昭和建築学会


昭和の建築物や路上にあるオブジェなどを中心にご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昭和建築学会 第104回 両国 その1

2017年01月04日 | 建築

両国、国技館のあるところです。

お相撲さんに出会うかな……。



です の です。



自転車にも広告が……。アップル大丈夫でしょうか?



アップル、築地の寿司岩さんレベルですか?



公園で寝ていた人。はちまきじゃなく、目隠しして寝てました。

生鮮食料品関係者?



公園の隣に、貧乏そうなガレージが。ビニールトタンが斜になっているの、泣かせます。



フェンスによじ登って描いたんですね(笑)

アクションペインティングとはこのこと。



公園には珍しく、正確な時計でしたよ。



こういうのを「樹木虐待」呼びたいです。こんなに囲む必要はあるのでしょうかね。



おそらく、掃除か防災の用具入れ。厳重に施錠されています。



何気に、波形トタンが気になりました。サラリーマンの方、お仕事ご苦労様です。



「入ます」。で、犬は戻ってきたのでしょうか?



お相撲さんが四股を踏んだ結果です。嘘ですが。津波に気をつけてほしいですな。



お相撲さんの町らしいです。浴衣着てるばかりじゃないんですね。



前から、気になってたんですけど、こんなにまでして木を植えたいのでしょうか?

「狭(きょう)物件」と今後、呼びたいと思います。



奇跡的。下町なのに、自転車が止まっていない!

天下のみずほ銀行。



関東大震災前から立ってそうなビル。右手の平屋とくっついていますよ。

この手の時代がかったビルを「幽霊建築」と呼びたいと思います。



コーンと棒で封鎖されてますな。これでこそ、幽霊建築。公道かどうかなんて関係ない。





分かりますが、いきなりワイヤーロックが落ちてるなんて。



コーンにテッポウをしたお相撲さんは誰だ!? 嘘ですけど。



何気に、建物側の方が道より低い。ああ、ここにも際物件。



ってことは、ここで吸う人が多いんですな。



何気に、落書きですが……。寄ってみます。



楳図かずおさんの漫画風のリアルな落書き(正確には落貼り)が……。グワッシ!



増殖する落貼りたち。閉店して久しいのでしょうか?



下手すぎる壁画。この手の壁画は、80年代のベルリンの壁崩壊でいっきょに日本でも増えました。先ほどの、楳図かずおさん風の方がうまいのですけど……。



馬が盛ってるような停め方(笑)。狭い土地にやはり自転車は増殖します。



午前中ですから、今は自転車は職場や学校に行き払ってるのでしょうか?



タレント業も楽じゃない。KONISIKIさん。しかし、テレビであまりみない……。



左手の茶色いビルの各階の凹部に思案中。



居酒屋さんだと思ったら、「旅荘」だって。「ANNE HOSTEL Yokozuna」。どういう人たちが泊まりまた、ご休憩するのか、興味津々。



ここが飲み屋さん? なんかごちゃごちゃしています。ここだけ新宿の町ですな。



何のための、奥に何があるのか、考えさせられる引き戸ですな。

ごみの違法投棄はいけません。



あら、また戻ってきちゃったよ……。何気に、マグリット風ですね。ヨイショッと。



無意味におかれているコーン。



「よこづな」じゃなくて「よこあみ」。なにゆえかは、クイズ番組で言っていたような気が。



こういう広告見て、部屋を借りたいと思うのでしょうかね。



幾何学状の狭物件。あああ、東京砂漠~♪。コーンが砂漠化した東京を守っています。



花咲いてますけど、通行にはかなり邪魔ですよ。



増殖するコーン。樹木虐待だし……。コーン立てるくらいなら最初から木植えるな。

ところで、敷石がアスファルトではなくブロック!

生運動で街頭デモが盛んだったころ、学生達によって踏んで壊されてこのような敷石は簡単に剥がされ、機動隊向かって投げつけられました。

都内の主なところは今でもブロックの敷石はNGなはず。



もう、何も言わない。



ドアーも左手の謎のついたても、同じ色吹きつけちゃったんですね。

エアコンの室外機? と思いきや、ホースのリールでした。



江戸蕎麦 ほそ川。定休日らしいですが、ここまでして「進入禁止」を主張しなくても……。



こういう元戸袋? のようなデザイン、しみじみ昭和、しかも30年代くらいでしょうか?



こんなところに置かれていた牛乳、飲みたくないです。


 

「ちしゅう かおる」。うーん、「恥臭 薫る」。

(昔の「VOW」のような下品なつっこみです!)

しかし、右側「たしろ」ですよ……。

 

 

下町の美術館。同じガレージの左側と右側です。

石屋さんの仕事にしては、「考える人」ちょっと凝ってますね。

 

 

あああ、東京砂漠~♪ と思いきや、マンホール?

 

 

いいなあ、午前の11時から翌朝の9時までやってるお風呂屋さん。

まだ、10時台でした。

お相撲さんでだいぶお湯を損をしないのでしょうか?

「湯屋」だなんて、粋ですな。

 

 



 

 

 

 

 


 





 


 

 





 

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和建築学会 第103回 四谷... | トップ | 昭和建築学会 第105回 両国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築」カテゴリの最新記事