社会福祉総合相談 ささき社会福祉士事務所

がんばっぺ 東北・宮城・仙台
『出会い』から新たな一歩が始まります。

後見カフェを開催しました☆

2017年07月02日 | ささき社会福祉士事務所
先週の金曜日(6/30)に「なかまち社会福祉士共同事務所」主催で
今年度第1回目の「後見カフェ」を開催しました。

テーマは、「地域包括ケアシステムとは」。
講師は、地域包括支援センターにご依頼しました。

センター長から「地域包括ケアシステム」について、実践されている事例を基に
スライドを使用して分かりやすく説明して頂きました。

また、同行して頂いた看護師さんからも「認知症ケアパス」のことを詳しく説明して頂きました。

参加者は、社協、民生委員、ケアマネ、薬局の方々です。

今回は、時間帯を変えて平日の夕方に設定してみました。
平日の時間帯とテーマが良かったのか十数名の方々に参加して頂きました。

お忙しい中、ご参加して頂いた皆様、ありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

障害福祉の原点

2017年06月16日 | ささき社会福祉士事務所
本日、第三者評価の評価者研修・第1日目に参加してきました。

研修の中で感動した映像が紹介されました。
講師の一人として登壇された立教大学コミュニティ福祉学部福祉学科の
飯村史恵准教授の講演の中で紹介されたNHKの映像です。

下記にユーチューブから転載します。

「戦後史証言/自立生活に向けた苦闘:障害者福祉~共に暮らせる社会を求めて」
全てを見終えてた感想は、『衝撃的』でした
障害福祉に携わる者として、知っておかなければいけない史実だと痛感しました。
学校では学ぶことがない貴重な歴史です。

終戦後から障害者権利条約の批准までの様々な史実をドキュメントで放映。

・戦後の傷痍軍人に対する社会の偏見から身体障害者福祉法の制定
(ヘレンケラーの来日が寄与)
・障害者の隔離(精神保健福祉士の授業で習った座敷牢・・)
・脳性まひの方々の活動(「青い芝の会」)
・美濃部都政の時の府中療育センター問題
・NHKドラマ「男たちの旅路・第4部車輪の一歩」等々

身近な存在である地名・施設・人物も登場してました。

豪徳寺駅、光明特別支援学校、元宮城県知事の浅野さん、元厚労省大臣の尾辻さん、長妻さん。

https://www.youtube.com/watch?v=WXFf6CC_epo

先人が築いてきた権利を途切れさせないことだと痛感。
そこには、深い歴史があると。
映像では、車いすの方が電車に乗ることはあり得ない時代だったと
証言されてました。
しかし、最近、車いすの友人と電車に乗りましたが、切符を買う時や
電車の中に乗るときも、
誰も気に留めようとはせず、車いすで移動することが難儀な状況でした。
車内では、出入口ドアの脇に車いすを付けると揺れずに安定するのですが、
我先にと車いすを押しのける状況で突進していくことがありました。
当時と異なり、電車内に車いすの方が利用されているのが日常的になってますが、
逆に気にし過ぎないないこともいかがかと感じました。少しだけ高齢者や妊婦さんと
同じように配慮があればと。

NHKドラマのほうですが、山田太一監督、男気あふれる鶴田浩二主演の
「男たちの旅路」にも興味が湧いてます。
車いすがテーマとなるのは、第4部の「車輪の一歩」です。
DVDのレンタルや販売もあるので入手しようと思います!

https://plaza.rakuten.co.jp/manbou007/13001/

そんなことで、今日は目から鱗というか、心新たに目覚めた1日となりました。
講演していただいた飯村先生ありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修報告(6/3~6/5)

2017年06月12日 | ささき社会福祉士事務所
今回は、職能団体の全国大会に参加するため福島県郡山市に行って来ました
6/3~6/4までの一泊二日です。ちなみに来年は山口市で開催です(7/7~7/8)。

全国大会の内容です。
基調講演は、国立大学法人一橋大学大学院社会学研究科の猪飼周平教授です。
「障壁をこえて ~社会福祉士への期待」

記念講演は、フリーアナウンサーの大和田新さんです。
「福島の今とこれからを語る ~東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所の
事故は私たちに何を残したか~」

分科会は、「福島特別分科会」に参加しました。

初日の夜は、仲間と福島市内に移動して居酒屋「蕎麦人」に行って来ました。
福島駅東口から徒歩6分です。銘酒やお蕎麦が絶品でした。

そして終了後、6/4(日)の夜は仙台に移動しました。

市民広場ステージで開催された「第17回とっておきの音楽祭」のフィナーレを見て来ました
仙台から始まったこの音楽祭は全国18か所で開催されるようになったとのこと。

その後、長町遊楽庵「びすた~り」で夕食を堪能。
こちらは、120年前の古民家を利用しコンサートや芝居が出来て、障害者が働けるレストランです
NPO法人「ほっぷの森」が運営してます。

翌日、6/5(月)は仙台市内にある障害者施設2ヶ所を見学しました。

①仙台市泉区にある「NPO法人あいの実」です。
いくつかの施設を経営してますが、
重症障害児の入浴介助サービスの施設を見せていただきました。
代表は、東京都小平市内にある「社会福祉法人あいの樹」から薫陶を得たそうです。

②仙台市太白区にある「社会福祉法人円」です。
もともとは、荒浜にありましたが震災で全壊となり移転しました。
ベーカリーカフェを併設してます。

以上、中身の濃い充実したツアーでした
今回の経験を糧にして、数年後に地元で同種の事業を実現したいと夢が膨らみました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「WEラブ赤ちゃん」プロジェクトに賛同しました!

2017年06月07日 | ささき社会福祉士事務所
エッセイストの紫原明子さんの呼びかけにより、
2016年5月5日に発足したウーマンエキサイト主催の活動です

「WEラブ赤ちゃん」プロジェクト
~赤ちゃんの泣き声を温かく見守っている人たち、集まれ!~

「一般社団法人なかまち社会福祉士共同事務所」として賛同しました

http://woman.excite.co.jp/welovebaby/partners/ 

このプロジェクトを知ったきっかけは、オリックス生命が取り組んでいる
「♯泣くのが仕事」プロジェクトで応援している活動と紹介されていたのを見つけました。



http://www.orixlife.co.jp/pr/nakupro/#top

最近、電車内や飛行機内等で、赤ちゃんの泣き声が話題になっていたので関心がありました。
これから、全国に広がっていき、賛同者が増えるように応援していきたいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修に参加してきました

2017年05月28日 | ささき社会福祉士事務所
今週末は、2つの研修に参加してきました。

〇「災害時の連携を考える全国フォーラム」
(主催:特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)

・行政、社協、NPO、企業、弁護士などによる災害対応の紹介
初日だけの参加でしたが、普段、復興支援員として活動している領域以外の
社会資源による災害対応を知ることができました。
(一例です)
・ANAは熊本地震復興支援に旅客輸送支援として約7,000席をNPO他に提供。
・味の素は「復興ごはん」の書籍を発売

〇日本成年後見法学会第14回学術会議
・統一テーマ「成年後見制度の進むべき途」
いつも登壇されているベテランの弁護士、司法書士、社会福祉士の方々などが発表。

久々の研修三昧な週末でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「なかまち社会福祉士共同事務所」ホームページ・リニューアルのお知らせ

2017年05月23日 | ささき社会福祉士事務所
ようやく、ホームページのリニューアルが完了いたしました!

2017年4月に『一般社団法人』となり、
新たな活動内容や相談内容と料金体系を見直しました

http://www.nakamachi-csw.com/

公証役場での定款認証、法務局での登記、国税と都税の申告、
リーフレットの再作成をメンバーが分担して自分たちで行いました。
当面は、ボランティア活動と同様な収支のため、専門家に手続きを依頼する
ほどの予算がなかったのが実情ですが・・

でも、意外に調べてみると、それほど難儀な手続きではなかったです。
すべて、電話や窓口で丁寧に教えていただきました。

さすがに、ホームページのリニューアルは難しかったので、
最初に依頼した制作会社にお願いしました

心機一転、メンバーが力を合わせて地域貢献に励んでいきます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なかまち社会福祉士共同事務所のホームページ「お知らせ」

2017年05月12日 | ささき社会福祉士事務所
*お知らせ*

「なかまち社会福祉士共同事務所」の開設済のホームページですが、
今年の3月頃から「お知らせ」が表示されなくなってました。

制作業者に点検を依頼していましたが、ようやく表示することができました

http://www.nakamachi-csw.com/

また、「一般社団法人」の名称追加と新たな活動内容は、近日中にUPする予定です。

お楽しみに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休終了

2017年05月07日 | ささき社会福祉士事務所
今日で連休も終わり、明日から再始動ですね
自分の場合は、連休でも定期訪問や打ち合わせ等で動き回ってました
中旬以降に、後見の定期報告があるため、連休を有効に活用しました。
定期訪問以外にも、新規申立の事前打ち合わせや一般社団法人の社員総会も開催しました。

最終日の今夜も事務処理の予定でしたが、メンターご夫妻からお誘いを頂き、知人も含めた
夕食会に参加してきました

連休中のプライベートなイベントは一晩だけでしたが、有意義な連休の締めになりました
お世話になっているメンターのIさんは、ある仕事を毎日積み重ねて、遂に5,000回を
迎えるとのことでした

身体ひとつで、健康を維持しながら毎日継続している姿勢は、日本男児の鏡ですね

5,000回を迎える当日を楽しみに応援していきま~す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月の連休

2017年05月03日 | ささき社会福祉士事務所
今日から5連休ですね
行楽地が賑わいますね

しかし、フリーランスな自分は、「月月火水木金金」です
フリーランスの道を選択した現実です

連休中は、後見関連、障害関連の訪問や事務処理で終わってしまいます。
ただし、フリーの良いところは、フルタイムの拘束ではないのが唯一の利点です。

今年1年間は、仕事三昧で地道に働く覚悟です。
昨年度は、転居や海外研修などでバタバタしていました。

☆話題は変わりますが、新店情報です。

今年3月に二子玉川駅近くにオープンしたストウブ料理のお店です。
(我が人生のメンターであるIご夫妻の甥っ子さん夫婦が経営)

「ラ・ココット」(世田谷区玉川4-5-6.03-6447-9422)
ランチ11:30~16:30、ディナー18:00~23:30
(高島屋西館と二子玉小の間の路地側です)

イケメンで爽やかマスターと清楚な奥様の若夫婦で頑張ってます。
調度品にもこだわりがあり、西欧をイメージした店内の雰囲気ですよ☆
ストウブ料理も絶品ですが、手作りケーキや1杯毎に淹れる珈琲も最高です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月を振り返って

2017年04月30日 | ささき社会福祉士事務所
いつものことですが、あっという間に月日が経過して、4月の1ヶ月が終了です

新年度の4月は、前年度から継続している仕事ばかりなので、フレッシュ感は少ないです。
今月は、地域包括支援センターから引き継いだ案件の対応、推進機関から依頼があった案件が
新たな仕事として関わっています。

また、今月登記が完了した『一般社団法人なかまち社会福祉士共同事務所』ですが、
法務局での登記は完了してますが、昨年度と新設に関する国税と都税の手続きが残ってます。
昨年度までは、「人格のない社団等」でしたが、手続きは税理士に依頼してました。
今回は毎年の申告と法人開設の手続きを自分たちでチャレンジすることにしました。
ゴールデンウィークは、事務処理で終わりそうです
ちなみに、社団でなくても、収支がマイナスでも、法人都民税7万円の負担があります

『共同事務所』のホームページですが、現在、「お知らせ」の内容が掲載されない状況が続いてます。
そのため、一般社団法人の名称変更も含めて作成業者に修正を依頼してます。
他の内容は変わりなく見れます。修正が完了したら、こちらのブログでもお知られいたします。

他に、兼業している相談支援専門員の仕事も新規ケースの依頼がコンスタントにあります。
利用するサービスが遠方にあるため、電車を利用して移動してます。

障害福祉のサービスや手続きは、介護保険と異なり複雑ですね。
一例ですが、電動ベットは、介護保険ではレンタルですが、
障害福祉では給付になり行政での手続きに時間を要します。

若い世代では、長期にわたり使用していくので給付のほうがリーゾナブルですが、
30代後半で介護保険が利用できない世代では、すぐに利用したり機種変更や処分等、
介護保険と同様のレンタルが適してます。
急な入院から退院をして自宅に戻る場合は、手続きが間に合わないので一般のレンタルとして、
月額約1.5万の負担となってしまいます。納品は、業者が共通なので最短で数日ですが。

相談員に関しては、介護保険のケアマネと障害福祉の支援員をコラボする案もあるようです。
双方で持ち件数の上限(障害の上限はなく150件以上受けている方も)まで受けている方が
ほとんどなので、1人の支援員が両方をコラボするのは困難だと思います。
持ち件数を減らして双方で半々にセーブしたとしても、制度が異なるので、大変ですね

プロ野球の大谷選手の二刀流にはならないですよね。
感覚的ですが、同じスポーツでも野球とラクビーの違い?でしょうか。

今となっては、ケアマネの資格は有してますが、仕事としてできるかと問うと難しいです。

このように手続きに翻弄しながら、コツコツと前進しています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度の専門活動

2017年04月26日 | ささき社会福祉士事務所
昨晩は、復興支援員のミーティングがあり、今年度の活動について確認をしました。
活動の集大成に向けて、更なる専門性が発揮できるように積極的に活動していくことを
目指していきます。

そのほかの仕事も含めて、今年度は『現場中心』に活動をしていきます
活動の柱です。

・成年後見人
・相談支援専門員
・復興支援員
・第三者評価委員

社会福祉士と精神保健福祉士の資格をベースとして、
『任せて安心』と言われるように研鑽していきます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況報告

2017年04月16日 | ささき社会福祉士事務所
4月もあと2週間で終わりになりますね
このペースでいくと、今年度もあっという間に終了してしまう予感が。
1日1日を有意義に過ごしていきたいです

さて、本日は職能団体の研修でした。
昨年度まで運営サイドにいたのですが、今年からフリーになったので、
変な感覚でした。多くの仲間は運営側で汗をかいていたのに。
暫くの間、外野から声援をしながら、再登板を目指してリカバリーをします

話題は変わりますが、ようやく気合を入れてダイエットに励もうと心を入れ替えました
その結果、この週末でなんと「-2.8kg」の減量に
単に夕食の「ドカ食い」をやめて、夕方に散歩をしただけですが。

もともと人生初の『大台』に達していたので、±2~3kgは1~2日で簡単に変動します。

目標は、7月中旬までの3か月で『-10kg』です

ご期待の程
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一般社団法人設立

2017年04月13日 | ささき社会福祉士事務所
先日の記事でお伝えしましたが、4/3付で無事に登記が完了しました。

『一般社団法人 なかまち社会福祉士共同事務所』の誕生です☆

事業内容も見直しました。

1.成年後見制度の推進事業
 ①「後見カフェ」の開催
 ②地域向けに出前講座の開催

2.ソーシャルワーカー関連事業
 ①(個人)ソーシャルワーカー契約
 ②(企業)企業内ソーシャルワーカー契約(実績あり)

3.相談事業、講師・専門相談員派遣事業 他

以上が主な事業です。

数年後には、会員を募り、事業を拡大させていく計画です。

コツコツと事業を安定化させていきたいです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度

2017年04月04日 | ささき社会福祉士事務所
3月の慌ただしさから解放されて、ようやく新年度に切り替わりました
季節は、お花見の時期となりましたね

ブログの方は、相変わらず更新が滞ってしまい反省してます・・

さて、近況です。
成年後見の仕事の方は、順調に受任研修が増えてきてます。
地元周辺の依頼が多いです。

また、この4月に有志の仲間と立ち上げていた「なかまち社会福祉士共同事務所」が
一般社団法人になります
現在、公証役場での認証を終えて、法務局に登記申請中です。
来週中には完了予定となり、税務署に届け出をします。

設立メンバーが全員理事になりますが、なんと自分が『代表理事』に指名されました
重責ですが、成年後見の普及啓発に向けてコツコツを取り組んでいきます。

余談ですが、4/2(日)に目黒川沿いでお花見会をしてきました
初めて川沿いのレストラン「はし田屋中目黒店」で食事をしながらお花見をしましたよ
ご一緒した仲間は、人生のメンターであるI夫妻、M夫妻です
両夫妻ともに事業を営まれている方々なので話題が桁違いでした
学ぶことが多い宵の席でした

今月から研修関連の担当を抜けたので週末は身軽になると思いきや、
腰痛・膝痛で静養することが多かったです

貴重な週末を充実するためにも、
夏に向けてダイエット&筋トレをしていきます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再縁

2017年03月03日 | ささき社会福祉士事務所
早くも3月になりました
月末にはお花見の時期になり、すぐに新年度になりますね。

今月の残された事務は、確定申告と第三者評価の講評1本となりました。
週末に集中して処理する計画です。
平日は、成年後見の新規案件の調整が山積してます。

成年後見の受任当初は、多摩地域の方々が中心でしたが、
ここ最近は逆転して区部で近場の城南地域の方々が中心となってます。

この傾向は、やはり「なかまち社会福祉士共同事務所」の信頼度が大きい要素かと
ホームページを見てから安心してオファーをして頂いたりと。
そんな傾向もあり、組織固めの意味を込めて、共同事務所も設立3年目となる来月4月に
『一般社団法人』を申請します。さらに地域貢献をしていきたいですね!

さて、標題の「再縁」ですが。
最近、6年前に常勤職員を退職した法人の事務所に行く機会がありました。
地域包括支援センターが併設してあり、成年後見の相談を受けたためです。

帰り際に、14年前に直属の上司であったYさんに偶然出会いました。
定年されていて再任用で継続して働いているとのことでした。
「名刺を交換しよう!」と寛大に声をかけていただきました
当時のYさんは今の自分と同じ年齢だったのですね

あの当時のYさんが担っていた激務の職責を今の自分ができるかと思うと、
完全に不可能だと断言できます。上から下から外部からの強烈な圧力に耐えながら、
職務を遂行した力量に脱帽です。今、振り返ると「カリスマ上司」でしたね☆
退職を相談した時に、何度も揺れ動いて多大なる迷惑をかけたことが走馬灯のように思い出します

また、さらにさかのぼり、別法人で働いていた時に基幹型包括で地域全体を取りまとめていたMさんや
包括時代に未熟なセンター長だった自分を忍耐強く支えてくれた看護師のTさんなど、懐かしいメンバーに再会しました。

そして法人に就職した時にすぐに声をかけてくれて結婚式にも呼んでくれSさんにも久々に再会。
出世していてビッシとしたスーツ姿でした

若き日に苦楽を共にした仲間に再会して感動したひと時でした。
同時に、今も頑張って働き続けている元同僚等を思い、「一緒に働いていて良かった」と思われるように
これまで以上に切磋琢磨していかなければと心新たに誓った1日でした

最後の最後に、自分を見つけて、カリスマスーパー訪問看護師と全国的に評価されているSさんにも
温かなお言葉をかけていただきました!

今回の再縁で得た『辞めても同志』という仲間たちの気心に敬服
コメント
この記事をはてなブックマークに追加