みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

歯並びが乱れていると見た目が悪くなり、イメージダウンにつながります

2017-04-19 15:26:51 | 日記
実は乱れた歯並び(不正咬合)は見た目だけの問題ではないのです。不正咬合がみられる場合は下記のような悪影響をおよぼしますので、矯正治療をご検討ください。長年悩まされていたつらい症状も、矯正治療で治るかもしれませんよ。
歯科材料
発音への影響
歯並びが乱れることで歯と歯のすき間が大きくなると、そこから空気が漏れて発音に支障がでることがあります。特に、サ行やタ行の発音がしづらくなるといわれています。

虫歯や歯周病になりやすいくなる
歯並びが乱れた箇所にはプラークが付着しやすく、ブラッシングで落とすのが難しくなります。汚れが落ちにくいと、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。
ハンドピース
見た目が悪くなる
歯並びが乱れると見た目の印象が悪くなります。特にサービス業など人と接する仕事をされている方は、気にする必要があるでしょう。

矯正の先進国アメリカ、ヨーロッパでは成人する前に40%もの人が矯正治療を受けます。日本でも年々着実に増えています。悪い歯並びや噛み合わせを、きちんと噛み合うようにして、きれいな歯並びにするための歯科治療です。矯正装置を通じて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かして歯並びと噛み合わせを治していきます。きれいな歯並びは、歯磨きがきれいにできることで虫歯や歯槽膿漏の予防になります。矯正治療は、一人でも多くの方に歯の健康と明るく元気な笑顔を手に入れていただくことを目標にしています。

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースのような装置をはめて歯を動かしていく矯正治療です。マルチブラケットのように針金やブラケットは使いません。
 
マウスピース矯正には多くのメリットがあります。
マウスピース矯正のメリット
透明で目立ちにくい
食事の時などは取り外せる
歯を抜かずに済む
違和感が少ない
裏側矯正(舌側矯正)とは、通常、歯の表側に付ける矯正装置を歯の裏側に付けることで、矯正治療中であることを回りの人に気づかれずに行える治療です。 裏側からの矯正治療を希望される場合、「見えない矯正装置」ということが他とは比較出来ない、大きなメリットとなっていることと思います。 矯正治療期間中にみられる裏側矯正装置のメリット・デメリットには以下のようなものがあります。
http://minaminami.kyo2.jp/
裏側矯正のメリット
他人の視線を気にしないで矯正治療ができます。
矯正中の虫歯トラブルになりにくい。
前歯が引っ込みやすくなります。
舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見た目も体の調子も整えるの... | トップ | 虫歯は、お口の中のミュータ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。