探索・採集・飼育みたいな雑記的記録

北海道の自然探索と生物の飼育観察・採集記みたいなものを漫然と、かつ自己中心的に紹介するとかしないとか。

21日後

2017年06月19日 | 自然探索記~採集記(道北)

少しばかり間が空いてしまったが、エゾヒメギフチョウの幼虫観察。
最初の観察から21日後。

オクエゾサイシンのバッタ食害が激しく、幼虫の食痕を探すのは無理。
前回、見つけたと思われる場所の葉を念入りに確認してみるも、全然見つからない。


やっと見つけたのがこの幼虫。
地面にいたが、蛹化前という訳ではなく、わたしが「わさわさ」したから葉から落ちたのだろう。

それにしても他の幼虫はどこにいったのだろうか・・・
いと悲し。


体長25mmほど。
そろそろ蛹化かね。


お怒りモード発動

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早春掘削体験 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む