みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気

2017-06-22 15:56:33 | 日記
歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。歯周病になると歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。そしてぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。
歯科材料
また、1本にとどまらず口の中全体に広がっていきます。 また、歯周病は歯を失うだけでなく、歯周病菌が口の中の血管に入り込み、全身に回りいろいろな全身疾患の発症の危険性が高まります。歯周病を予防することで、これらの発症の危険性を予防することができます。
ハンドピース
歯周病はお口の中だけの病気ではありません
歯周病はお口の中でのみ、影響を及ぼす病気ではありません。歯周病は、全身に疾患を及ぼす病気なのです。では、どういいた影響を全身に及ぼすのでしょうか。
http://minaminami.kyo2.jp/
糖尿病
歯周病は糖尿病の合併症の一つです。歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人は歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いという疫学調査が複数報告されています。さらに、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになり、相互に悪影響を及ぼしあっていると考えられるようになったきました。

早産の可能性
早産の主な原因の一つは歯周病のような慢性感染症です。歯周病原菌が子宮内へ感染すると、歯周病原菌の内毒素などが胎児の成長を阻害、また、子宮を収縮させる可能性もあるのです。

心筋梗塞・狭心症
歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て、血管内にプラークが出来、血液の流れを邪魔してしまうのです。

基本治療
この療法は、ほとんどの歯周病に対する基本的な治療法です。ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います。スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を取り除くことです。ルートプレーニングは根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層をきれいにすることです。このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2mm~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虫歯も歯周病も早期発見が大... | トップ | 歯を美しくし、魅力的な笑顔... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。