蛾遊庵徒然草

おこがましくもかの兼好法師にならい、暇にまかせて日頃感じたよしなし事を何方様かのお目に止まればと書きしるしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一年ぶりの死刑執行―千葉法務大臣、保身のためでは?―

2010-07-28 22:07:32 | 時事所感
7月28日(水)晴、暑し。

 今夕7時、NHK総合のニュースで、千葉法務大臣になって初めて、死刑が執行されたと報じた。前回から丁度1年たった同じ日だとのこと。千葉氏は死刑廃止論者とか。法律の建前では、死刑確定から6月以内に執行されることとなっているにも拘らず、死刑の執行にあたっては慎重を期さねばならないとの主張で、この建前の骨抜きを図ってきたように思える。
 その千葉大臣が、此処へきて急に思いたったように、死刑執行命令書にサインしたのはどういうわけだろうか。

 私が瞬間的に思ったのは、国会開会を前にして、千葉大臣は先般の選挙で落選したにも関わらず、菅総理大臣が自身へのはねっかえりをおそれて、引き続き民間人の大臣として辞める必要はないとして留任したことに対して、野党からその正当性について、問責決議案をだされることへの、少しでも、矛先をかわす自衛・保身のためではないのか?
千葉氏の年来の死刑廃止論も月給165万円とかの前には、さらりとかなぐり捨てるような、軽いものだったというわけだろうか。

 まさに、この発表の後で、死刑廃止団体のメンバー代表が、「今回の死刑執行はあまりに唐突で、恣意的すぎる。人の生命をかろんじている」と主張していたが、まさにその通りではないか。
 もっとも、人の生命を軽んじていればこそ、殺人を犯したような奴を、私は決して許すべきではないと考えており、この死刑廃止団体の方々とは正反対の立場に立つものであり、原則人を殺したら、即、死刑をと主張したい。

 先日、死刑囚の身でありながら、死刑制度は必要だ。死刑がなければ、犯した罪の重さに、正面から向かい合うことは出来ないと主張しているのに目がとまった。その通りだと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンパシイ・Sympathy「共感」と言う事について

2010-07-22 02:42:42 | 日常雑感
7月21日(水)晴れ。猛暑の一日
 
 今朝8時半、、車のラジオで武田鉄矢の「朝から三枚おろし」という番組を聴いた。時々聴くのだがこれがすこぶる面白い。武田鉄矢の声色を真似した声帯模写が秀逸。いつも感心する。
 しかし、いくら 海援隊坂本竜馬に惚れたって、NHK大河ドラマの勝海舟役は戴けない。さすがにお歳は隠せない。海軍操練所頭取か何かの当時の勝の年齢は39歳かそこらの男盛りの筈。それが現在確か還暦を迎えたと自らのたまっている武田鉄矢が演じるのはどだい無理があり、どっちらけである。

 それはともかく、ラジオでの僅か10分間足らずのその語り口は、実に絶妙である。大体が内外の武田鉄矢がみつけた新刊本の紹介であるが、よく読みこなされていて簡潔で要を得て、こちらの頭にそのエキスが入りやすい。
 さすが福岡教育大教育学部出身のことはあると感心した。
 
 ところで前置きはこのぐらいに、今日の放送の内容は、標題の“シンパシイ・Sympathy「共感」について”であった。肝心の著書名は聞き漏らした。

 話はこうである。
 ラットの実験で、1匹の方にはスイッチを押すとその度に美味しいレバーがご馳走になれる。それを一定期間来る返して条件反射を覚えこませる。そうしておいてから今度は隣のゲージにべつのラットを入れておいて、今度は、一方のラットがご馳走にありつける都度に、隣のラットにはそのたびに電流を流して苦痛を与える。すると、ご馳走をもらえる方のラットが食べるのを止めてしまうのだという。

 実験者は、ラットではなく、もう少し高等な動物をと赤毛猿で試みたところ、やはり餌をもらえるほうの猿は食べるのを12日間も我慢してついに衰弱死しそうになったところで、実験中止を余儀よぎなくされたという。

 つまり、ラットや猿であっても、他人の苦痛に共感する本能というか気持ちのようなものが、存在しているらしいのだそうだ。
 しかもこの傾向は、オスよりもメスの方が顕著であるという。つまりオスよりもメスの方が他者への共感力、他者の苦痛を思いやる能力に優れているらしいのだ。メスの方が優しいのだ。
 
 これを、聴いていて直ちに思った。万物の霊長を嘯く思い上がった我々人間様はどうだろうかと。
 全くラットやアカゲザルの対極にあるではないか。平社員が何か事あればリストラされるというのに、最高責任者の社長は何億という報酬を得て当たり前。これでも日本は世界の先進国の中では下のほうだとか。

 格差、格差の今の社会。自殺者が毎年3万人ベースで推移するというのに有効な手も打たれな い。
 今や、我々現代人は、ラットやアカゲザルにも劣るという事ではないだろうか…。

と、そんなことを思って、私は思わずニヤリとしてしまった。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院議員選挙―菅民主、惨敗は当然の結果だ―

2010-07-13 00:01:58 | 時事所感
 7月12日(月)

 今朝から、TVでは、昨日の選挙結果で喧々諤々。朝スパ、NHK総合の夜7時半からの特別番組。それが終わって9時。BSフジ、プライムニュースに切り替えた。

 朝スパでは、蓮舫議員が目をキラキラさせてコメンテーターの誘導質問というか引っ掛け質問をニコリともしないで、まるでその口が匕首かとおもわせるかに一所懸命、健気に孤軍奮闘、菅内閣を独り背負って切り返していた。
これに比べて、入れ替わりに登場したみんなの党、渡辺代表は喜色あふれんばかりだった。

 夜のNHKは、民主は枝野幹事長、他5党党首による討論会。これは司会者の質問が平板でちっとも面白くない。
 
 それに比べて、BSフジ、プライムニュースは、民主、細野剛志幹事長代理が出て、じっくり1時間、それなりにおもしろかった。
 
 それにしても、誰が考えたって選挙直前にタブーと言われていた消費税論議を、何を勘違いしてかの菅総理大臣の大ダンビラの勇み足?
 それみたことかの大惨敗。

 これって国民は、このところ毎日のように聞かされている国債残高800兆円。財政再建のため税制をどうにかしなければならない時期にきていることぐらいは、百も承知ではないか。
 しかし、その借金はどうしてこんなに積み上がったのか。自民党政権下の放漫財政。官僚国家、公務員天国のしからしむるところではないか。

 だとするならば、消費税増税を云々する前に、先ずは、公務員改革、行財政の仕組みの見直しを徹底的にやってから言ってくれということではなかったか。

 その当然の結果が、みんなの党の大勝につながったのだ。

 果たして、今後の民主党。この民意をいかに重視するのか。それとも身内の連合、自治労が怖くて腰砕けで終わるのか。命運まさにそこにありでは…。

ー追記ー
 それにしても蓮舫議員の得票数171万票余り。凄いものだ。これでは次期都知事選もいけるのでは。石原二世なんか目ではななそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲名古屋場所を視る―出場力士が可哀相!―

2010-07-12 22:44:11 | 日常雑感
7月12日(月)雨が降ったり止んだりの涼しい一日。
 夕方、6時半からNHKBS2で大相撲名古屋場所の放送を視た。一瞬目を疑った。これがあの大相撲だろうかと。
 何か、化粧を落としたすっぴんを見る味気なさ。どこか田舎町の小屋掛けの旅回りの一座という感じ。
 大好きな北の富士や舞の海の解説も無し。アナウンサーの無機的な声で、ぶっきらぼうに淡々と最後の仕切り、立会い、結果だけが放映されていく。幕内全取り組みがたったの20分で終了してしまった。
 懸賞もぽつりぽつりと、それもたった1本。白鵬でさえもがたったの6本。
 観客は、土俵周りにうっすらと言った具合で、階段席というのか半ば上方は空っぽに近い。
 
 こんなことなら、やっぱり今場所は、すっぱり中止とすべきではなかったのか。何か歯の抜けた口の中をみているようだった。

 大相撲は、何と言っても、大入り満員の客席のざわめきの中で、じっくりとした立会いの仕切りのくり返し。その間、歯切れの好い解説を聞きながら、この勝負、懸賞何本かかるだろうかなんて思いながら視るのが楽しいのだ。
 
 何だか、出てくる力士一人ひとりが、ああ、こちらは問題の賭博に手を染めていなかったのか? よく無事ですんだなと思って見直してしまう。その分、どの力士も何かいつもより小さく見えてしまった。

 こんな土俵で相撲をとらされて、観客の複雑な目にさらされるのは、気の毒のような可哀相な気がするのだが…。

 それにしても、以前のような活気ある大相撲は、いつになったら視られるのだろうか…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が日本、幸せな時代―明治維新―

2010-07-09 22:52:07 | 時事所感
 7月9日(金)曇り後雨、冷涼なる一日。

 夜、BSフジ、8時~10時。今回のテーマ:選挙の争点5、歴史に学べ!今求められる日本のリーダー論。今日のコメンテーターは、山内 昌之氏。歴史学者。専攻は近代イスラム・中央アジア史と国際関係史。東京大学大学院総合文化研究科教授。
 もう一方は、御厨 貴は、。東京大学先端科学技術研究センター教授。専門は、日本政治史、だった。
 とても好かった。現在の日本の政界の状況。多元化する我々日本国民の価値観が日々変わっていくなかで、いかに新しいリーダーを私たちが模索していることか。

 番組最後に、明治維新期の政治家で誰が好きですかと聞かれて、山内 昌之氏は、西郷隆盛と大久保利通の二人を上げながらも唯一人と問われればとして、義の人、大久保利通と答えた。これに対して、御厨 貴は、陸奥宗光と答えた。

 聴いていて、日本の明治維新は幸運だったと思えた。このような人物に多数恵まれて。それは徳川・江戸時代の遺産でもあったのだ。何故日本はこのような人物に恵まれたのか。それは、江戸時代の教育システムにあった。座学と武術を通しての心身ともに教育がバランスよく行なわれていたという。

 即ち、剣道、柔術、槍術、馬術、水練等の身体鍛錬を通して身に着けた持久力、体力、胆力、瞬発力が経験となっていざと言う時、状況に応じていかようにも対応できる力を身に着けたという。
 大久保利通は、自分を育ててくれた薩摩藩を捨てた。日本国家全体のために働かなければならないと決意した。
 彼は、新しい事・政策を取り上げようとする時、最初は身銭を切って事を起こしたという。そのため死後、数千万円の借金が残ったとか。こんな立派な政治家が、今どこにいるだろうか。

 現在のアフリカの新興国。それよりはもっと深い伝統文化のありそうな、アフガン。その国々の現状のリーダーの在り様の貧しさはどうだろうか。諸外国からの援助物資を私して恥じないとか。そのため、国際的支援が少しも功を奏さないと言う。その結果のタリバンにともすれば、敗走を余儀なくされる状況にあるとか。
 
そして最後に意外だったのは、日本の明治維新以来以降において、お二方の菅総理大臣への評価が高かったことだ。菅氏は歴史的使命に燃えて、敢えて不評の消費税論議を持ち出したのだという。
 果たして、どんなもんだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院議員選挙―さてと、何処の誰に入れたらいいの?―

2010-07-04 19:31:53 | 時事所感
7月11日(日)晴れ後曇り、蒸し暑い一日。

 参議院議員選挙の日がせまった。だが一体誰に1票を投じたらいいのだろうか。
これまでの選挙でこんな当惑を覚えた事は一度も無かった気がする。

 わが選挙区では、民主党は74歳の参院のドン、日の丸反対君が代反対の日教組出がらしの大親分とか。対する自民党新人候補は33歳とかの今を時めく松下政経塾出身だけが売り物の実績も人間的力量も皆目不明の女性候補。後は、毎度おなじみ大企業が不倶戴天を連呼する何とか○産党の万年候補。
 こんな候補に誰が態々暑い中を出かけていって1票を投じたくなるだろうか。

 鳩山・小澤抱き合い心中の結果、V字回復とかで漁夫の利を得た菅総理に少しは期待したものの、たちまちはげる化けの皮。
 なるほど、日本の赤字国債800兆円。ギリシャの轍を踏むまいとの危機感は理解できなく も無い。
 だが、それならもう少し戦略戦術を考えてみたらどうだろうか。
7月11日の選挙を前にして突如ぶち上げた消費税10%を示唆する発言。
 山家の隠居の素人が考えたって、こういうことは、今は黙っていて先ず以って選挙で勝利し、その勢いで、公務員改革や特別会計の徹底的見直しを行なったうえで、「国民の皆様私たちは、マニフェストどおり徹底的な見直しを行ないましたが、結局ここまでしかできませんでした。
 つきましては、財政再建のため、ギリシャの轍を踏まない為、どうか消費税をアップすることをお願いいたします。国民の皆様どうかご理解願います。」と声涙下して国会で演説ぶつのが最低限の戦術ではなかったのか。

 それが、選挙を目の前にしてのいわずもがなの消費税アップ論。
 全くおっちょっこちょいのあきれた空き缶ではないか。
 どうしてこうも民主党の代表は、前原といい鳩山といい、そして此度の菅総理といい、口が軽くてお尻も軽るそな、おっちょっこちょいさんが揃いも揃ったことだろうか。

 しかたがない。選挙区選挙では白票投じて、比例代表では、公務員改革が唯一売り物の皆さんの党(?)にでも投じてくるしかないか…。

 何と今回の選挙。今の、この梅雨空のような鬱陶しい選挙ではあることか…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加