海と亀

飼ってるリクガメ(マルギナータ、ヒガシヘルマン)のこと、たまに趣味のダイビング、ちょい釣のこと

ヘルマン♀もあ、1stクラッチ!~2017.5/13

2017年05月14日 01時47分47秒 | 産卵
先週日曜日(5/7)の触診で抱卵が確定し、産卵床入りしてもらっていた、
ヘルマン♀くうとヘルマン♀もあ、ともに食欲が明らかに落ちて、
落ち着かない様子が続いておりましたが・・・


6日が過ぎた今朝



ヘルマン♀もあ


一昨日辺りから暴れる様子を見せていた、もあが穴を掘り始めましたっ


が、それなりに深い穴を掘っていましたが、途中で掘るのを止めてしまい、
結局出勤までには再び掘り始めることなく、、、、




夕方帰宅して様子を覗うと・・・





もう一つ落ち着かないご様子・・・

体重は少し減っていましたが、触診すると両後肢の付け根に硬いモノ。。。




消灯して暗くなった中、11時前に様子を覗うと・・・





再びホリホリ開始!?

ケージのライトを付けて、あまり刺激しないよう、かめ部屋に入らずに、
時々様子を覗っていましたが、日が替わる前には埋め戻しの動作に。。。






一時間近く掛け、納得いくまで埋め戻して、産卵床から出てきたところで、
おたまごの確認を。






3つ出てきました。

×印と「も」の字、今シーズンの通しナンバー(1~3)を記して掘り出し、
早速、重量と径を測定。


      重量(g) 長径(mm)/短径(mm)
No.1     16.9      39 / 27
No.2     17.5      41 / 27
No.3     17.1      39 / 27


身体が小さなもあにとって、一度に3個の産卵は一昨年の初産以来、
それ以降の2個までの産卵と比べると、少し控え目なサイズですね。


そして、母かめの体重は

716g(5/13夕方) → 663g(5/14産卵・埋め戻し後) -53g↓


有精卵ではないはずだと思っていますが、母かめの苦労に変わりはありません。

もあが必死な思いをして産んでくれたおたまご、確りと管理いたします。




一方で、同じく先週日曜日から産卵床生活のヘルマン♀くうは・・・



ヘルマン♀くう


産卵床入り後、食欲は明らかに落ちて、落ち着かない様子を見せていますが、
夕方の触診では両後肢付根に硬いモノがまだありました。


恐らく数日中??気を引き締めて、環境造りと観察を続けます。
『爬虫類』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘルマン♀くう、9歳!---... | トップ | ヘルマン♀くう、1stクラッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。