みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

デンタルIQを高める予防歯科

2017-03-15 15:38:43 | 日記
むし歯や歯周病がほとんどない人は歯に光沢があり、ピンク色の美しい歯ぐきをしています。もともと歯が丈夫な方もいますが、歯医者さんで予防歯科を受けている方が多いようです。最近では予防歯科を積極的に受ける方が増えてきました。
歯科タービン
とはいえ予防先進諸国の定期健診の受診率と比較すると、アメリカやヨーロッパの80~90%に対して、日本はわずかに5%程度です。日本人の予防意識はまだまだ低いのが現状です。

予防歯科は、お口の健康状態を整える診療科目です。口腔内検査や予防的な処置を通して、お口の健康を維持管理します。当院の予防歯科では、予防の大切さを知っていただくことから始まります。検査を通して、むし歯・歯周病リスクを知ることで「なぜ予防が必要なのか」を理解していただきます。

歯の健康を維持するには、毎日の歯みがきと定期メインテナンスが不可欠です。時々「歯を失って初めて予防の大切さがわかった」という声を聞くことがあります。予防意識が高まれば、いつまでもご自分の歯で食事を楽しむことができます。

唾液検査でむし歯や歯周病のリスクがわかる!
むし歯や歯周病は、口腔内に潜んでいる細菌が引き起こす感染症です。細菌の数に加えて唾液の質が悪く分泌量も少ないと、むし歯や歯周病になりやすくなります。細菌や唾液の状態は肉眼では見えないので、通常の検査では知ることができません。
led光重合照射器
むし歯や歯周病のリスクを知ることは、予防の第一歩と言えるでしょう。当院では、予防に対する意識を高めていただくために、唾液検査をおススメしています。5分ほどの簡単な検査で痛みなどは一切伴いません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病の治療をせずにすごし... | トップ | 虫歯・歯周病の症状に対して... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。