トラッシュボックス

日々の思いをたまに綴るブログ。名無しさんは原則コメント非承認です。

内心の自由を侵すのは誰か

2017-07-15 10:40:44 | マスコミ
 こんなツイートがありまして。



《辞めろコール「共謀罪で逮捕」 自民議員が「いいね!」:朝日新聞デジタル》

 記事本文はこちら。

辞めろコール「共謀罪で逮捕」 自民議員が「いいね!」
2017年7月6日17時59分

 東京都議選での安倍晋三首相の街頭演説で「辞めろ」とコールした聴衆を、「共謀罪」の疑いで「逮捕すべし!」と求めるフェイスブック(FB)の投稿に対し、自民党の工藤彰三衆院議員が「いいね!」ボタンを押していたことが分かった。

 工藤氏は愛知4区選出で当選2回。工藤氏が内容を評価するボタンを押した投稿は、「テロ等準備罪で逮捕すべし!」と題され、「安倍総理の選挙演説の邪魔をした『反対者たち』とは(略)反社会的共謀組織『政治テロリスト(選挙等国政妨害者)たち』なのだから!早速運用執行すべし!」と書き込まれていた。

 工藤氏は6日、朝日新聞の取材に、事務所を通して「昨晩、間違って押してしまった。今後は気をつけていきたい」。取材後、「いいね!」を取り消した。(南彰)


 苦々しく思っていたら、間を置いてさらにこんなことまで。



《朝日新聞デジタル編集部‏

安倍首相の都議選応援演説で「やめろ」コールが起きたことについて、「プロ活動家の妨害」としたフェイスブックの投稿に対して、昭恵さんのアカウントから「いいね!」がされていました。 http://www.asahi.com/articles/ASK775SRTK77UTFK016.html …》

「やめろコールは活動家の妨害」 昭恵氏が「いいね!」
2017年7月7日19時22分

 安倍晋三首相が東京都議選で応援演説する最中に街頭で起きた「やめろ」コールについて、「プロの活動家による妨害」とするフェイスブック(FB)の投稿に対し、首相の妻昭恵氏のアカウントから「いいね!」ボタンが押されていたことが7日、分かった。

 投稿は、首相が1日に東京・秋葉原で応援演説した際に聴衆の一部から「やめろ」コールが起きた様子を報じたテレビ番組を取り上げ、「ヤジじゃなくプロの活動家による妨害」「テレビでは活動家の人しか映っていない。少人数だけれど拡声器使い大音量で流していただけ。日の丸持って応援していた大半の一般人を完全に無視している」と書き込んでいた。

 〔後略〕


 私はFBをやっていないので、FBの「いいね!」ボタンについてはよくわからないが、twitterでは「いいね」をよく使う。
 本当に「いいね」と思ったときに限らず、twitterでは新しいツイートがどんどん届いて過去のツイートを探すのがたいへんなので、気になったツイートはとりあえず「いいね」しておくことがよくある。

 上の朝日の記事が取り上げているFBでの「いいね!」が本人によるものかどうかわからないし、どういうつもりで押したのかもわからないのに、何を騒いでいるのだろう。
 仮に本心から「いいね!」と思って押していたのだとしても、それがどうしたというのだろう。
 政治家やその親族には、たかだか「いいね!」ボタンを押すことも許されないのだろうか。

 共謀罪で内心の自由が侵されると、しきりに危険性を訴えていたマスコミが、思想警察さながらの監視活動を行っている奇怪。
 「いいね!」ボタンを押すことにすら、他人の目を意識せざるを得ない、恐るべき社会。
 マスコミ人にとっても、決して居心地の良い社会であるとは思えないのだが。
 自分で自分の首を絞めていることに気がつかないのだろうか。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加憲論は「開き直り」? | トップ | 日本共産党は「プロレタリア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL