みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

歯周病、最悪の場合あごの骨が溶けて歯が抜け落ちます

2016-10-14 16:39:01 | 日記
歯周病とは、成人の 7~8 割がかかっている生活習慣病です。自覚症状はあまりなく病状がかなり進行してから気付くことが多い病気です。歯周病の原因は、プラーク(歯垢)です。プラークは、単なる食べかすではなく、実は細菌の塊なのです。細菌が歯と歯ぐきの境目の中で異常増殖すると、歯周ポケットと呼ばれる空間が形成され、歯ぐきが腫れ、最悪の場合あごの骨が溶けて歯が抜け落ちます。
オートクレーブ
歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周病の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりえます。また、歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、発見が手遅れになることもしばしば。歯周病を予防するために、毎日の歯みがきと歯科医院での定期検診が重要です。口腔内カメラ

歯周病のほとんどが慢性の病気です。かなり長い間、気付かないまま存在し、症状を見つけるのが難しいようです。以下のことに気が付けば、歯周炎を疑ってよいでしょう。
1.歯肉に触れると痛い。
2.歯肉から出血する。
3.歯肉が後退して、歯がより長く見えるようになった。
4.何本かの歯が動揺して、歯の間に隙間が見られる。
5.大量の歯石がついたとき。
6.口の中で嫌な味がしたり、息が臭いとき。

歯周病の主な原因はプラークですので、プラークを確実に取り除くこと(プラークコントロール)が大切です。プラークコントロールの基本は毎日の歯みがきです。まずは自分に合ったプラークコントロールを歯科医院で教わりましょう。オートクレーブ

また歯周病には生活習慣が関係しています。栄養バランスのとれた規則正しい食生活を心がけるとともに、体の免疫力を低下させないために禁煙やストレス解消も効果的です。
3カ月~半年に1度は歯科医院で定期健診を受けて、歯周病を予防しましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病は様々な要因が複雑に... | トップ | 成人以降の抜歯の多くは歯周... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。