みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

むし歯も歯周病も、歯を失う原因になる怖い病気です。しかし、防ぐことのできる病気でもあるのです

2016-12-06 16:00:17 | 日記
予防歯科とは、むし歯や歯周病の予防を目的とした診療科目です。 医療の役割が「治療」から「予防」に変わってきた欧米では、歯科医療においても予防歯科が浸透しています。 「歯が痛くなってから歯科医院へ行く」ことがほとんどの日本に対し、「むし歯や歯周病にならないよう、定期的にプロのケアを受けるために歯科医院へ行く」というのが欧米の考え方。
歯科器材
歯の定期検診、定期的なメンテナンスを行うことは一般的で、多くの人が歯の大切さを認識しています。その結果、80歳のときに残っている歯の本数は、日本では平均9.8本(平成17年厚生労働省調査)に対し、欧米では15〜20本と歴然とした数字の差としてあらわれています。 

動物は歯が無くなると死んでしまう、という話を聞いたことはありますか。 人間も、年齢を重ねても元気な人は、歯が健康である場合が多いのです。また、糖尿病や心臓病の一因は、歯周病にも関わっています。まさに口の中の健康維持こそ、身体全体の健康につながるといえるでしょう。

むし歯や歯周病の原因は、口の中の細菌です。 この細菌がいる限り、むし歯や歯周病のリスクが必ず存在しています。あなたの大切な歯を細菌から守るためには、定期検診、定期的なメンテナンスがとても重要です。 

歯石の除去
歯の表面に付着している細菌のかたまり(歯垢)にカルシウムが沈着すると、“歯石”と呼ばれる石のようなものになります。この“歯石”や歯垢は、むし歯や歯周病の原因となります。また、歯石は毎日の歯磨きだけでは取り除けません。そこで、専用の機械などを使ってこれらの歯垢や歯石を除去します。さらに、歯の表面をなめらかにして汚れを付きにくくすることで、むし歯や歯周病が予防できます。
歯科 タービン 滅菌
PMTC(専門的な歯のクリーニング)
PMTCとは、専門家による特殊な器具を用いた歯のクリーニングのことです。
むし歯や歯周病を引き起こす細菌のかたまりを取り除きます。
歯の表面に付着した汚れや着色も除去し、きれいな歯にします。
フッ素入りペーストを使ったケアで、歯を強化します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病とは歯についた歯石や... | トップ | 歯周病の治療&予防のために... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。