気まぐれ日記


カメラを持って、花を主とした写真を撮っています

初音ミク

2017年10月19日 | その他

このブログを見に来てくださる大半の方はご存じないのでは、と思えるのが「初音ミク」です。

歌声合成ソフト「ボーカロイド」の代表的ソフトであり、またそのキャラクターでもある「初音ミク」が
誕生して、8月31日で10年を迎えた。この間、海外からも高い人気を集めただけでなく、クリエイターや
ファンがミクのオリジナルの楽曲を制作し、さらに別のファンがそれを基に2次創作でイラストを描くなど、
ミクを取り巻く一人ひとりが自由にミクの「人格」を作り上げてきた。

10月13日(金)から東京大手町のよみうりギャラリーにて、「MIKU10 -初音ミク10周年展-」が開催されています。

 

良く伸びるハイトーンボイスを持つ16歳の女の子というキャラクターが与えられた。青緑の髪のツィンテール、
158センチ・42キロと設定されている。そして声優の藤田咲のキャラクターボイスを元に作り上げられた、
これが「初音ミク」なのだそうです。

2007年、「初音ミク」が誕生します。

2011年には、アメリカへも進出しました。

10周年になる今年の「初音ミク」です。

私には段々おとなしくなってきているような気がします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

葛西臨海水族園で見た「丹頂鶴」

2017年10月13日 | 動物

まだ大学生の頃、当時社会現象の一つと言っても良いユールホステルを利用しての北海道旅行で、この丹頂鶴を見たことがあります。

もう60年くらい昔の話になります。

釧路市郊外、当時は確か「おたのしげ」と言っていたようなかすかな記憶がありますが、今検索しても見つけられません。

追記

「おたのしげ」と思っていたのですが、読み方を間違えて記憶していたようで、本当は「おたのしけ」だったようです。

釧路市丹頂鶴自然公園から南東方向へ、数kmのあたりに大楽毛という地区があります。

でも、このあたりではなかったようなきもします。

 

私の記憶違いなのでしょうか、そうは思えないのですが。

今は「釧路市丹頂鶴自然公園」と言われているようです。

夏の一日、その今は公園と言われている「丹頂鶴」が保護されているところで、丹頂鶴を見ました。

その後、いつかどこかで見かけたことがあるのでしょうか、記憶にはありませんが。

その「丹頂鶴」を、無料公開された葛西臨海水族園の、「水辺の自然」と名づけられているところで見かけました。

ただ一羽、寂しそうでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿御苑の花

2017年10月12日 | はな

今日までは、今年の夏だったそうです。

明日からは、どちらかと言えば、降雨もある冬の季節になるのだそうです。

今日は曇天との予報があったのですが、朝から青空が広がる、暑い一日でした。

今日は、予想外の私にとっては珍しい花に、逢うことが出来ました。

初めは、多分「台湾杜鵑(ほととぎす)」です。

この時期、どこでもと言っても良いくらい、色んなところで出会える花です。

所が、花の形は「杜鵑」なのですが、花の色は白い「杜鵑」のような花が目に付きました。

調べてみると「白花杜鵑」と言う花があるそうです。

私ははじめて見る花です。

新宿御苑の一角には、黄色い花が咲いています。

この花は「石蕗(つわぶき)」です。

最後は「シルビア レウンカンサ」です。

まだ満開と言うところまでには至っていません。

満開は、今しばらく先のようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皇居東御苑にて(2)

2017年10月11日 | はな

先日の皇居東御苑の続きです。

秋の花は、そんなに多くは見かけられませんでした。

咲いていた花で撮ってきたのは、「金木犀」、「杜鵑」と「釣鐘人参」です。

秋の花と言うより、色んな植物の実を多く見ることが出来ました。

「白実の小紫」、「小紫」、「権瑞」、「夏椿」と「百日紅」です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葛西臨海水族園 無料公開日

2017年10月10日 | 年中行事

今日は「葛西臨海水族園」が1989年10月10日にされたのを記念した、通算28回目の無料公開日です。

この葛西臨海水族園には、2015年6月22日に、マグロ大量死以来始めて80匹のクロマグロを購入し、初公開された日以来の、久しぶりの訪問となります。

無料公開日と言うことで、9時30分の開園時間前に着いたのですが、既に数十名の方が開門を待って行列されていました。

まず最初に見たかったのが、この水族園の売り物の一つである、クロマグロの回遊している大水槽です。

もっともこの場所は、展示水槽をいくつか見たあとにたどり着けるところにあるのですが。

前回は、ガラス面への衝突を予防するためと言うことで、黄色いテープが沢山貼り付けられていました。

今はその様な施設は、一切除去されています。 

初めは、水槽の裏側に相当する箇所です。

右側照明の下の部分が、普通入園者が見ている水槽の上側になります。

これはちょっと珍しい写真ではないかと思います。

水槽の内側で、ガラス面の汚れ除去作業に従事されている、スタッフの方です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加