医療ライターのいもづる話 by 中保裕子

広告代理店のマーケッターから医療ライターに転身。仕事や、趣味の音楽、沖縄民謡がおもな話題。

NHK「秋、つながる心」

2008-11-08 22:59:02 | 「がん」について

筑紫哲也氏死去のニュースが繰り返し流れた昨夜。
22時からの「秋、つながる心」を録画しておいた。
タイトルは「輝け!命のリレー」。
9月に取材したリレー・フォー・ライフの特集なので、これから書く原稿の参考にと。
(・・・って、どれだけ放置プレイしとんのじゃ。)

考えさせられたのはがんは手術後も、抗ガン剤や放射線治療に高額なお金がかかるため、
治療をあきらめる人がいるという話。
保険適用の通院治療でも、自己負担が月13万円というのは、続いたらかなり重い。

番組のなかでインタビューを受けていた室蘭のサバイバーさんは
「家族にたいへんな負担をさせてまで生きていたいというのは、
私のわがままなんじゃないかと、本気でそう考えた」といい、
がん患者への法的な支援を訴えて、6万人の署名をあつめ、北海道知事に提出した。


本当にねぇ・・・。
米軍に出している「思いやり予算」とやらの一部でも、
医療費に回してくれれば・・・。
一過性ゆえに、意味があるとは思えない一人当たり1万2000円(になるらしい)のばらまきを
もう少し意味のある「支援」に使うアタマというかセンスが政治家にあれば・・・。
前にも書いたかもしれないが、いま、3人に1人はがんで亡くなる時代だ。
誰にとっても、他人事ではなくなっている。


話はかわるが先日、5日(木)の朝日新聞、6日(金)の日経に
いつもの日本新薬様の広告が載っていた。
その日の同じ面の記事はたしかに読んだのに、
自分が書いた広告にはまーったく気付かず、素通り。
広告会社のSさんからご連絡いただかなければ、危うく古紙回収行きになるところであった。
だめじゃん。>自分

いまさら言っても・・・ではありますが、
今回は認知症の予防について、ちょっと元気の出る話を載せたので、
よかったら古新聞のなかから探してみてください。


ところで最近IEの調子が悪くて、あまりにもフリーズするので、
ネットのソフトをGoogle Chromeに替えてみた。
調子はいいし、使い勝手もいいのだけど、
パスワードを記憶すると、Google にすべて読みとられるような気がするのはわたしだけ??


写真は、芦屋のリレー・フォー・ライフ会場の風景。


★よかったら、1クリック応援してください。
人気Blogランキング

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪国際会議場で | トップ | クラス会とAO選抜。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「がん」について」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。