積み重ねるということ
日々の出来事です




少し雪が積もりました。積もったうちには入りませんが。
日中の気温が上がると雪がとけだして水分が多くなり夜間に零下になるとカチンコチンの固い雪に変わります。
この固い雪が曲者なんです。


自社の車でCYL77のギガ。
ミッションのチェクウランプが点灯し奇数段に入らなくなったとのこと。

車を点検しますがランプは消灯し正常な作動になっていました。


他の者がDT-3300を使用していたのでコッチで点検してみます。


あれ?通信できない。何度も試してみましたが通信エラー。
DT-3300が空いたので試してみましたがダメでした。

エンジン、エアサス、ABS、スムーサーのECUを外しながら通信させてみましたが何一つ通信できませんでした。
しかしDLCの4-12を短絡させるとダイアグは始まりチェックは出来ました。
何故に診断機と通信が出来ないのか…。
色々時間を掛け点検しましたがタイムアップ。
何一つ診れませんでした…。


次も自社の車でFRR34フォワード。

エンジンのチェックランプが点灯したとのことで点検。
回路を点検すると2つあるスイッチの1つがオンになっていないことが分かりました。


ペダルを踏むと1はオン。2はオフ。正常ならば両方共オンになります。
スイッチ1の車両側コネクターを短絡させるとオンになりますので車両側もスイッチも正常。


スイッチ2はキャビンの裏側のブレーキバルブの配管の途中に取り付けられていました。




コネクターを外し短絡させてみると。


残念ながらオンにはなりませんでした。
ということは車両側のハーネス等に問題があるということになります。


アース側なのか電源側なのか点検すると電源側に問題がありました。
配線図と車両をにらめっこし点検すると上の間で配線に問題があるかダイオードに問題があるようでした。
これもココまででタイムアップ。
この車も何も解決せず。。。


でも故障のおかげでクラッチマスターから液漏れしていることを発見できました。
また今度マスターの交換です。
その時に、もう一度スイッチ回路の点検をしてみようと思います。


寒いと動きが悪くて効率が悪いのです。
こんな寒さは北海道や東北の人に比べたら全然なのですが。
とにかく寒さに弱いんです。。。
早く風呂入って寝ます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 事故修理 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧 また治らなかった »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。