みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

直接の原因はやはりプラーク(歯周病菌)と歯石

2017-03-20 15:47:09 | 日記
プラーク(歯垢)が歯周病を引き起こす直接的な因子です。歯肉炎、歯周炎はプラークを取り除くことにより改善してきます。プラークは、食べ物のカスのように思われている方がいますが、実際は、歯周病菌や虫歯菌がつくり出した自らを守るためのネバネパしたバリアーです。
エアータービン
このプラークが体液中のカルシウムを取り込んで、石灰化していくと歯石となり、さらにプラークの温床となります。プラーク1mg中に1億個以上という数の微生物が存在するといわれ、そのなかの歯周病菌や虫歯菌が排出した酸によって歯や歯肉、歯槽骨などが破壊されていきます。

歯周病菌の活動を促す局所的因子
食生活
軟らかいものや甘い食べ物が虫歯菌の栄養になるように、歯周病菌の栄養にもなっています。アゴをしっかり使って食べなければいけないような、硬い食べ物も食べてよく噛んで、唾液をたくさん出すようにしましょう。食後の歯みがきも歯周病の予防に重要です

口呼吸
口で呼吸をしていると口の中が乾燥して、唾液の持つ免疫力が低下します。

歯周病を進行させる全身的因子
喫煙
タバコに含まれるタールなどが歯の表面に付着してザラザラすることにより歯垢が付きやすくなります。次にニコチンなどは血管を収縮させる作用があり、歯肉への血行が悪くなり、細胞組織への酸素や栄養の供給を阻害して白血球など細菌から体を守る免疫細胞の働きを悪くします。このように、口の中が歯周病になりやすい環境になり、歯周病に対する抵抗力が低下し、歯周病を進行させるのです。
ハンドピース 歯科
ストレス
過度のストレスは免疫機能の低下をもたらし、歯周病の進行を促進させることが報告されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  皆様はご自身の歯をずっと使... | トップ | リラクゼーション効果も期待... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。