嫌がらせの毎日の中で

被害の個人的な記録です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初めに

2015-01-01 01:00:00 | 日記
初めてこちらに来られた方は,こちらを一読下さい。


書籍「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集−遠隔技術悪用を告発する33名による実態報告−」
NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 内山治樹編
講談社出版サ−ビスセンター
2010年5月12日発行
より引用

:::::::::::::::::::::
被害は日本全国で報告されています。


2010年には確認被害者が700名を越えています。 (この数は「これが電磁波やその他の科学技術による犯罪行為である」と気付いている方の数です)。
一般には社会的な認知や周囲の理解が足りないため病気(統合失調症:ブログ管理人注)と認識され,被害者であるにも関わらず不当な扱いを受け,二重,三重の苦しみを受けている被害者が大勢います。また,訴えが届かないまま自ら死を選んだ被害者もいます。



テクノロジー被害

考えが読まれている,睡眠妨害,声・音が聞こえる,頭の締め付け・痺れ・痛み,恐怖心・不安感の増幅,不自然な夢,心臓等内蔵の痛み,意識への介入,精神を侵される不安,脳活動の抑制・活発化,睡魔


人的嫌がらせ被害
(いわゆる集団ストーカー:ブログ管理人注)

盗聴,人・車によるつきまとい(尾行・ストーカー)・見張り,盗撮,隣人の不審な言動,パソコンへの介入,電気製品の故障,うわさ,にらみつけ・つば吐き等敵意ある態度,電話機の異常,家宅侵入


海外の現状

海外では,既に公的な対応がなされています。

●アメリカでは,1997年にクリントン大統領が,機密の人体実験を厳しく規制する行政命令を出しています。 (被害者は政府関連団体が秘密裏に行っていると疑われているマインド・コントロール等の技術の実験台ではと言われている:ブログ管理人注)

●フランスでは,1998年にフランス国家生命倫理委員会において,思考を読める段階にある神経科学の進展に,注意を喚起することが発表されました。

●ロシアでは,2001年に下院がマイクロウェ−ブ・超音波・超低周波・光を武器に相当すると認める法案を可決し,プーチン大統領が署名しています。

::::::::::::::::::::::
引用終わり


NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク
URL
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/


人的嫌がらせ犯罪については

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)

こちらのサイトが詳しいです。
その他こちらもお勧めです
タイトル:
集団ストーカー.info(企業ストーカー、職場ストーカー)
URL:
http://www.gangstalker.info/index.html
お読みいただきありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

11の特徴

2014-12-01 01:00:00 | 日記
「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」より

嫌がらせ犯罪(いわゆる集団ストーカー)の特徴についてわかりやすくまとめてある文章がありましたので、引用します。

以下引用
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
P4
これまでに調査から嫌がらせ犯罪に11の特徴があることがわかってまいりました。
相当数の人間が( 忙溶算中(◆砲弔まとい()、なにかしようとするその絶妙なタイミングで嫌がらせを働いてくる(ぁ法
そのタイミングは絶えず監視していなければできないこと(ァ砲如⊆柴發旅堝阿鮴査困靴討修旅堝阿帽腓錣擦討覆鵑蕕の反応をするようにプログラミングされた監視システムがなければできない嫌がらせであります(Α法
しかも嫌がらせは外出しても行く先々で行われることから、全国的に組織網・連絡網が完備していることが考えられます(А↓─法
また行われている嫌がらせの内容が外国の例と照らして同じであることから、マニュアルがあることも想像できるようになりました()。
そしてこの犯罪は40年を超える歴史があること()、以上10の特徴すべてが非常識で貫かれており()、そこに次に説明するような大きな意味があることも分かってまいりました。

 ―乎沈
◆〃兮魁θ辛性
 ストーカー性
ぁ.織ぅ潺鵐粟
ァヾ道訐
Α.轡好謄狎
А.優奪肇錙璽性
─〜反ダ
 マニュアル性
 歴史性
 非常識性

P5 非常識性で貫く意味

嫌がらせ犯罪に一貫して現れている非常識性、これは注目すべき事実であります。
非常識で貫かれた嫌がらせは一般に全く受け入れがたいことであります。
起こっている現象が非常識であればあるほど、家族、友人も含めて一般人は退け、それは警察・弁護士・行政官・政治家、みな同じであります。
これを逆に考えると、常識の範疇の嫌がらせでは被害者を助ける人が必ず現れます。
しかし常識から離れていればいるほどだれもが遠ざけるようになります。
一方被害者は身に起こっていることが非常識であればあるほど全く判断ができなくなってパニックに陥ってしまうのです。そのパニック状態を見てさらに遠ざけられ、追いつめられた先にあるのは、自殺か、緊急避難的対処か、精神病院への収容であります。
このような構図がありありと読み取れるようになりました。
このことから嫌がらせ犯罪に貫かれている非常識性は意図的なものと断定します。
常識には一歩も近づけないという犯罪主体の強固な意思を感じるのであります。

:::::::::::::::::::::::::::::
引用終わり

この記事をはてなブックマークに追加

アメブロに移ります

2011-09-10 21:08:14 | 日記
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=gd4ap19jrfw52tna
アメブロに移ります

この記事をはてなブックマークに追加

「LEDアクション」

2011-09-09 11:34:09 | 日記
「LEDアクション」の動画で私自身気になることがあります。
それは電圧チェッカーのブザーの音の種類についてです。
この動画では、高いピッという音が鳴っています。
それはこのチェッカーが直流の電気に反応していることを
表しています。ですので、電圧は1.5から30Vのはずです。
メタルに触らずに、なぜ直流の反応をするのか私にはわかりません。
ただ私はこの方は本当の被害者だと思いますし、
LEDの点灯も本当のことだろうと思います。
それから携帯を買い換えなければならなくなりました。

この記事をはてなブックマークに追加

被害報告書籍から

2011-09-05 14:52:58 | 日記
被害報告書籍より
似たような印象を持ったことがあるので

P343
「この振動の感触は音の影響に因る振動の感触とは違います。
火山灰がすりつぶしたような粒子が細胞の中までしみ込み器官をえぐるように濃淡をつけて身体を擦り抜けていきます、この粒子がパルス状に通り抜けてゆく濃淡の変化を振動と感じるのです。これが来た瞬間、身体の器官各々が身構えます。
刺激が強いと後日、身体のあちこち、特に上半身でチクチクした痛みが
続きます。」

この感覚は、私が以前に揚げた3つの痛みの中で、私が3番目としたもので、‖單鉄兇任
微振動でもない、
なにか「粒子が細かい」と前にUPしたものと似ている気がします。
2011年の5月か6月かその辺りでUPした覚えがあります。
私の場合は焼き切られたような跡が残るという被害はありません。

この記事をはてなブックマークに追加