積み重ねるということ
日々の出来事です




寒くなったり暖かくなったり。木曜日は春のような陽気でした。
本日は雨が降ったり晴れ間が出たり暖かくなったり寒くなったり。身体の体温調節がついてきません。

CD4のクオン。車検整備とキャビンがガタガタして、もう限界ということで修理しました。

キャブサスの付け根のブッシュがガタガタです。


キャブマウントを取り外す必要がある為キャブを釣り上げます。




右側のピンが固着して抜けなかったのでキャブショックブラケットごと抜きました。


左はピンが固着していなかったのでスンナリ抜けました。


こんな感じでキャブマウントを取り外します。


取り外したマウント。


キャブとの取付部。


プレスで打ち抜いたブッシュ。


ブッシュの中のピンが摩耗してガタガタ限界。




新しく入れたブッシュ。対策品に変更されていました。


ファイネスで見る修理書には対策ブッシュの入れる指定方向が記載されおらず古いままでした。
作業していた若手1番が私に圧入する向きが分かりません!と聞きにきたので私も分かりません!と答えました。
ずっと分からない分からない、どうればいいかとウロウロして作業が進みません。
そんなのUDさんに聞くしかないでしょ?誰もしらないんだから。
やっと問い合わせをし入れる向きをファックスで流してもらい作業再開。


ついでにショックの取付部のブッシュも交換。






あとは元に戻して修理完了。ガタガタはなくなりました。


走行中エンジンチェックランプが点灯しエンジン回転が制限されスピードが出ないとのことで入庫しました。



EGRバルブ系統のトラブルのようです。


手っ取り早くバルブのアクチュエーター部分を取り外してアクティブテストを行ってみます。


アクティブテストでは開く方向へアクチュエーターは作動しますが閉じる方向へ作動不良をおこしていました。


こんな時の為と思い工具箱へしまっておいた各種アクチュエーターを出してきてチェックすると作動自体は正常にしているので現在のアクチュエーター不良ということです。
しかし手持ちの物は先端の形状が合わず中古しようとはいきませんでした。


お客様に了承を得て新品に交換。


新品に交換し故障コードを消去し作動もチェック。修理完了。




走行距離(86万キロ)のわりにはカーボンの堆積は少ないと思います。
一度交換されているのかもしれません。


年末も押し迫った週末。やっと乗用車のリフトが空いたので自家用車の修理をしました。



右前のドライブシャフトブーツ破れです。
過去にも一度同じ個所の修理を行っていますが再度破れてしまいました。




GDBは右フロントドライブシャフトの直前にフロントパイプがあるので熱害で溶けてしまいます。
社外のフロントパイプに交換していると破れやすいのです。
根本的な熱対策をしなければ定期交換部品となってしまいます。




純正のキットを使用して交換。
各リング等が付属しています。


完成して組み付け。


ミッションオイルを抜くのでついでにミッションのオイルパンを外して清掃しました。
マグネットに鉄粉が結構ついていました。




せっかくオイルパンがあるので外せる機会の時は清掃した方がよさそうです。
このミッションにはオイルポンプが内臓されておりスペックCにはミッションオイルクーラーも装備されています。
オイルクーラーの取り出し口もそうちゃくされているので、いつか装着したいなとは思っていますが…いつになるかわ分かりません。
ちなみにGDBの次の型のGRBからはオイルポンプが無くなったので必要ないのかもしれませんね。


フロントのスタビリンクもヘタっていたので社外優良品で交換。
いつもなら純正で交換するのですが高い割には耐久性がないので社外にしてみました。


ミッションオイルは上のレベルゲージからの注入になるので冬場なんかですと時間もかかり手が疲れてしまします。
こういたった点がメンテナンスを面倒がらせて怠ってしまう原因の一つでしょう。


いつもは高いモチュールのギアオイルを入れていたのですがサーキットに行く時間もない今は純正のオイルに戻しました。
純正といってもスバル車には合うギアオイルです。
過去にお客様のインプレッサで銘柄の違うギアオイルに交換したら温間時にギア鳴りするようになってしまい慌てて純正オイルに入れ替えたところスムーズなギアに戻ったということがありました。
それ以来お客様のスバル車には純正以外のオイルは使わないようになりました。
粘度が同じなら他メーカーの車種にも入れていますが不具合どころかフィーリングは良くなる傾向にありますので、それ以来ギアオイルはスバル純正を使用しています。
単価は高いのですが値段以上の高性能でしかも純正とくれば使わない手はないですね。


何か月振りでしょうか工場の中がカラッポになったのは。
今年は過労死気味な仕事量でしたので来週からは仕事を入れていません。緊急故障の対応くらいしかする予定はありません。
来週から掃除を始めて年末恒例の床のペンキ塗りです。
天井のLEDの効果が発揮され来年からは明るい工場に生まれ変わる予定です。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« クラッチが入... 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧 確認不足 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (GKS)
2016-12-27 09:01:29
おはようございます。
覚えていただいていたとはビックリすると共に嬉しかったです!(^^)! ありがとうございます!

いつもとても参考になる記事をアップされていてすごく助かっています。整備作業の他にも従業員教育や人間関係なども多岐に亘って書かれており、とても勉強になります。

私もブログをやってますが、月に数回しか更新できずお恥ずかしい限りです。
作業中の写真を撮ろうと思っていてもいつも面倒になってしまい文章ばかりですし・・・
ここまで細かく撮られているのは本当にスゴイですね!

また、ご自身のお車の手入れもマメにされており、これまた脱帽です!
私の場合、「自動車屋あるある」と言い訳しながら自家用車や足車はいつも後回しにしてしまってます(^^;)
 
 
 
Unknown (運送屋)
2016-12-27 19:43:51
GKSさん

コメントを何度か書いていただいた方は大体ですが覚えていますよ。
参考になっているのであれば嬉しいですね。なかなかトラック整備の情報は少ないですからね。

そう…そうなんです殆どの整備ブログは書いている本人しか工場に居ないんじゃないかと思うブログばかりですのでイマイチピンとこなくて日常を文章に表すのは難しいですが作業内容や作業中の出来事や想い等も分かってもらえれば自動車整備工場の日常が分かりやすいですね。
だたの日記でしたら公開する必要はないですし。
ブログを公開するからには知らぬ人が見るわけですから見て「なるほどねとか、そうなんだよね」等と思っていただけるようには努力しています。
なので私も他の方のブログは拝見して参考にさせて頂いていますが、お気に入りなのは数ある整備ブログの中でも3つほどしかありません。

難しいことは整備書を見てもらって作業すればいいですし整備書に出ていないようなコツやヒント等や定番の故障事例等を載せていきたいなと思っています。

自家用車は自動車屋あるあるで後回しなんですよ。
やりはじめたらトコトン作業しますのでマメに手入れしていると思われるだけです!

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。