みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

病気にならないように防ぐこと。これが予防歯科というものなのです

2017-05-19 15:17:07 | 日記
ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気で す。虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、むし歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ物をした りして治療します。麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、麻酔液をゆっくりと注入したり、細い麻酔針を使用するなど、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。超音波スケーラー

虫歯の治療法~痛い虫歯は危険信号!~
かかり始めの白濁程度の虫歯は、簡単な処置を行い歯の再石灰化を促すことで完治する可能性がありますが、それ以上に進行してしまうと、自然に治ることはありません。早い段階で治療を始めれば、比較的簡単な治療で済みますが、悪化させてしまうと治療も複雑になり通院回数も増えてしまいます。そのため虫歯は早期発見・早期治療が大切です。歯科材料

C0:脱灰
痛みがなく、自覚症状はありません。この段階なら、適切なブラッシングとフッ素塗布により、再石灰化して治ります。
http://minaminami.kyo2.jp/
C1:歯の表層(エナメル質)の虫歯
まだ痛みはありませんが、歯の表面が白くにごり、ザラついてきます。この段階も歯を削る治療は行いません。適切なブラッシングと再石灰化を促す処置を行います。また、定期的な観察で虫歯が大きくなっていないかのチェックが必要です。

C2:歯の中(象牙質)の虫歯
この段階になると、冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりすると、しみたり痛んだりします。治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー、レジン)で保護します。

C3:神経まで達した虫歯
この段階までくると、激しい痛みを感じることがあります。治療は神経を取る必要が出てきます。神経の治療後、かぶせ物(クラウン)を装着する形が一般的です。

C4:歯の根まで達した虫歯
ここまで進行すると、炎症を起こして膿がたまり、最悪の場合抜歯が必要になります。この状態にならないように早期に歯科医院を受診してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病はとても身近な病気です | トップ | 歯などの口腔内や全身の健康... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。