心は、青春!

「青春とは、人生の青年期ではなく、向上心を持ち努力を続ける心の在り方!」と言うサムエル・ウルマンの詩に感銘を受け命名。

羽村山口軽便鉄道の名残探索06-大多羅法師の井戸

2016-09-19 05:41:21 | 羽村山口軽便鉄道を探る

「ダイダラボッチの井戸」があると教えて貰い、御岳トンネルのほぼ真上に向かいます。

自然林に囲まれてますが、歩道が整備されている。

降雨など自然に負けない石段が造られています。

道順は、以下の案内図を参考にして下さい。

 

歩くこと数分、到着

「大多羅法師と言う大男が、藤のツルでマルヤマを背負い、歩いた足跡が井戸になった。」

と言う言い伝えがあるそうな

 

記念碑

 

右横には案内看板が立っています。

何だか凄い話ですが、本当でしょうか?

 

途中、番太池で小休止。

ベンチに座って、空を見上げると、うろこ雲!

 

満足して、帰ります。

 

広場の向こう側から車の音が聞こえます。

急な坂を下って大きな通りに出ました。

 

通りの向こう側に立っていた看板

 

スタート地点にかなり近い場所へ戻って来ました。

 

久し振りの玉川上水関連の散策、愉しかった。

 

ブログ村 オヤジ日記 ブログランキングに、挑戦中です。

    バナーを「ぽちっ!」 っと、クリック。  応援を!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

  有り難う  ございます。

 

 18日の歩数は、7,429歩でした。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽村山口軽便鉄道の名残探索0... | トップ | 「玉川上水を守り育てる武蔵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

羽村山口軽便鉄道を探る」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。