lastエンペラーと徒然

ロードバイク“皇帝”と送るアクティブライフ。
SAGAMIHARA発「ポタリング・ログ」や季節のたよりをしたためます。

納車した“CANYON”を紹介・・・

2017-07-29 22:17:17 | 自転車徒然

ロードバイク ライフ 5年目 再スタート?! ・・・ 我家にやってきたのは ・・・ こちら ・・・

ドイツの キャニオン !

1985年、Roman Arnoldと弟のFranc Arnoldが、競技用の自転車パーツ販売を開始。(キャニオンというブランド名が登場するのは1996年以降)

2001年、自転車本体の製造販売へ業態を移行、その名称をCanyon Bicycles GmbHとした。

Canyonは、自転車の開発から組み立て、販売までを自社で一貫して行なっている。販売方法はダイレクトセールスのみ。

自転車店では購入できない。この直販によりコスパの高い価格を実現している。

Canyonは常に、最先端のデザインやテクノロジーを追及し続けており、メディアの読者投票やデザインアワードで、数々の最高評価を獲得している。

 

先日終了した 今年のツールドフランスでも、キンタナのモビスターや 名門 カチューシャのBIKEはCANYON

 

「直販」、という性格から、今の日本のマーケットでは なかなか難しいこともあるでしょう ・・・

今回は、フレームをオーダー ~ Web上の納期は「10月初旬」~ まぁ 急がずに ・・・ そのころはコンディションもよくなっていることでしょうからいいでしょう!

と、注文したのだが ・・・

その、2週間後 ・・・ なんと ドイツから 貨物が届いてしまいました ??!!

と、こんなこと一つでも ・・・

でも、いいものは いいし・・・ ~ 純粋に、BIKEユーザー視点で 考えていきたいもの ( 国内の業界の方々も、是非・・・)  

 

さて、MY CANYON は Ultimate CF SL ・・・ マットブラックにレッドのアクセントがいい ・・・

ピュア・レーシングマシンであるUltimate CF SLXをベースに、より多くの人々がフルカーボンフレームの性能を体感できるよう設計されたのが、Ultimate CF SL。

上位モデルと同じSport Proジオメトリーを採用し、長距離のライドでも速さと快適さのバランスのとれたポジションで走ることができる。

 

 

フレーム:Ultimate CF SL R22 Frameset Mechanical カラー- stealth – red

サイズ=S (適正身長)172cm~177cm

フォーク:CANYON ONE ONE FOUR SLX F17

ステム :CANYON V13 AL(アルミ)

シートポスト:CANYON S13 VCLS CF

  

 

コンポ、ホイール は DeRosa から 移植  ( De Rosa は、ここでまた 新境地を開く ! )

アルテグラ と フルクラム レーシング 5 を キャニオンへ ・・・

 そして、タイヤは やっぱり ・・・ コンチネンタル グランプリ 4000Ⅱ ・・・ 23 ではなく 25mm に!

サドルは ・・・ はじめての フィジーク! アンタレス

バーテープは ボンテグラー !

ブラック ~ レッド ・・・ なかなか よい コーディネート ?!!! 

 

さぁ ・・・ 愉しく いきましょう !!!

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “CANYON” | トップ | 半年ぶりの・葉山RIDE »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。