思考盗聴・音声送信・電波集団ストーカーの真相について 

外国の最先端スパイ工作システムと日本における人体実験について

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

外国の最先端スパイ工作システムと日本における人体実験について

2009年04月18日 | Weblog
<はじめに>



人の脳とコンピューター器械とをつなぎ、人の脳の情報を知り、人の脳に情報を送る事が可能な五感情報通信技術およびBMI技術などの研究が、総務省・文部科学省などの主導する国家プロジェクトとして行われています。



五感情報通信技術について


http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_1.pdf


BMI技術について


http://www.keyman.or.jp/3w/prd/18/30002318/




しかし、これらの最先端技術は外国の軍事・スパイ工作分野における国家安全保障上の機密に守られながら、十数年以上前からスパイ工作器械として一部の人達にはすでに知られていたのです。



<話をしなくても、頭の中で考えた言葉が解る思考盗聴器の原理について>



実用化された製品情報 


http://s04.megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/



「合成テレパシー」の開発:思考をコンピューター経由で伝達


http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html



http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html



対象人物の脳の様々な情報、すなわち思考言語・聴覚・視覚などの情報を知り、対象人物の脳に音声などの様々な情報を送る技術。それはスパイ工作器械の技術としても最先端の技術であり、対象人物の脳への直接的なマインドコントロールを可能とする技術でもあるはずです。



さらに対象人物の脳とコンピューター器械とを双方向的につなぐ(衛星)電波通信システム・・・。



これらを実現した時、世界最強のスパイ工作システムが誕生する事は言うまでもありません。




東西冷戦のスパイ工作合戦とスパイ技術の研究の歴史を振り返る時、いわば歴史的な方向性をともなう必然の成果として、これらの最先端スパイ工作技術が誕生したのだと思わざるを得ません。東西の大国がこれらの高度な技術を獲得するためにどれほどの国力を費やしたかは、私を含め、スパイ天国と言われて久しい平和な国の日本人には想像する事さへ難しいかもしれません。


 
そして・・・その世界の本当の厳しさも・・・。



事実だけを言えば、外国のスパイ工作機関はこの技巧的にして実験的な訓練を伴う、最先端スパイ工作システムを日本や世界において実現させるために、世界中の一般市民から選ばれた人体実験被害者を必要としたのです。



<被害者のサイト>



NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク              


http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/


     
http://pulsefobia.site-station.net/



http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/seigi/index.html





<脳内情報通信技術が実現した最先端スパイ工作技術について>




五感情報通信技術・BMI技術などの、いわば脳内情報通信技術とも脳内通信工作技術ともいうべき技術によって実現した、最先端スパイ工作器械およびその技術については以下の通りです。



<思考盗聴>



もし、盗聴器から人が頭の中で考えている言葉が聞こえてきたら・・・。思考盗聴器の基本的な考え方は、


実用化された製品情報 


http://s04.megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/


上記のリンクで紹介された商品器械の原理とほぼ同じと考えてよいと思います。
あえてもう少し具体的に説明するならば、


『声に出さないで、心の中だけで読んだり話したりしている時であっても、実際には「舌」と「声帯」、さらに、「声に出さない音声などを処理している音声器官」は、脳からの音声信号(神経信号)を受信しています。この音声信号(神経信号)をセンサーで受信し、その信号を処理して、パターン認識をもとに解析、解読を行うコンピュータプログラムにしたがって音声言語や文字として翻訳する器械』という事ができます。



しかし、スパイ工作器械である実際の思考盗聴器が首につけたセンサーなどで音声信号(神経信号)を受信している訳ではありません。例えば、人に電波を当てるとその人が持っている電波が反射する為、その電波を捕捉し測定する方法を用いるのです。(一例を挙げれば、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の奇数波長の電波が測定されます。)



より具体的には、その人に個有な個有生体情報をもとに、対象者の持つ一定の周波数によってエネルギーの波をはね返らせるレーダー電波技術を用いて、対象者の脳の電気信号(神経信号)を電波によって捕捉(受信)しているのです。


これについては、


(英文)  


http://forbrighthonesteyesonly.wordpress.com/


上記のリンクの文章が参考になるでしょう。また、脳波をレーダー電波によって遠隔的に捕捉し、頭の中で考えた単語の翻訳を試みる技術については、下記のリンクを参考にして下さい。( 注:  実際には脳波だけでなく脳の電気信号を捕捉する、さらに高度なレーダー電波技術が存在すると思われます。)



(英文) 


http://www.slavery.org.uk/RBITE.htm




<音声送信>



もし、その人だけに聴こえる音声を送る事ができたら・・・。その人の個有生体情報をもとに対象者だけに音声を聴かせる音声送信の技術については、


http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html



上記のリンクの通りですが、私の実体験から音の質、音量、方向感、距離感、立体感、音響などに優れており、知らない人は音声送信なのか目の前の現実の音声なのか、まったく区別がつきません。また、優れたボイスチェンジャー(音声変換)技術により、対象者の知人の声を真似た音声送信を行なう事が可能です。



<視覚盗撮>



もし、モニター画面に対象者が見ている映像が写し出されたら・・・。


視覚盗撮に関する技術について


http://www.atr.co.jp/html/topics/press_081211_j.html



(英文) 実用化された製品情報


http://www.wicab.com./technology/





<聴覚盗聴>



思考盗聴の技術と原理的には同じ技術を使って、対象者の話し声や周りの音声など、対象者が聴いている音声を盗聴する事が可能です。


より具体的には、脳内情報通信技術によるレーダー電波の音声送信によって、骨伝導音などを対象者に聴かせながら聴覚の音声信号(神経信号)を同時に捕捉し、送信した音声信号情報などを元にこの情報を解読および翻訳することで、対象者がふだん聴覚器官で聞いている音声を翻訳し、復元する事が可能です(聴覚盗聴)。また人の話し声は骨伝導音などによってその人の聴覚器官にも伝達されるため、聴覚盗聴によって対象者の話し声を復元する事も可能です。




<脳内情報通信の基本的な考え方について>



これら脳内情報通信の基本は、レーダー電波によって脳の電気信号(神経信号)情報を捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読および翻訳をする事です。


しかし、総合的な情報を収集してこれを客観的に把握するためには、 思考盗聴・音声送信・聴覚盗聴・視覚盗撮などの(実験)内容を互いに確認し、それぞれの情報を総合的に判断する必要があります。





<対象者を限定し、その位置を把握する技術について>



脳内情報通信技術のなかでも、対象者の持つ一定の周波数によってエネルギーの波をはね返らせるレーダー電波による自動追尾技術を用いて、(個有の生体情報をもとに)対象者を限定した思考盗聴・音声送信・聴覚盗聴・視覚盗撮などが可能です。また、この時に対象者の位置を把握する事も可能です。



(英文)


http://www.slavery.org.uk/RBITE.htm




< 海外総合情報 (翻訳)およびマインドコントロールについて >


http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/LIBRARY.htm



参考文献   


「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」 
 
(著者 小出 エリーナ)


http://satehate.exblog.jp/7676047/


 

世界の盗聴器


http://scanlock.hp.infoseek.co.jp/kaigaitouchixyou.html




<電波による脳内情報通信技術に基づくスパイ工作システムとその利点>




電波による脳内情報通信技術に基づくスパイ工作システムは、レーダー電波または(マイクロチップ)センサーなどによって入手した対象者の持つ個有の生体情報をコンピューターに登録する事により、レーダー電波技術による自動追尾システムによって遠隔的にスパイ工作活動が行なわれます。


その為、対象者の身近にスパイ工作器械が存在する必要はなく、証拠を残す可能性がほとんど無いばかりか、本人に気づかれないように非常に高度なスパイ工作活動を行う事が可能です。



<スパイ天国日本の実態について>



http://www.bsk-z.or.jp/kenkyu_center/hozen_sasshi/bsk21-3.pdf




< 最先端技術スパイ工作システムの構築 >



アメリカ・イギリス・中国・ロシア・フランスなどの国々、およびユダヤ機関は思考盗聴器・音声送信器などの次世代最先端技術を用いた、スパイ工作器械の研究開発および製造を行っています。この技術のための人体実験被害者は、先進国をはじめ世界中に大勢存在します。


かつての東西冷戦のスパイ工作器械研究開発競争は、技術の進歩と共にこれらの最先端技術スパイ工作器械を生み、同時に脳内情報通信システムにもとづく革新的なスパイ工作システムを誕生させたのです。


将来、マイクロチップによるセンサーやレーダー電波などによって容易に入手した個有生体情報をコンピューターに登録する事により、人の脳とコンピューターとを(衛星)電波システムでつなぎ、世界的な脳内通信工作システムを確立する事が外国のスパイ工作機関の目的であると考えられます。



また脳内通信工作技術によって、監視と(危機)管理システムの強化を目指す大国や、新世界秩序の実現を目指す国際的な組織が存在します。




「GWEN等、HAARPと衛星GPS_EMF制御格子」


 重要リンク (英文)



http://lists.topica.com/lists/sott/read/message.html?sort=t&mid=1717480679





重要な事は、資本主義陣営、共産主義陣営を問わず、外国系(在日系)の非常に秘密性の高い謀略スパイ工作機関によって、脳内通信工作技術にもとづくスパイ工作システムを、日本において構築するための実験的かつ実戦的な人体実験が行われており、そのための被害者が日本人の一般市民から選ばれているという事実です。



<日本における外国の情報機関の特殊任務部隊について>



外国のスパイ工作機関の立場からすると、日本におけるスパイ工作活動は日本人よりも(日本に数百万人は居ると言われる)在日系の方が手なずけ易く、秘密保持その他の信用にまさる事は当然の事です。さらに日本の裏社会に在日系が多いという事も、そのメリットの一つです。



<外国の軍事・スパイ工作技術の認知問題>



軍事・スパイ工作器械に関する次世代最先端技術は、国家安全保障上の問題から国家機密に指定されるため、十数年間は民間の識者の方に知られる事がなくても不思議はないのが常識です。



<人体実験の統計的分析の重要性>


しかし、主に先進国に存在する人体実験被害者の証言を統計的に冷静に判断する事によって、脳内通信工作技術にもとづく秘密性の高いスパイ工作システムの実態がおぼろげながら見えてくる事は事実です。




<人体実験被害者の証言について>



被害報告を集約すると、1.電波による脳の異常(体感覚異常) 2.音声送信 3.思考盗聴 4.マインドコントロールの4つの被害を基本に、さらに 5. 体の一部などへの感覚的な操作、または攻撃 6.視覚盗撮などの被害報告が目立ちます。



人体実験被害者の証言は、加害側の実験の目的や手法、また段階によって被害者の体験や認識が異なるため、被害者個人としての体験は、大抵は被害報告によって知られている全体の内の、個々の体験の組み合わせによって成り立つ事が多いようです。



<人体実験の統計的分析が伝える事実> 



被害者の方の情報を集めて分析を試みた結果、最も重要と思われる事実は以下の通りです。



1. なぜ被害を受けたのか、被害者自身には思い当たる所がない場合が多いという事実。



2. 2O年ほど前からこの被害が報告されているにもかかわらず、今だに加害組織が正体を現さないという事実。



3. 被害者を精神病や自殺に追いやる、加害側の人間的な感覚が日本人離れをしていると思われる事実。



4. 毎日24時間、数年以上も監視(被害)が続くという報告例が多いという事実。
  

(重要人物である対象者を数年以上にわたって毎日24時間監視し、あらゆる情報を集め、目的に応じて工作を仕掛ける事はスパイ工作機関の常識です。)
 


5. 地下の洞窟から飛行機の中に至るまで、思考盗聴・音声送信被害から逃れられたという確かな報告例が存在しないという事実。  



6. 日本のどこへ行っても、(新幹線のような)乗り物に乗っていても、加害組織の思考盗聴・音声送信によって、被害者の頭の中で加害側との会話が行われる。という事実。



7. 外国の被害者、特に、アメリカの人体実験被害者団体が、自国の政府による犯行を主張しているという事実。



これらの事実は、加害組織が日本の技術を使用している可能性について否定的な見解を与えます。



例えば、日本の防衛省の最近の研究技術は、壁透過レーダーによって「壁の向こう側にいる人の人数・位置・武器などの装備・動きや様子などがリアルタイムで解る」程度のようです。



防衛省技術研究本部発表会 


http://d.hatena.ne.jp/dragoner/20081113/1226582184



また、パソコンの微弱な電気信号を離れた場所から捕捉(受信)するテンペストの技術は、約百メートルが有効距離と言われていますが、脳の電気信号を遠隔的に捕捉する思考盗聴などの被害者の証言では、その有効距離がはるかに長い事からも、日本における人体実験犯罪に外国の国家機密の技術が使われている事は明らかです。




例えば、国防総省だけでも7兆円以上を研究開発費に使うアメリカを除いても、軍事・スパイ工作関連技術としては、本格的な軍事・産業スパイ機関が存在しない事もあって、平和国家日本のレベルは必ずしも高いとはいえません。



これらの事から、電波による脳内通信工作技術にもとづく、最先端スパイ工作システムを構築するための実験的かつ実戦的な実習訓練が、日本人の一般市民を対象に、外国のスパイ工作機関によって行われていると考えられます。





<(新興)宗教と脳内通信工作システム>



人体実験を調べて行くと、「マインドコントロール」という一つの大きなテーマに行き着きます。



脳内通信工作システムによって、神のごとく人の内面を知り(思考盗聴)、神の声を聞かせ(音声送信)、神のごとく人の心を操作し(マインドコントロール)、人にある種の思い込みや、信仰を抱かせる事が可能です。



また、宗教界を操作する事が可能となり、新興宗教および保守宗教を問わず、海外で宗教界に対する操作や工作を行う事で知られる、国際的な組織や共産国系組織の動向には大いに注意が必要であると思われます。




<危機管理および社会的な排除システム>



人体実験被害者の証言によれば、「対象者の社会的な排除」が実験の大きなテーマの一つであることは疑いを容れません。



高度な音声送信およびボイスチェンジャー(音声変換)技術にもとづく、近所の人や他人のふりをした声優部隊の音声送信工作によって、あたかも対象者の秘事(プライバシー)が広まり、周りの人達から嫌われているかのごとき錯覚を与える事が可能です。




事実、被害者の方の中には声優部隊の音声送信工作による、偽装集団ストーカー被害を錯覚的に経験なさった方がいらっしゃいます。




また、非殺傷兵器の技術を用いた電波によって、対象者の脳機能に異常を引き起こす事が可能です。


http://wiredvision.jp/news/200708/2007082921.html




これらの技術によって、対象者の社会的または所属団体内部での信用を損なわせ、場合によっては病気を理由にリタイアさせる事が可能となり、長期間におよぶ嫌がらせ(ハラスメント)によって、潜在的な自殺教唆を含む事実上の社会的排除が可能となります。



人体実験被害者の方の多くが精神を患い、自殺に追い込まれた方もいらっしゃる事は事実です。



参考ブログ



http://www.geocities.jp/gdnds167/GAIKOKU.htm


http://gdnds167.blog.so-net.ne.jp


http://www.geocities.jp/gdnds167/supai.html





Rink free  write by 菅
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事