細菌が増えると、歯磨きでは取りにくい「バイオフィルム」という汚れになります。そのバイオフィルムをPMTCで除去することで、歯の白さや健康な歯肉を取り戻すことができます。
エアーモーター
歯周ポケットチェック
歯と歯肉の隙間を「歯周ポケット」と言います。健康な歯の歯周ポケットは、深さ1~3ミリ程度ですが、歯周病が進行すると歯周ポケットがどんどん深くなっていきます。その深さを専用の細い器具で計測し、どこが深いか確認していただいています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直接の原因はやはりプラーク... | トップ | 厚生労働省のデータによると... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。