みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

毎日、丁寧に歯を磨いていても、ご家庭の歯ブラシだけでは完全にはプラークを除去できません

2017-04-05 16:03:12 | 日記
口腔内をきれいな状態に保ち、歯周病を予防するには、定期的な専門のドクターや歯科衛生士によるメンテナンスが必要になります。精神的ストレスが免疫機能の低下をもたらし、歯周病の進行を促進させることも報告されています。歯周病は自然に治ることはなく、治療しなければ確実に進行していきますが、しっかり治療すれば治すことができる疾患です。
歯科材料
歯周病菌の感染が直接的要因ですが、歯周病を悪化させる原因には、噛み合わせ、不適合なかぶせ物、全身疾患などさまざまな要素が関わっています。原因を包括的に診療し、それぞれの患者さんの原因に対処した治療を行っていきます。

歯周病の治療
歯周病は、程度に差はあるものの、地球上に生きている大人である限り、全員が持っている慢性疾患です。その殆どは自覚がなく、逆に自覚があったり、 歯周病の治療を希望される方というのは、かなり病気が進行しています。歯肉が腫れ上がったり、歯が動いたりしている場合は、病気になってから長い期間が 経っていることが多いため、治療にも相応の期間が必要になります。治療が早く終わるに越したことはありませんが、じっくり腰を据えた治療が必要です。歯周病は重症になる前に適切な治療をすることが特に大切です。当院では、歯周病が進行していると考えられる患者さんには、自覚がない場合でも歯周病についての 説明を行うよう心掛けております。
ハンドピース
プラークコントロール
歯周病の原因は歯周病原菌による感染です。原因菌の除去にはその棲息しているプラークを除去(プラークコントロール)する必要があります。プラーク コントロールは、患者さん本人が家庭で歯ブラシを使って行うことが中心となり、それは歯周病治療において最も重要な治療となります。プラークコントロール が出来ていない方に、他のどんな治療を施しても歯周病は治らないと言っても過言ではありません。「歯を磨いていますか?」と尋ねれば、「磨いています」と 皆さんが答えますが、きちんと磨けているか調べてみると、実は殆どの方が磨けていないのです。磨いているのに歯周病になるのはプラークが殆ど取れていない からなのです。適切なブラッシングの技術を習得し、歯周病の巣窟であるプラークを除去出来れば、歯周病の状態は確実に改善していきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きれいな口元は、表情をさら... | トップ | 歯の表面に付いた汚れをプラ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。