探索・採集・飼育みたいな雑記的記録

北海道の自然探索と生物の飼育観察・採集記みたいなものを漫然と、かつ自己中心的に紹介するとかしないとか。

冷水探索

2017年03月19日 | 自然探索記~採集記(道北)


1ヵ月ぶりの探索
前回と同じ場所。
前回(1ヵ月前)の写真と差はなさそうだが、少しずつ雪解けが進んでいる。
でも春はまだ先。


クロカワゲラの一種
至る所で歩き回っていた。
前回は短翅種のみであったが、今回は長翅種のみ見られた。
発生時期が異なり、時期的に棲み分けしているのだろうか?

川底にウチダザリガニが潜んでいないか探してみるも、そのような準備をしていなかったため見つからず。
次回は長靴と網持参だね。

カワゲラの一種の幼虫
臨時の釣り餌に使用できるが、大きなサイズでも体が軟らかいので、餌持ちしない。


ヒゲナガカワトビケラの幼虫
意外に餌持ちがいいので、臨時釣り餌に重宝する。
良く見かけるが、いざ釣り餌として探すとなかなか見つからないのは何故か。


アミカ科の幼虫
初見なのか、見かけても興味がなかったのか・・・記憶にない。
見た感じ、ヒザラガイっぽい。


体は硬く、ダンゴムシとまではいかないが、中途半端に丸まる。
腹面には発達した吸盤が並んでおり、石に付着して流されないようになっている。


体色が淡いタイプ


ぶちタイプ
全ての幼虫は大きさが同じなので、成長過程で体色が変わるのではなく、個体変異なんだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

べた雪探索

2017年02月04日 | 自然探索記~採集記(道北)

2月1日は珍しく暖かで穏やかな日だった。
郊外の里山でも積もった雪が「べた雪」になっていた。
というわけで探索。

悪名高きウチダザリガニが生息する川
なかなか美味という事なので、雪が解けたらまとめて捕獲して、茹でて食べてみようかしらん。
特定外来生物なんで、殺して移送だね。


クロカワゲラの一種
無翅であるEocapnia sp.は、成虫になっても未成熟のため食物を摂取して成熟するが、写真の種は中途半端だが、翅はあり後食しない。
確かEocapnia sp.の分布は、石狩低地帯以西なので旭川にはいない・・・はず。
翅の長さは、写真の個体より長いものや短いものも存在するが、雄の肛上板が異なるので別種なんだろう。今回の探索場所ではこのタイプしか確認できなかった。


こちらは♀


クモガタガガンボの一種 Chionea sp.
大型種の♂だった。
まさかこの時期の旭川に生き残っているとは。


心なしか札幌産より毛深いような・・・?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12年目突入

2017年02月01日 | 飼育(エゾサンショウウオ)


毎年恒例のエゾサン飼育更新報告
確か今年の春で12年目・・・
異常なし。


カエル風


ヤモリ風


マカロン風

想像以上に長生きなので、自分が先に亡くなってしまうのではと考えてしまふ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

探索者泣かせの町

2017年01月28日 | 自然探索記~採集記(道北)


日中でも-15℃以下という寒い日。
時間があったので少しだけ探索。
カメラのバッテリーが前日に充電していたのにもかかわらず低温のため長持ちしない。


沢に沿った林道で、散歩がてらシジミチョウの卵を探してみた。
歩いている時はいいが、立ち止まって枝を確認していると、どんどん体が冷え、鼻水が・・・
つま先と顔から熱が奪われるね。

ここはミズナラが少なかった。ミズナラは他種のシジミチョウご用達であるので、ジョウザンシジミかミズイロオナガシジミくらいは見つかると思ったが全く卵が見つからない。
エゾヤマザクラのメスアカミドリシジミ卵も探してみたが、こちらもダメ。
途中、放置スモモの木があり、リンゴシジミ卵を期待して探したが、またしてもダメ。
しばらくゼフ卵探索を行っていなかったので感が鈍ったか?
年・・・いや、歳のせい?


唯一見つかったのは、オニグルミにてオナガシジミ卵くらい。
しかもそんなに多くない。


ぽつねん・・・
旭川・・・手ごわい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

翅なし黒ゴマ新産地

2017年01月23日 | 未同定種


限りなく未記載種であろう例のアレ Aptilotus sp.
この写真の個体は以前確認した2ヶ所とは全く別の場所で採集。(というか偶然)
今回はという環境であるが、冷涼多湿という点で前回採集した環境と似ている。
今回の採集からであるように考えられる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加