みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

歯周病は虫歯と並ぶ口腔内の2大疾患です

2017-03-06 16:21:22 | 日記
30代以上の80%が歯周病と言われています。歯垢(プラーク)に存在する細菌に感染し、歯ぐきが腫れたり出血したりします。さらに症状が進むと歯を支えている骨を破壊して歯が抜けてしまうこともあります。
歯科医療機器
歯周病は歯肉炎と歯周炎よりなる炎症性疾患です。歯の磨き残しによる歯垢が原因で歯肉炎が起こります。さらに進むと歯周炎となります。炎症が進行し、歯槽骨がが少しずつ破壊され、歯周ポケットができます。歯と歯ぐきの境目の溝を歯周ポケットといいます。歯周ポケットは健康な状態では3mm以下ですが症状が進むにつれて深くなってきます。深くなった歯周ポケット内のプラークや歯石は除去は困難なため歯周病がさらに進行していくことになります。

日本人の歯を失う原因の第1位は歯周病
日本人の歯を失う原因の第1位は「歯周病」です。歯周病は自分では気付きにくく、気付いた時には症状が進行してしまっています。早期に発見・治療を始めるためにも、検査や定期的な健診を行うことがとても大切です。8020運動はご存知でしょうか?「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動が8020運動です。

自分の歯があるとしっかり噛めると同時に食事がおいしく感じることができます。しっかり噛むことで唾液の量がたくさんでて、消化されやすくなるので胃や腸の負担を減らすことが出来ます。歯を失ってしまうと食べられる食事も制限されてしまいます。バランスの良い健康的な食生活を送るには自分の歯を健康に保つことと大きく関係しています。
歯周病の予防・対策は、歯をできるだけ残して健康で長生きするためにとても重要です。
オートクレーブ
生活習慣が歯周病を悪化させる原因に
歯周病は歯と歯茎の間の歯垢(プラーク)にいる歯周病菌によって炎症を起こします。その歯垢がたまりやすい生活習慣があると歯周病を悪化させる原因となります。食事に関する習慣では、間食が多かったり、よく噛まずに食事をとる、やわらかいものばかり食べるなどです。食事以外では、たばこを吸う、ストレスが多いなども原因となります。また、毎日の歯みがきがきちんとできていない方も歯垢がたまりやすくなります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病の初期、つまり歯肉炎... | トップ | きれいな歯並びが、輝く笑顔... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。