気まぐれ日記


カメラを持って、花を主とした写真を撮っています

2018年の「スーパームーン」

2018年01月02日 | その他

昨年末頃から1月2日の月は、2018年最初の「スーパームーン」です、と聞いていました。

自宅のベランダから撮れば良い、と考えていました。

でも、9時になってもベランダからでは今夜の月は見ることが出来ません。

と言うわけで、カメラを持って撮る事が出来る場所を探しました。

結局は、東側が開けている13階のエレベーターホールから、撮る事が出来ました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おまけ 11月13日(7)

2017年11月30日 | その他

今日観光バスの旅のおまけです。

嵐山には、トロッコ列車という乗り物があります。

時間の制約があるので、今までは乗ったことはありませんし、見たこともありませんでした。

所が、嵯峨野散策の、祇王寺より嵐山の集合場所へと戻る途中の踏切でのことです。

この踏切で遮断機が下りてきて、列車通過待ちのため待たされることになりました。

そこへトロッコ嵐山駅方面より列車が走ってきました。

それがこのトロッコ列車です。

はじめて見ることが出来ました。

 

トロッコ列車が通過したので、てっきりすぐ遮断機が上がり、通過できると思ったのです。

でも、警報器はまだ鳴り続けています。

どうして?と思ってしまいました。

すると今度は、同じくトロッコ嵐山駅方面より列車が走行してきました。

この列車は、トロッコ列車よりずっと早く近づいてきます。

とりあえず撮ったのがこの写真です。

JRの列車らしくありません。

ヘッドマークも、JRとは思えません。

ちょっとピントが合っていませんが、良く見ると「京都丹後鉄道」と書かれています。

これが水戸岡鋭治氏がリニューアルを担当した、京都丹後鉄道特急「丹後の海」と言う列車だったようです。

これも思いがけない遭遇でした。

両列車とも同じ方向へ去って行ったのですが、良く見ると走行していた線路は別物です。

複線だと思ったのですが、どうやら単線の嵯峨野観光線と京都丹後鉄道が、たまたま同じ場所を通っているだけのようです。

本当はどうだか分かりませんが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川越散策

2017年11月01日 | その他

今日は元の勤務先の友人10名と、川越市散策に行ってきました。

現役の頃、仕事の関係で毎月川越市には行っていました。

でも、あれからかなりの時間が経っています。

そんな事で、かなり変わってしまっている部分もありましたが、変わっていないところもあったのでしょう。

もうかなり前になりますので、本当は随分と変わっているはずですが、記憶が薄れ、はっきりとは思い出せません。

蔵づくしの町並み、と言われている通りの両側には、蔵づくりのままのお店や、古い作りのお店などが建ち並んでいます。

とは言え、この川越で一番知られている建造物は、「時の鐘」ではないかと思っています。

その「時の鐘」です。

今日のリーダーの方達の一番の目玉は、「川越まつり会館」見学だったようです。

ここは今まで、訪れたことはありませんでした。

館内には、川越まつりに関連した展示がなされています。

まつりに使用する山車は、現在全部で29台あるそうです。

そのうちの1台をのぞき、28台の山車は各町内のものだとか。

この1台は、川越市の丸広百貨店が制作し、川越市に寄贈され、抽籤で山車のない町内へ貸し出しをしているとか。

その1台が、この猩猩と名づけられた山車です。

このほかに個人が資金を負担し、制作に着手するも志半ばで逝去されたそうです。

この制作途中の山車の完成には、あと9,000万円くらいかかるとか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の日の出

2017年10月27日 | その他

昨日に続き、今日も快晴の1日になるそうです。

1日のはじめ、今朝の朝日です。

でも、あと二ヶ月くらいになった初日の出の時より、10度前後北の位置から、朝日は昇ってきます。

私の自宅の隣の方のベランダが、ちょっと引いて撮ろうとすると入り込んできます。

明日からは、台風の影響で、また天気は崩れてくるようです。

余り被害が出ないで取り過ぎてくれれば、と思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初音ミク

2017年10月19日 | その他

このブログを見に来てくださる大半の方はご存じないのでは、と思えるのが「初音ミク」です。

歌声合成ソフト「ボーカロイド」の代表的ソフトであり、またそのキャラクターでもある「初音ミク」が
誕生して、8月31日で10年を迎えた。この間、海外からも高い人気を集めただけでなく、クリエイターや
ファンがミクのオリジナルの楽曲を制作し、さらに別のファンがそれを基に2次創作でイラストを描くなど、
ミクを取り巻く一人ひとりが自由にミクの「人格」を作り上げてきた。

10月13日(金)から東京大手町のよみうりギャラリーにて、「MIKU10 -初音ミク10周年展-」が開催されています。

 

良く伸びるハイトーンボイスを持つ16歳の女の子というキャラクターが与えられた。青緑の髪のツィンテール、
158センチ・42キロと設定されている。そして声優の藤田咲のキャラクターボイスを元に作り上げられた、
これが「初音ミク」なのだそうです。

2007年、「初音ミク」が誕生します。

2011年には、アメリカへも進出しました。

10周年になる今年の「初音ミク」です。

私には段々おとなしくなってきているような気がします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加