気まぐれ日記


カメラを持って、花を主とした写真を撮っています

初夏の新宿御苑

2017年05月20日 | はな

暑かったり寒かったりと、天候には中々ついて行けません。

今日は晴天で、かなり暑いと言うことで、新宿御苑に行ってきました。

最初の木は、まだ新宿門の外で見かけたものです。

「西洋科の木(せいようしなのき)」と言う木の実です。

葉っぱに付いているように見えますが、どうなのでしょう、良く分かりませんが。

次も花の後の実で、「ハンカチの木」の実です。

いままではこの木の実は気にしたことがなかったので、今回初めて実を撮ってくることが出来ました。

次は蕾で、「泰山木」です。

この蕾の状態では、花が咲くのは今しばらく先のようです。

 

更に次も蕾で「夏椿」です。

花は後どれくらいで咲くのでしょう、良く分かりません。

これから跡は花ではありませんが、生き物を三点。

最初は、何という生き物かわかりません。

葉の裏に止まっているのを撮っていると、外国の家族らしい三人連れの方が何を撮っているのか、と興味津々で眺めていました。

私が撮り終えて後に下がると、納得されていました。

鳴き声はいままでも何度も聞いたことがあるのですが、姿を見たのが初めての牛蛙です。

水分大きいものですね。

最後は「アオスジアゲハ」です。

携帯のカメラでこの蝶を撮っている方がいらっしゃったので、私も撮らせて頂きました。

普通、蝶はゆっくりとは撮らせてもらえない、と思っていましたが、今回は何時までも動かずにいてくれたので、撮る事が出来ました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 向島百花園にて 「現の証拠... | トップ | 新宿御苑のイベント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む