みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

歯周病は『沈黙の病』ともいわれ、最初は自覚症状がほとんど無い

2016-10-14 16:39:01 | 日記
歯周病は歯を支える歯ぐきなどの歯の周囲に起こる病気です。歯の土台の病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。歯周病の原因は、口の中にいる細菌の塊、プラーク(歯垢)と呼ばれているものが直接関わっています。このプラークは歯を支えている骨を溶かしてしまう毒素を出してしまうので、歯周病の原因と言われています。生体情報モニター

歯周病は『沈黙の病』ともいわれ、最初は自覚症状がほとんど無く、定期的な検査が必要です。具体的には下記のような段階で進行していくといわれています。
 歯科材料
初期・・・ほとんど自覚症状はありません。

歯肉炎・・歯ぐきのプラーク(歯垢)によって炎症が引き起こされます。出血をともなうことも多々あります。

歯周炎・・歯肉炎を繰り返すうち、歯肉が腫れ、膿が出たりするようになります。

歯槽骨が破壊され、歯が抜けてしまう
 
一般的にはこのような過程で進行することが多いのですが、歯周病にも色々なタイプがあり症状も様々なので、やはり日頃から予防に努めるとともに、おかしいと思ったらすぐ専門医へのご相談をおすすめします。パルスオキシメーター

歯周病の予防はどうしたらよいのでしょうか?
まずは、歯垢がたまらないように正しい歯ブラシの方法を覚えることが一番です。
正しく磨いているつもりでも、苦手な部分や、自分では磨きにくい部分があるため、定期的に歯医者さんに行って、正しく歯ブラシが行われているのかチェックを受けることが重要です。磨きにくい部分の専門的な清掃、そして口の中の良い環境をつくるために歯石除去を<行ってもらうと良いでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病は様々な要因が複雑に... | トップ | 成人以降の抜歯の多くは歯周... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。